| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Ⅱ型基板サイズ変更 その1

基板在庫がまだたくさんあり、いつになるか分かりませんが次回発注基板、10A級昇圧定電流定電圧基板をPCBEで描いてみました。
dcdc10a_new1.jpg
縦は同じですが横幅は少し縮小しました。これにより幅135mmから90.2mmと約45mm縮小出来るはずです。
図面上ではPWBの規定サイズ100*100内に収めることが出来ました。FET、ショットキパワーダイオードの基盤への取付、アルミ板への取付は若干面倒かもしれません。

基板田植え前に3mmアルミ板はPWBより四方1mm大きくカットし、板同志を万力などで固定、重ねてドリル刃で穴7か所貫通します。四隅は3mm刃で正確に貫通できますがFET取付穴はセンター合わせが難しく、あらかじめポンチで目印して開ける。

この作業はミニボール盤でやれば楽に済むと思います。(私はボール盤の代わりに安価なドリルスタンド)
dp2250r.jpg

①アルミ板取付穴加工が済んでから
②PWBの田植えとなります。
③FETを所定の位置に合わせ脚を折り曲げ、ジュラコンスペーサーを取付しアルミ板に仮付け
④高さを決定し基板表から半田付け。
⑤全て基板田植えが完了すればアルミ板を取付けず、無負荷電圧調整、軽負荷動作テストを行い目視による半田付けチェックを済ませ、最後に大電流パターンの半田盛上げ、1.6mm銅線による配線補強も行います。
⑥⑤で異常が無ければアルミ板との基盤取付となります。いずれもパワー半導体はシリコンラバーシートとプラビスが必要です。以上で恰好だけは旨くいくはず、何も問題が無ければ。描いた後で見直してみるとコスト的にはアルミ板が小さくなって熱的には悪化するし、基板作成コストがダウンする訳でもなく、(50*50<50*100<100*100)余りメリットはない。50*100サイズを考えた方が得策なので考えを変える事に。 絵に描いただけ。

| 未分類 | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SLエブリイホームメイドキャンパー記事ランキング

SLエブリイホームメイドキャンパー
過去3か月間のページ別アクセスです。



順位ページ 名 称アクセス+訪問者数
1.サブバッテリーと走行充電16973
2.SLエブリイホームメイドキャンパーMenyu17520
3.自作キャンピングカー制作まとめ8582
4.走行充電合計 I型 Ⅱ型 Ⅲ型 PIC   FETSep8114
5.キャンピングカーの100均グッズ5223
6.フルフラットベット  +old4943
7.網戸改良版3230
8.【何時でもナビ】シリーズ合計  FET版 ダイオード版3205
9.カセットストーブ暖房3122
10.【何時でもパワーウィンドウ】合計 FET版 TR版3093
11.PCファン換気扇2950
12.シャントAVパネルメーター2378
13.天井網棚2297
14.サブバッテリ床下搭載1376
15.左右壁面キャビネット1322
16.左右天袋キャビネット972
17.ポータブルバッテリ968
その他------
走行充電器、【何時でもパワーウィンドウ】、【何時でもナビ】はシリーズ各ページを合計しました。電装関連が木工DIYより少しだけ上回っているようですが、電装関連は一般の方には少し電気の専門的知識が必要で敷居が高いのかもしれません。

当サイトSLエブリイホームメイドキャンパーは営利サイトではありません。アフリで稼ぐサイトでもありません。自作してみようという方には基板の無償提供などで応援致します。気軽に質問や要望、ご感想などお寄せ下さい。

| 未分類 | 18:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お知らせ

 期間限定 モニター販売コーナー

 開設中です。  今回は8月末まで

【何時でもパワーウィンドウ】、【何時でもナビ】などをモニター販売しています。
 
 無くなり次第終了です。 個数はごく少量です。早めにどうぞ。

 ご自分で取り付け作業が出来る方、簡単なモニター報告をお願いします。

≫ Read More

| 未分類 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

車の電子工作

 matrasanの最近の記事は誰が見ても電子工作のページと化しています。残念ながら多くの方からは興味はあっても真似できないとっつきにくいと思われているようです。

私が作るものなど今時の時代から見ると40年前のレベル以下なのです。最近の製品はブラックボックスで電子技術者でもすぐ理解出来るものでは有りません。

私も中高校レベルから進歩しているとは思えない記事ばかりなのです。

と、言うことはちょっとだけ勉強すれば回路図記号が理解している程度の方でも自作は可能では無いかと思います。実はパソコン用ソフト 回路図描画、パターン設計、回路シュミレーターなど極、最近使用し始めたばかりです。

脳の老化防止には最適かなと思っています。ただし、あまりパソコンを長時間操作したり、細かい電子工作作業に目を使いすぎないようにしなけれればいけないと注意、反省はしています。

体を動かすことも大事です。

| 未分類 | 11:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |