| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋月電子のLCFテスターキットを組み立てる

DCDCコンバーターに使用するインダクタの自作に必要なインダクタンス測定は一昨年は変形コルピッツ発振器を作りその周波数から計算する方法をとっていました。40年以上前にディップメーターを使っていましたがあまりに手間がかかります。

よい時代になりました。完成品も安価に入手できるようなので物色していたら、kitで0.5uHから測れるものが超安価で秋月電子から販売されていました。早速購入し組み立ててみました。LCFメーターキット Ver.2 [SKU-21-010-339(V2)]

組立は特に難しいところは無く半田付けもチップ部品などはなく極性など間違えない様に慎重に行えば失敗は少ないと思います。校正については大容量電解コンデンサーのみトリマーボリュームで行います。手持ちの信頼のあるコンデンサーに合わせるだけです。

その他、コンデンサー、コイル、カウンターは無調整です。電源やテスト用クリップコードなど何も付属しません。手持ちの9vのACアダプターと画像のワニ口クリップコードは急遽自作したものです。5.08ピッチのプラグが丁度刺さってくれるのでネジは開放状態で簡単脱着出来る

画像は当サイトで10A級DCDCに使っているパッチンコア7T2重巻の測定です。設計値は12.7uHです。
P1260399-1280.jpg
11.6uHと表示していますが、1重ではほぼピタリ12.7uHとなりました。
右側のコアはアミドン製85#61 3重巻10T 9.1uH でした。

早速Amazon中華パーツの50v 0..1uFをチェックしましたが50個中1個断線らしき数ピコの表示がありました。180PFではどれを見てもなぜか150PFと230PFの表示の繰り返しとなりました。どちらでもない中間と判断すれば180PFで正解なのですが。電解コンデンサーも古いものは容量が少なく表示されます。さすが25V330uFとかのOSCONではばらつきも少なく優秀な結果でした。

Atmel AT89S52ワンチップマイコン搭載の様です。2,700円也! 昔のことを思うと夢の様な時代です。

| 電子工作 | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

両面基板のチップコンデンサ実装

走行充電新作の基板を発注しました。
pic3.jpg
PWB設計の初心者としては頑張ったつもりなのですが、発注後に再チェックしてみると不満足な点が続出してきます。画像は両面基板の部品側(表)。

スルーホールと部品は半田でつながらないようにする Zero氏の指導を受け修正したつもりですがまだ一部不完全でチップ部品の半田付けの際スルーホールに流れ込みます。大昔スルーホールピンや初期のスルーホールでは導通不良が続出し修理に難儀した記憶があり逆に流れ込んで悪いとは思っていませんでした。進歩を重ね稀有な問題の様です。間隔を設け又はレジストで遮断する。角ランドとの接続ラインを細くするなどが正しい。

大電流パターンはすべて半田面なので画像には見えていませんが部品面側は空白スペースがたくさんあり熱的には有利ですがまだ小型化する余地はあります。シルク表示した0Ω抵抗箇所が4か所あります。GND面が途切れない様に配慮したつもりですが、皆無にすることは可能だと思います。その為の適正な配置とワイヤパターンの細線化です。例えばPIC1705の端子間には1本のラインもありませんがこれを許可する。など工夫すれば可能になるし小型化はさらに可能になります。

バイパスコンデンサは裏面グランドパターンと接続するケ所が多数あります。つい近接してしまった箇所です。ではスルーホールに埋め込んでしまえばスペースのみならず不要輻射対策などメリットはバイパス効果に有利にもなります。早速WEBで探してみると1.6mmタイプと2.0mmタイプがありました。手作業半田付けも位置決めの面倒さから解放されます。

ただ、詳しく探していませんが秋葉のパーツ店での一般市販は見当たりません。2012タイプ角型を使っても実現は可能かもしれない。大昔UHF送信受信回路を自作したおりに貫通コンデンサを使ったり、今は見当たらない筒形のコンデンサを基板に立てて半田付けしたことなど思い出したりする。

通常2層基板ホールは無指定ではすべて導電となる様ですが指定すれば可能の様ですし、通常の1.5mm穴として1.6mmでドリリングする事で1.6mm円筒チップコンデンサが取り付けられる。世の中の進化に追い付けていませんが、このPWB設計から様々な知識を得ることが出来ました。

| 電子工作 | 11:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Amazon で中華電子部品大電力用P・Nch FET

当サイトで使用している走行充電器、【何時でもパワーウィンドウ】、【何時でもナビ】などで使用している電力用N・Pch Mos FETのオン抵抗を比較してみました。
model単価形状入手先DSオン電圧電流ARds計算値規格
2SJ607zj89円TO263usamazon0.07V4.5315mΩ9mΩ
IRF9204150円TO220秋月0.04V4.6A8.6mΩ16mΩ
IRF490599円TO220amazon0.14V4.4A30mΩ20mΩ
2SJ334150TO220F秋月0.13V4.6328mΩ33mΩ
    
以下Nch比較以下仕様値
IRF3205PBF28円TO220amazon0.04V5A10A 36mΩ8mΩ
IRL783383円TO220amazon0.019V5A10A 33mΩ3.8mΩ
TK25EK0680円TO220秋月0.07V5A14MmΩ
SKI0303650円TO263秋月0.0195V5A3.9mΩ
IRLB3813PBF120TO220秋月0.00975V5A10A 2mΩ1.95mΩ
FKI0605170円TO220F秋月0.0245V5A10A 5.2mΩ4.9mΩ
RJK0328125円SOP秋月0.008V5A1.6mΩ
秋月以外は中国からの送料込み料金です。秋月十分安価なのですがさらに安価なのでテストしてみました。格安の理由は規格外品かも知れません。電子機器の性能に直結するRdsを【何時でもパワーウィンドウ】の基板に実装した状態で4Aほどの負荷で簡易的な測定をしてみました。負荷にステンレス線を接続したものです。やはり予測していた通りusamazon 日本amazon入手の中国発送の物は規格外品かもしれません。IRF9204とIRF4905は同じメーカーですが秋月電子入手のIR9204は驚く事に、規格を上回る数値8.6mΩ! 2SJ607と同等以上の性能を示しました。2SJ334は28mΩと規格内に収まっています。いずれも間違いなく合格品です。

Amazon購入のNchはあまりにひどい! IRL7833とIRF3205PBFもやはり規格外品と思われる数値。規格の10倍は正規品として出荷は不可能と思われる。半値であっても買わない。メーカーはゴミとして廃棄処理すべき品物が横流しされたものと判断してもおかしくはない。

オン抵抗は今回の選択基準の中でも最も重要視される規格です。規格外品なので出荷できないけれど使用上問題ないとして横流しされたもの?かもしれません。価格がゴミ同然とはいかないまでも。
9204PBF-1280.jpg
【何時でもパワーウィンドウ】の電子リレーとして利用したIRF4905 amazonで送料込み10個999円 これは日本amazonから3日ほどで到着したもの。他は注文して中国から20日ほどで到着。
規格は20mΩですが上記測定では30mΩなので2SJ334並であり、十分お買い得と言える。他にもNch Mos FETも後日「チェックしてみる。

追記:ついでにNchFETも秋月購入の良く使うものとAmazonで入手可能な中華購入品を比較しました。いずれもDCDCにはOKですがFETSWとして制御をかけて大電流を流す場合はオン抵抗が出来るだけ低いものが放熱などでも大きく優位になります。感覚だが秋月3813と比較するとAmazonn 中華購入品は発熱がけた違いに多い。今のところ安価・送料無料=規格外品の感じです。

RJK0328はSOPタイプの超小型ですが1.6mΩであって3813より低オン抵抗です。

≫ Read More

| 電子工作 | 16:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3路スイッチ接続基板のPWB完成しました。

  読者よりの要望で運転とコントロールボックスのどちらからでもオンオフ出来る3路スイッチ、走行充電用と【何時でもナビ】用の2種のプリント基板を作りました。

50*50規定サイズ内に【何時でもナビ】用1枚、充電SW用2枚を割り付けしました。画像は切り出し前のものです。ブロクソンミニスライドテーブルソーで切り出します。

3rosw320_f.jpg3rosw320_r.jpg

意図があってREDにした訳ではなく、1度作ってみたかっただけです。白、黒、青、赤、黄、緑が選択可能価格は同じ。

今回もちろん10枚の注文でしたがなんと14枚到着しました。

ご希望があれば無償提供いたします。基板完成品を注文いただいた方に勝手に添付したり。

| 電子工作 | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PWBプリント基板の無料プレジェント

 深圳ELECROWへ8月度に注文分、おまけとして到着したPWBを無料プレジェントを実施します。
すべて12枚到着致しました。2枚おまけの様です。

9月11日に発注したものは到着を待たないと12枚かどうかは不明です。
追記:9/26到着、丁度10枚でした。おまけ期間終了の様です。ですが同様に2枚プレジェント。

郵送料込みの無料プレジェントPWBは以下の通りです。

昇圧型走行充電Ⅱ型 2枚
【何時でもナビ】FET版 2枚
【何時でもナビ】ダイオード版改良型 2枚
FETセパレータNchSW付 2枚
NchFETスイッチ 2枚
昇圧型走行充電Pic版 2枚

なくなり次第終了です。期限は10月15日迄とします。
応募条件は基板を制作されモニター報告を頂ける方とします。
形式自由、報告期限は問いません。
お一人2枚まで。

モニター販売コーナーとは別枠ですので

9月13日のブログを見たと記入しブログメールフォームからお申し込みください。
Elecrowpwb1280.jpg
11/4現在どなたの応募もありません。11月末まで延長します。お気軽に応募ください!

| 電子工作 | 15:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

電圧チェッカーの自作

中華製の超安価な赤色LED小型電圧計を入手しました。こんな形のプローブ式チェッカーを作りました。
P1040776.jpg 
電源を供給すると0.00Vの表示します。電源は6V~30Vの範囲であれば良い。約12Vの電源で23mAを消費しました。
P1040775.jpg 
被測定電圧にプローブを当てると電圧表示します。
2線のままだと5V以上30Vの範囲の測定電圧ですが、3線にすると0V~30Vまで測れます。また、20mA消費しますので被測定部の回路に影響を与え、正規な電圧を測定できない場合があります。入力インピーダンスが桁違いに高くなると云う事になります。
3線に改造ですが、半田ブリッジをオープンにしてもう一本配線を取り出し3本にする。改造というより付け替え方式となるのかもしれません。

プローブはデジタルテスターの余りを使いました。プラスの握り中間にアセテートテープでメーター左右鍔部を縛り付けホットメルトで固めてあります。

実体図にしました
電圧計プローブ

≫ Read More

| 電子工作 | 15:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

US Amazonで2SJ607 20ps 購入

2SJ607 をUSAmazon から購入しました。送料込み15.33$(1950円)20個入りと言うものです。TO220かTO263か不明でしたが安さに吊られてはじめてのUSアマゾンの利用です。

昨年11月23日に発注到着したのは2016年1月7日でした。やはりTO263でした。表記はTO220かTO263の区別はなくTO263であってもよし、あわよくばTO220であればとの願望もありましたが。購入画面を再度確認するとバーコードが有り解読するとTO263が読取れました。
2sj607_263.jpg
以前チップワンストップで購入したものに比べてドレイン金属部にくすみがあり汚れも目立ちます。もしかして偽造品?

国内生産品でこんな製品は絶対にない。!
USアマゾンでの購入ですが、実際の発送元は香港からの出荷でした。マーキングはNECは見える。本物であったとしても超長期在庫品だったのかも知れない。

2SJ334よりオン抵抗は1/3になり表面実装でも方熱処理も楽になる。試作に使用してみて性能が出ていれば問題はないのですけれど。
追記:
    オン抵抗を測ってみました。入力14.29Vにて負荷抵抗器接続5.5.A流して出力14.16Vとなりました(DS間)電圧降下は0.13Vとなり0.13/5.53=23mΩとなります。規格表の10mオームから見ると倍くらいの差が有ります。規格からは大きく外れ。しかし2SJ334が30mオームなので悪くはない。若松通商で購入したものは10mオームの規格内に収まっていました。規格外品ということでしょう。

| 電子工作 | 17:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

基板たくさん外注したけれど

 注文したものは全て到着しました。

でも、、、、、正直不満足です。製造についてではなく私の能力、チェック不足です。

ショートとかライン間の規定は守って出来上がったのですが

使えないわけではないのですが線間など 余裕が無く、誤配線やパターン忘れまで........................

大電力を扱う基本的な要素についても。パターンの太さ、低圧とは云えやはりライン、ランド間の距離などが余裕が必要。銅箔の厚さも高価になりますが70ミクロンを選択すべきでした。で無ければ充分な巾、追加銅線を考慮すべきでした。

使用不能とまでは行かないまでも、不満足な出来の物について他人様に有償で配布は中止します。

特に50*50サイズ以下の物は無理がありました。デザイン能力が未熟なままコスト重視で無理なサイズ縮小した結果でした。未熟な状態では充分時間を掛けて何度も見直さなければ完璧なものは出来ないと感じました。見直す度によくなっていく。しかし見直しが逆に見落としを生むこともあった。

でも、ユニバーサル基板で作るのとは仕上がりの美しさは雲泥の差!部品さえ揃えばあっという間に製品の様な出来上がりです。
【何時でもパワーウィンドウ】FET版

基板配布コーナー無料配布拡大! 更新しました。

痛い痛い勉強でした。



| 電子工作 | 12:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PCBE Ver0.60.2

基板作成ソフトはフリーの PCBEを使用させていただいています。一部の基板メーカーではPCBEで作成したガーバーファイルについて保証できないとの事ですが、FusionPCB 、ELCROW共に問題なく製造出来ているようです。他のソフトは使用したことはありませんが私の様な初心者でも何とか使えるようになり、作者には大変感謝しております。

今回0.1mmで作成したラインがいつの間にか1mmになっておりアパーチャー変更で確認すると0.1mmが見当たりません0.08の次は0.125mmとなっておりこれが原因と思われネット情報を探しましたが原因不明でした。

やはり、0.1mmが選択できないのは何らかのそふとの不具合と思われ、再インストールしてみることに。

一発で治りました。ソフトもVer0.60.1からVer0.60.2にバージョンアップされていました。確認してはいませんが多分バグフィクスがあったのではないかと思われます。

追記: アパーチャー選択に、最新バージョンの初期設定では0.1mmが有りませんので旧ファイルの物は1mmに変更されてしまうようです。バグではなくヘルプで各ファイル間で統一して下さいとかかれていました。

初期設定のpcb.iniファイルが壊れているわけではなくデフォルトで0.1mmは設定されているにもかかわらず以前のバージョンで作成されたファイルでは0:1.0と変化しておりこれを0:0.1と変更上書きすると一括修正できるようです
。(ワードパッドで開き[LineDef]の部分を変更する)
原因は以前の部品ライブラリとの互換がないために発生するものです。

| 電子工作 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ELECROWにプリント基板発注

 FusionPCBよりさらに安価に提供されるというELECROWに注文してみました。PCBカラーが緑以外赤とか青とかでも価格は変らないとかで魅力を感じたのです。昨日の画面では選択できたのに?、今日発注した画面では緑以外は選択できませんでした。(再確認したところ今回注文したのはSpecial Offer For 2 Layer 10*10cm max green PCB - 10pcsでGreen限定です。通常の発注画面は僅かに1.9$度高くなるだけです。)
 昨日アカウント登録の際、クーポンコードをもらったのでコード入力を精算時行うと5$の値引きがありました。差引合計は12.52$でした。
50*100サイズオプション無し、標準仕様です。
基板代金 11$
航空特殊郵便 6.52$
クーポン -5$
------------------------
合計   12.52$  
Pay Palへの支払いは1596円でした。1$-127.47円となります。
今日の為替レートは122.50円くらいですから差額62円程が為替手数料などとなる。
発注したのはこんなもの。FusionPCBのガーバービューワーをお借りしました。
DCDC10A_NSEPA.jpg
50*100サイズですが余白は上部のみです。下の画像はViewPlotで描画したものです。
DCDC10A_NSEPA2.jpg

10A級DCDCコンバーター、NchFETSW付FETセパレータ充電の基板です。
製造工場は深センのFusionPCBと同じ工場らしい?
ガーバーデータ等の仕様は深く調べていませんがFusionPCBと同じの様です。
以前は送料も無料だったらしいが、1枚当たりにすると60円~70円くらいになる。
失敗していなければの話。
今回のPCBカラーがGreen限定で50*150又は100*100サイズ限定ですがそれぞれ11$、14$と大変お得です。特に100*100サイズは必要でなくてもこの際という誘惑に。送料についても6.52$となっており、いつまでこの特別注文キャンペーンがあるのか未調査ですが今日の月末で終わりかも?

到着が待ち遠しい。
11/30 10:43受注確認メール
11/30 17:40 into production 4-7 business days
12/03/2015 Traceable
12/04 11:20 shipped 追跡No. 画像も添付されている7日~25日掛かるとの事

| 電子工作 | 10:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100*100サイズ1枚に多面割付+最小サイズ1枚を 同時発注

1枚に多くの基板を集積したり、複数基板を同時発注した方が単価コストを下げられます。だいぶPCBEにも慣れてきたので今回一括発注しました。ちょっと欲張り過ぎたかもしれません。
11月24日発注 12月10日頃到着予定
front.jpg
【何時でもナビ】リレーVER01
NfetACCSw付FETセパレータ
PICSW基板
RJ45変換基板
SOPインチ変換基板5枚
【何時でもナビ】ダイオード重畳版 レジストの無い部分は半田メッキ半田を盛付けます。
NFET-SW(FETハイサイドSW)基板
FETセパレータ基板

あまりにも密集させすぎ余白は殆どありません。切断用ミニテーブルソーは用意はしたけれど旨く切り分けられるか心配です。それより失敗作でなければ。見直す度改良点は見つかるのできりが有りません。
下記は同時発注のFETセパレータ基板。50*50最小サイズです。
fesepa_front.jpg
基板上部のFET部基板はそのままFETを取付が出来る様にしました。10A程度ではFETの発熱は問題ない。両面銅箔を残しネジ部(白い部分)は半田メッキです。それぞれは絶縁していますので2SJ607も絶縁シート無しでも可能です。TLC555CDRはSOP8ですがインチ変換基板を使用します。
10Aを越える場合はシルク線で切り離して放熱板に取付ける事も可能です。

以上で現在までのHP掲載の主な基板は発注を完了しました。

| 電子工作 | 18:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10A級昇圧走行充電定電流低電圧Ⅱ型生基板

首記基板10A級DCDC昇圧定電流定電圧走行充電基板、11月22日発注しました。着荷予定は12月10日頃です。
dcdc10a_2_a_front.jpg
上部にメイン、サブ電圧電流計基板も余白に作成出来ました。まだまだPCB作成CADについては未熟で失敗もあります。田植えして動けばよし。パターンも修正できればよし。
基板無償プレジェントしますよ! 終了→新作有償配布

| 電子工作 | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

基板PWB領布 します

基板作成にはまっています。
試作はユニバーサル基板で行っていますが、基板作成には昔の手作業によるエッチングしか思い浮かばず外注など考えていなかったのですが、読者から外注されたシルクが入った美しい基板を頂き、これに触発され先月からサンプル作成などして失敗を重ねながら練習していました。
パズルを解くような気分で面白くてはまっています。脳の老化防止にも。

今回は10A級走行充電器PIC版。11/12発注分→到着予定11月末

picbcpwnav.jpg
上記基板画像はFushonPCBの発注画面でガーバーzipファイルをアップロードすると確認出来るガーバービューワーを画面コピーしたものです。今回は4枚の回路を1枚の定尺サイズ100*100基板に割付したものです。カットするためのミニテーブルソーなどが必要ですがルーターでの切断にするか思案中です。
左上は【何時でもPW】v05rev02 
左下は
10A級走行充電器外部表示用電源、LED表示基板
同じく右上は操作SW基板とPM128への接続基板、
右下
【何時でもナビ】FET版rev01
です。到着予定は11月末。1枚の予定価格は郵送料込みでいずれも原価分の200円~300円程度とします。
いま円安で結構高くなっていますが一番安い航空書留小包み便を使用しています。製造は5日間くらいでもキャリアーや税関手続きに時間がかかるようです。いずれも今回10枚のみ。予約をお受けいたします。10枚無くなれば終了です。

pic10aa.jpg
上図はFusionPCBのトップガーバービューワー画像(部品面)。
10A級走行充電器PIC版基板10枚・・・・・11/21到着しました。下の画像は半田面側。(製造された基板)
picbacka.jpg
到着した基板修正箇所があります。修正可能なものです。
共通して言えることですが銅箔厚さは35μです。流せる電流は1mm巾で目安1Aです。最大10Aと言う事は到底銅泊だけでは焼損してしまいます。たっぷり半田盛りしても10Aは無理な場合も有ります。安全の為にも2mm銅線をパターン上に半田付けすれば何とかなります。(ユニバーサル基板での試作ではそうしてきました。)右端の縦ラインはレジストはがし忘れです。同様に銅線追加が必要です。


<<<先着1名限定読者サービス 1セットのみ>>>
メイン基板1枚
操作表示基板2枚
PIC16F1827ログラム書き込み済
モニター価格 1000円←再現モニター価格です。

基板は訂正。(修正したものをお送りします。)


SLエブリイホームメイドキャンパー 基板等領布コーナー

| 電子工作 | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

趣味の基板屋さんに無料サンプル基板をお願いしました。

11月4日に発注した基板が今日11月10日レターパック便で到着しました。今回はたまたま最短で製造出来たようですが多忙期では最悪1ケ月もかかったケースもあり、急ぐ場合は注文時納期を確認した方が良いとの事です。1枚の価格はCEM-3片面100mmX100mm 送料込み2000円です。今回の仕上がり具合については特に問題はなく、この様な小基板で多面割付すれば1枚あたりの価格も節約できます。最初から片面基板としてパターン設計、簡単な回路であれば便利にお願いできると思います。何より国内業者で解らない事は日本語で打合せが出来るというのが一番です。
詳細は
趣味の基板屋さん

到着した基板です。
P1240399.jpg
100*100mm寸法に丁度【何時でもナビ】、【何時でもPW】の基板が合計4枚作成することが出来ました。基板カットもVカットOKで世話無くそのまま分割使用可能となります。
P1240400.jpg

P1240404.jpg
左が
【何時でもナビ】FET版の基板、右が【何時でもパワウィンドー】FET版の基板です。

追記:
 このあと、中国深圳への発注でこれまで制作してきた様々なユニバーサル基板で試作基板をPWB化しました。無料提供基板もあります。ご利用ください。
 自作基盤の領布コーナー

| 電子工作 | 00:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Fushon PCBに発注したPCBの進行状況

Fushon PCBに10/30に発注した【10A級昇圧走行充電PIC版基板】の現在の状況、Google翻訳したものです。

出荷方法 支払方法
登録航空小包(重量:0.41キロの推定出荷時間:15-45営業日)ペイパル
2015年10月31日を確認
このため確認2015年10月31日PCBは、PCBのアイテムを持っている(複数可)
2015年10月31日PCB確認トランザクションID:*************
お支払い方法の種類:PayPalのエクスプレスチェックアウト(インスタント)
タイムスタンプ:2015-10-31T07:24:12Z
支払い状況:完了
金額:31.01 USドル
2015年10月31日PCB処理、PCBファイル:***********.zipが処理中です。
2015年10月31日PCB処理、PCBファイル:***********.zipがファイル試験に合格しました。
生産D184376_120580_pic10で2015年11月4日には、生産工場から戻って来ています。


以上が現在の状況。エラーもなく順調に製造出来、工場から発送部門に戻った模様?。今日明日には発送されると思われます。順調に行けば到着まで10日くらいか。
”登録航空小包(重量:0.41キロの推定出荷時間:15-45営業日)ペイパル ”は15日から45日も掛かるってことかな?

| 電子工作 | 12:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT