| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

後部天井ネットラックを リニューアル

 ネットラックをリニューアルしました。 台所用ワイヤーネットでリニューアル
schirnet.jpg
ゴルフネットをスチールネットに交換しました。100均のワイヤーネットの名称で台所などに使われるものです。サイズは620×330㎜ 升目は36mm 3枚使用しました。ありあわせのスチールポールにインシュロックで縛り付けました。左右の後部隅部分は狭くなっていますので1マス目分カットしました。 
 リニューアル前の画像です。
rl12v_fl1.jpg
ゴルフネットから変更理由は垂れて来る事です。スチールネットで見た目もすっきりした様に思います。まあ気分転換くらいの感じですが。ついでに窓目隠し銀マットも一部ブラックテーピングしたり、銀マット収納袋もバスカーテンとして売られているものを袋状に接着、作り直しました。

| 天井収納ネットラック | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天井収納ラックを作る

 今まで重宝してきた天井ネットラックですが今回のリニューアル改造で最後になってネットは撤去しました。助手席に敷く”一人用ベッドクッションパネル”は折りたたんでも85センチ×60センチ厚み7cm重量7.2Kgあります。これを置く場所は天井スペースしかありません。
天井ラックはたまたま少しの変更作業でサイズぴったりに収まりました。おまけにはめ込み式に収容できますのでしっかり固定できます。大きなサイズのこのベッドパネルとアルミミニテーブル、銀マットの3点が整理収納完了です!
天井網棚収納は園芸支柱を使ったパイプ棚に 

スッキリ安全に収納
今回の主なリニューアルは完了とします。モニタテレビの高さを上げるなど細かな修正はありますが、大きな変更は無いと思います。”サイド収納ラック棚”はギャレーとしてシンクを作るのが一般的のようですが、そうしてしまうとそれだけで収納を使い切ってしまいます。シンクが私にとって本当に必要なのかという問題は車中泊を重ねると判断できると思います。あれば便利な事は解かっていますが。トイレとギャレーはキャンピングカーという車には不可欠な代物かも知れませんがエブリィでキャンピングカーは最初からやろうとは思っていません。

とはいえ何時、気が変わるかも知れませんが。

| 天井収納ネットラック | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハイルーフ天井網棚の自作

 天井網棚は窓目隠し銀マット収納などに重宝します。
エブリィを選択するときもこの用途の為にハイルーフを選択しました。走行中は網棚は見える事はありません。

純正オプションのネットラックは2万円程します。2000円もあれば自作できる? 
usiroami1024.jpg   

かっこよくないけれどダイソー20ミリ園芸支柱と25ミリ網目ネット(ホームセンターで買った物)をインシュロックで縛ります。ポールは左右のアシストグリップに100均マジックテープバンド30cmで巻付け固定します。グリップ固定金属金具など高価なものを買わなくても大丈夫。

バックドア側は内張りリベットを外して鍋ステンレス6ミリスクリュービスに交換。カラーワイヤー(針金)でポールを吊り下げました。画像は1本ですが3本共使用しています。

本来はターンナットを使用するのがベストです。ネジサイズは4ミリ~8ミリ
6ミリのターンナット TN-6

立派なものを作るのであればこのターンナットでしっかり固定出来そうです。ただ、天井までの隙間が少なく特に真ん中は深さ15ミリ位しかありません。先端を削れば入りますがTN- 6より、インプルナットSL-6が適当です。

窓目隠し銀マット、アルミテーブルなど軽量物限定であればタッピングビスでも大丈夫。載せるときは紐などで固定します。バックドアカーテンは走行中は危険なのでなくても良いがあれば便利な物。記事はここ

フロントルーフメッシュラック 
 網は100均台所用ワイヤーネット2枚使用。左右の寸法を実寸にあわせ2本の園芸支柱をカットし、台所用ワイヤーネットを中央で重ね、支柱にインシュロックやカラーワイヤーでしっかり取り付けます。ティッシュBOXを置く場所はニッパーペンチで切断します。

  固定方法。左は助手席アシストグリップにインシュロック留め。運転席側は天井サイドの内装材に100均ピンフック2個、中央天井小物入れにタッピングネジ止めとして右側に荷重が少なくなるように。

エブリィの運転席周りは窮屈でティッシュボックスすら置く場所がありません。帽子やハンドバッグなどの収納。軽量小物置きに重宝します。座席に置かないのは防犯にも有効です。

 お金をかけてカラージュラルミンパイプなどで作ればかっこよく出来ますが見栄えより実用性重視でしょう。なんと言っても安価、軽量です。前の棚は片側ピンフック吊りでも大丈夫。当初から重量物を載せる想定の場合はイレクターパイプを使用した事例や専用ロッドホルダーに網棚を追加したものなど見かけます。私の場合は実用性とローコスト。

後部網棚は後日中央部補強したり、カーテンレールを組み合わせたり多少改良しています。完成形はこちら

| 天井収納ネットラック | 15:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |