| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ウィンドファンを取付ける

  換気扇は車室内の空気を排出させるもので、外気を導入するには他の窓を開けるか、網戸を装着しますが、網戸もサッシ固定式に変更しました。結果的には換気扇用のフレームと同じとなりましたのでここにファンを取付けます。余っていたPC用14センチファンを取付けました。
windfan01.jpg
静音ファンではないのですが、静かです。が風量が不足ぎみ。
取付方法、配線も換気扇と同じですが、外気を取り入れるのでファンの向きが逆なだけです。

涼しい外気を車内に導入するウィンドファンです。

これで今年の北海道行きは少しは過ごしやすくなるかもです。多分天気が良ければテント泊でしょうが。

HPの換気扇と網戸のページはこちら

| 網戸と換気扇 | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新作網戸 最終版になるか?



  固定式に変更しました。差込み式より一回り大きい。ドア枠に固定します。
amido_waku.jpg

PCファン換気扇と同寸。取付方法も同じです。
差込式網戸は脱着が必要で夏季使用が大半なので問題はないと思っていましたが、外すのを忘れると窓を閉め切ることが出来ません。脱着がいちいち面倒で、外した網戸の保管も小さいとは言え、邪魔です。
P1240680_480.jpg
 
kyukiamidofan.jpg


PCファン換気扇の合板パネルと同一形状、寸法としました。作り方も丸穴か四角かの違いだけ。ネットを貼る為の開口をくり薄板で押さえタッカーで留めます。

窓枠(サッシ部)取付型のメリットは
脱着のわずらわしさから開放され、
保管に困ることもなく。
窓も全閉出来、
換気量も可変可能。
車中泊時の銀マットも差込めます
就寝時換気も開度自由! 
デメリットは
2箇所タッピングビスでサッシに穴が開く事


大きなメリットに比べるとまず文句なしです。

【何時でもパワーウィンドウ】PCファン換気扇と合わせてなくてはならないものになる。

詳細はSLエブリイホームメイドキャンパー差込式網戸に追加しました

| 網戸と換気扇 | 19:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サーキュレーターファンを設置しました

 サーキュレータファン。車室内空気循環扇風機です。
用途は天井付近に溜まった暖かい空気を室内循環します。緊急暖房用カセットガスストーブを点火した際、どうしても頭部付近ばかり暖まり室内全体が温まりません。室内全体を均一に暖める目的です。

エブリイは軽四.室内容積も少ないので、換気扇にも使ったPC用12cmファンを使用します。天井付近の空気を下方に循環させるだけの用途なので下向き固定です。パソコン自作用のストックがありましたので早速取付けてみました。パソコン用途ではもう不向きな音のうるさいので交換した旧型12cmファンです。逆にこの方が風量も多くてよろしいのです。(そう思ったのですが、実際に取付けてみるとやはり少しうるさいし、電流も0.3Aと食い過ぎでした)

ローコストサーキュレータファン
天井中央です。左右天袋キャビネットの左右連結板に木片を介して取付けました。小型軽量なので片持ち固定です。方向は変えられません。
pcファン活用サーキュレーターファン
実際に使ってみました。頭上の暖かい空気を何とか循環してくれますが、少し力不足です。後日1個追加してみようと思います。
緊急暖房用に使えそうです。結露にも効果があります。長時間使用する場合換気扇も併用しなければなりませんし、5℃以下では気化しにくくなるので使えません。ストーブの固定も合わせて何か工夫が必要です。

| 網戸と換気扇 | 17:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

網戸と換気扇

■網戸の必要性
夏場の車中泊に必要とよく言われますが、私の経験では真夏の車中泊で快適に過ごした事は一度もありません。その用途としてより、換気の為の吸気、虫除け程度の必要性からです。そういう訳ですから換気扇とペアーで使用する為必要なのです。

市販品のドアを網で包む方式は外から見て目立つかも知れませんし、価格も結構高い。
ネットで探していたところ、アルミサッシで製作されている方がおられました。こちらです。Jagd Field  軽キャンピングカー自作で車中泊 軽キャンパーDIY since 2009” これを参考に自分で作りやすいように作りました。左側だけ作ります。反対側は換気扇を取り付けます。まずは採寸します。
1311355830.jpg 

   外寸。正確とは言えません。参考程度としてください。

材料はホームセンターで売られています。アルミジョイナーで検索するとありました。これだと思われます。他材料は13ミリアルミ平型角棒、3-10皿ビスとナット、黒網戸用網、4.5ミリゴムヒモなど。工具は45度角度切のコーナークランプ、金切ノコ、ヤスリ、ゴムひも挿入用ローラーホットメルト、

1311356476.jpg1311356487.jpg

アルミジョイナーコの字型L1820¥460-2本使用    

コーナーはコーナークランプを利用し、金のこで45度カット。中央の桟とコーナージョイントは平型13ミリアルミ角棒。コーナーは16ミリを買うべきでした。

作り方は上記サイトをご覧下さい。下記画像。見ての通り先生のページの様には行きません。私にとってはコーナー合わせ、網の張り方など大変難しい作業でした。金工細工には不慣れと適当な道具も有りません。タップを立てずナット締め。

網押さえゴム紐部はホットメルトで固定しました。細部は不細工で見せられませんが、外部から見た取付画像では なんとか様になっています。

 amid110241.jpg内部から見た完成アルミ網戸です。隙間は隙間テープでふさぎます。固定はフック付小型吸盤を左右に、下部中央にプラ板を折り曲げた引掛け部品で。
 amidosae10241.jpgスポンジをはさんで抑えています。

網は黒色を使用。押さえゴムで充分で無い部分はホットメルトで固定しました。

脱落しても車内に落ちるだけですので安全。
ami480.jpg外から見た網戸
これの評価は?
かさばり、保管に困る。固定しずらい。
後日下記換気扇と同じ作り方、取付け方のサッシ取付固定方式の物を作りました

■換気扇は網戸とペアーでより有用になります
車中泊時は一日一回は2リットルのお湯をカセットコンロで沸かします。半分はお茶を保温ポットに、あとのお湯も別の保温ポットに入れます。お湯は珈琲やカップ麺などに利用します。この時には換気扇は無くてはならないものです。

換気扇取付ボードは5ミリベニヤ板使用します。120φ孔はジグソーや回し切りノコで開けます。黒艶消し塗装仕上げ。取付は左右窓枠にタッピングドリルビス(HCで売っています)。ガラスとの隙間は隙間用スポンジテープを3段重ね。 コーキングはホットメルトで。

配線は並列に接続し、SWもボードに取付。電源はコード先端に12VACCプラグに取付。ドア開閉に余裕を持たせ100均黒色蛇腹ホース(配線収容ホース)を被せます。
fan1024.jpg120ミリツインファン換気扇消費電流2個でも0.3A(3.6W)。
ドア内側に収まるように型取りし5ミリ合板でファン取付ベースを作ります。ファンはPC用12Vです。安価な風量の多いものです。画像は手持ちの物。この直下でカセットコンロでのお湯沸かしが可能となる。
fan480.jpg配線などは黒色配線留め布テープで隠す。

真ん中上に見えるのがスイッチ。

ベース板はスライドドアサッシにドリルビスで直接左右2か所にねじ込み。

  12センチPCファンはパソコンパーツコーナーにはたくさんの種類が置かれており選択に迷いますが静音タイプは風量が少なく適当ではありません。安価な回転数(表示がある)の多いもので良い。最大風量数値の大きいもの。厚みは標準型でよいのですが、分厚いとドアを開けた時ボデーに当たる心配があります。

| 網戸と換気扇 | 15:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

換気扇

■換気扇は網戸より遥かに有用なものです。車中泊時一日一回は2リットルのお湯をカセットコンロで沸かします。半分はお茶を保温ポットに、あとのお湯も別の保温ポットに入れます。お湯は珈琲やカップ麺などに利用します。この用途には換気扇は無くてはならないものです。

換気扇ベースボードは5ミリベニヤ板使用します。(厚いものは開けたときファンがボデーに擦る)丸孔はジグソーや回し切りノコで開けます。黒艶消し塗装仕上げ。取り付けは左右窓枠にタッピングドリルビス(HCで売っています)で(金具で引っ掛け型の方が車に傷付けない)。ガラスとの隙間は隙間用スポンジテープを3段重ね。

配線はファンは単純に並列接続し、SWもボードに取付。電源はコード先端に12VACCプラグに取付。ドア開閉に余裕を持たせ100均黒色蛇腹ホース(配線収容ホース)を被せます。
120ミリツインファン換気扇消費電流2個でも0.3A(3.6W)。
ドア内側に収まるように型取りし5ミリ合板でファン取付ベースを作ります。ファンはPC用12Vです。安価な風量の多いものです。画像は手持ちの物。この直下でカセットコンロでのお湯沸かしが可能となる。
配線などは黒色配線留め布テープで隠す。

真ん中上に見えるのがスイッチ。
fan1024.jpg

12センチPCファンはパソコンパーツコーナーにはたくさんの種類が置かれており選択に迷いますが静音タイプは風量が少なく適当ではありません。安価な回転数(表示がある)の多いもので結構です。厚みは標準型でよいのですが、分厚いとドアを開けた時ボデーに当たる心配があります。

3連ファンのHP記事

| 網戸と換気扇 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |