| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

電球色パワーLED照明

 やっぱりキャンプ用の照明は火の色に似た電球色が一番です。Amazonで見つけた激安のLEDを購入組立ててみました。
材料は
【SODIAL(R) 10個3WハイパワーウォームホワイトLEDライトランプ電球】 配線図はこの様にしました。12V電源でLED3個直列として電流制限は5オームです。
PowerLED.jpg
試作は抵抗に10オーム1/4Wを3個並列にしたもので3.3オームになります。
12.5V電源入力で、VR可変すると約0mA~1.28Aに変化します。1.28Aは1素子当たり640mAとなります。16Wもの消費電力となります。放熱は手元にあった
秋月電子の54*50*15ヒートシンクです。
これでも多分数分でLEDは破壊すると思われます。データシートが無いのでわかりませんが感触的には全電流が1A常用が最大かなという感じです。それでも市販のE26型電球30Wクラスより明るい感じです。1Ato言うと12.5W消費ですから当たり前ですが12.5Wの市販LED照明はもっと明るい感じです。
powerled480-2.jpg
ヒートシンクに2液混合タイプエポキシ接着剤でLEDを貼付、空中配線し、FETはユニバーサル基板に取付、ミニタッパに入れました。
powerled480-1.jpg
0.2A程度に絞って撮影しました。1Aを越えると明るさは飽和します。1Aではそれほど熱くはなりません。1素子当たり500mAですが実用の範囲です。
ミニタッパには通風孔を開けて放熱する。蓋に目玉クリップを取付ければクリップ型キャンプライトが完成です!
でも消費電力は12Wにもなる。市販製品の12WのLED照明の明るさと比較すると間違いなく暗い。5.6Wの電球色電球とどっこいである。
LEDそのものの差はあるかもしれないが多分、直流制御とPWM制御の違いだろう。発光効率だけでなく発熱も抑えられる
。エーモンの調光ユニットでも800円程度中国製では500円台で買える。作るより買った方が。....

コントローラーの5KVRで完全オンにならない場合は10KVRに替えてみてください。0.5A以上の負荷になる場合は大きなFET,2SJ334などに交換してください。光量オンオフ以外の時はFETの熱損失となりますの放熱する。

Amazonnでこんなものを注文した
PWMコントローラーです。こんな用途にはぴったりです。電流制限抵抗は必要ですがこれをつけると明るさゼロから最大までスムースに変化します。発熱も半減する。チラつきなど全く感じません。ファンコントローラーにも使ってみました。」
関連記事はこちら

| LED照明 | 17:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

調光機能付きクリップライト

 車内クリップライトは重宝しています。キャンプでの車外照明にもコードを長くしていますので便利に使えています。

今回、懸案だった調光機能を追加しました。調光の回路は簡単なFET抵抗器としました。白色LED12個全消費電流130mAの照明ですのでたいそうな回路は不要ですが一応無段階にゼロから最大まで調光出来る様にしました。
P1040824_1024.jpg
回路は
led_ctrl.jpg 
 2SJ681は先日のリレーで使用したものと同じです。小型ですが最大ID5A余力あり。心配していた調整の急峻性?ですが、スイッチング用にもかかわらず、5KΩ(B)のボリュームで輝度変化巾が90度くらいで充分ブロードな調光範囲が有ります。電圧の変動にも充分な調整範囲にあります。さらに大量にLEDを使ったり、パワーLEDにも対応できそうです。

いろいろネット上を探ると555ICを使ったPWM制御やDCDCコンバータを使ったPFM制御?などで無ければ効率も悪く実用的でないような記述を見ますが、こんな単純なFET抵抗制御でも充分です。ACC12.5V時0mAから最大110mAまで変化します。節電にも役に立ちます!

これ以上簡単な回路はありません。!

| LED照明 | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100均6VランタンのLED化

 ダイソーの100均ランタンクリプトン球をLED化しました。
特別珍しくも無いものですが、車中泊グッズとしてクリップライトとしました。 キャンプ用品や戸外バーベキューとしての用途が多いと思います。

回路は130ΩをLEDと直列に接続しただけです。6Vという電圧は白色LEDのVF3.1V台にとっては都合の良い電圧ではありません。12VですとLED3本直列に抵抗1本で済みます。

有合せの部品で作りましたので画像のような格好になりました。12本の3チップ白色LED OSW44E56F1Aを12個130Ω12個。内部の凹面反射板は使わず、電球部も撤去。基板の取り付けはホットメルトで充填、接着。

電池フタ(底フタ)に100均クリップを鍋ビスナットで取付。アシストグリップ、天井部のポールなどに挟むのに丁度良い感じです。外して車両外に持ち出すにも単3電池なのでOKです。

LED12個も点灯しますと実測130mAも流れます。100均アルカリ電池では数時間しか持たないと思いますが充電電池なら問題ないと思います。

電池3本4.5Vでも問題ない明るさでした。4.5V時消費電量は実測75mA(LED1個当たり6.25mA)で照度は少なくなりますが電池消耗も極少なく用途によっては充分かも知れません。
LED改造ランタン 

LED改造ランタン12灯点灯中 
 底面にクリップを付けているだけですが、”照射角度可変天井ライト”に早変わりです。
ランタンとしての機能は失われてしまいます。OSW44E56F1Aの指向角150度とはいえテーブルや床においてもまぶしいだけ。殆ど横方向の照明効果はありません。ボデーを持って懐中電灯代わりにはなりますが(笑)

| LED照明 | 21:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

車中泊用LED照明の自作

 LED照明の自作記事は別に珍しいものではありません。ただ、ここ数年中国製LEDが激安で売られ、高輝度になり品質も良くなって来ているようです。

この一年くらいの間、200個くらい使用しましたが2個1週間以内で点灯しなくなりました。1個は断線、もう1個は3直の1個点灯していないのでそのままにしています。

ポルテ用で100均ランタン改造の単3 6V用に自作していたのが、紛失した。盗難かも?玄関先の自転車の前荷カゴにおいていたものです。パナループを4本入れてあったのがちょっと悔しい。

新に作るついでにクリップ式、電源を12VACCプラグ付、照度切替式、。

1312036010.jpg照射角度を変えられます。
作業時など明るさが必要なときな強の明るさで角度を手元に変えられます。

またワンセグ視聴時などでは天井へ向けて明るさも弱で充分かと思います。

欲張って電球色も追加して色も変えられると良いですね。

1311937017.jpg白色LED_W1  LEDはOSW44E56F1A 4.8ミリ3チップ25ルーメンと云う物です。

ケースは故障した階段センサーライトのケースに組み込みなおしました。内部の部品は撤去。明るさ2段階SWはセンサー部に。

12VですのでLED3本直列に抵抗130Ω LED4列計12本。3チップですので36発と言う事でしょうか。 合計消費電流は実測13.0V時130mA 。 すごく明るいのでまとめた後直列に130Ωをいれ照度切替としました。130Ωで照度ダウン時たった36mAでした。これでもワンセグテレビ視聴時などでは充分かと思います。

電源ケーブルはダイソー自動車用携帯電話充電器315円の流用です。ACCプラグとコードが欲しかっただけ。もちろんACCプラグ内の回路は12V直結に配線。分解はコード側からゆっくりこじ開けます。部品代は1000円近くかかりました。

クリップ式にしたのは丸いポールの天井網棚にクリップすれば照明の角度が自在に出来るからです。また車外照明にも使えます。これ1灯で充分ですが他にもランタンなどありますので照明には多分不自由しないと思います。

使ってみればこのクリップ照明は重宝しています。照射角、照度を変えられる。取り付け場所も自在。便利グッズです。

| LED照明 | 18:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

車内照明LED化

FLED10241.jpg 
フロント天井小物入れをカットして取り付けたLED照明3チップLED36個。
元の場所には電球色6個。回路はLED3個直列電流制限抵抗130Ωを12列。1個に3チップですから×36=108発。ソケットはもとの場所T10ソケットからとりました。納車前に間違えてPJターボスペシャル仕様で作った為、場所寸法が違い強引にここに取り付けました。
36発は明る過ぎて眩しい。
過ぎたるは及ばざるが如し。
fled_480.jpg
JPターボのオーバヘッドコンソール。こんな感じです。36発は直下照明となり、元の位置より下向きになりより手元がより明るくなります。グッド!
ledsitunai480.jpg
 3チップ27個の後席LED照明。このくらいで丁度よい。このソケットは舟形なのでサイズ可変の船型アダプターを使う。

このような既設室内照明のLED化は省エネにも有効でエブリィの場合2個で20Wの電球を使っていますがLEDは5分の1程度になりバッテリの消耗を気にせずスイッチを入れることが出来ます。

車中泊時は既設照明だけでは明るすぎるので、
照度や照射角を可変できるクリップ照明を自作します

| LED照明 | 10:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |