| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

薄曇りでのテスト とメモ追記

ソーラー充電のテスト
 タッパに収容したダウンコンバーターをマジックテープでこんなところへ貼付け。MC4コネクタで脱着可能としています。パネルはテストの為車体には設置していません。サブバッテリ60B19Lはほぼ満充電でしたがナビ2.5Aを10分ほど消費させた直後の充電です。
太陽光は薄曇り。3枚の画像はほぼ同条件。出力設定電圧は14.8V(ダイオードの前)
sltest1-1280.jpg
充電初期(バッテリ80%?)パネル電圧13.5V、バッテリ電圧12.7V、充電電流3.24A 薄曇りの為、発電量不足か?。走行充電でのスタート時は通常7A位流れる。右側のサブバッテリコントローラーの右側上部がサブバッテリアンメーター。下のLEDがサブバッテリ電圧計。
sltest2-1280.jpg
5分くらいでソーラーの電圧が18.6Vまで上昇、バッテリ電圧14.5V、1.25A 正常値と思われる
sltest3-1280.jpg

ソーラー電圧19.4V、バッテリ電圧14.5V、充電電流0.99A 正常値と思われる

以上の結果。十分な日照があれば、空っぽのバッテリでもなんとかなるかもしれない。毎日快晴の日が少ない。5月になって快晴の日に空っぽバッテリーで再度テストしてみることにして、ひとまずこれで、ソーラーの準備は完了しました。

100Wのソーラーパネルとはこんなものか?仕様書には動作電圧17.3V動作電流5.76Aとは大きく乖離がある。真夏の最大出力時と今の季節どの程度差があるのかわからないがちょっと期待はずれかも。

晴天の日、もう少し詳しいテストをしてみないとわからない。バッテリ充電の余剰電力で冷蔵庫を動かしたいとか考えていたのですが、予定した冷蔵庫は省エネですがそれでも2.8Aなので使えないことは無いと思われるが余力は殆どない...
130Wか150Wを選択した方がよかったのかも。

追記: 2016/04/30 晴天だが薄い曇がかかっている
10mΩで短絡テストした。最適仰角で4.8A以上は流れない。商品仕様は6.13A。この天候条件で可変負荷抵抗で17.0V付近での最大電流は3.4A程度であった。パネルの性能はこんなものかと思われる。

多分60B19Lの充電ではなんとか充電可能と思われるが冷蔵庫の2.8A分まで賄うことはできないと思われる。
充電と冷蔵庫をフルパワーで賄う事は不可能と判断される。
商品仕様の最大動作電流は5.78Aこの数字の80%得られると4.6Aで十分と計算していたのだが。

パネルを2枚にすれば問題はなくなるとは思うけれど。
また、ダウンコンバーターでは日陰になったり、負荷が重くなると入出力電圧が急降下する。
適度な負荷なら問題なく充電してくれるが。
少なくともPWMコントローラーを購入する必要があるかもしれない。
MPPTコントローラー8000円と同一100Wパネル増設14000円しかないのかな?
この負担は大きい。おまけに2.8Aの冷蔵庫も32,000円程度。
合計54000円(今までの出費は20000円弱)
甘かった。予想外の出費。もうよそうかな?

追記:2016/05/14 PWMコントローラーに変更した。とりあえずの良否テストする。サブバッテリがほぼ満充電状態での動作テストはOK。放電状態からの充電テストは次回。LS1024Bの両端入出力にMP3コネクターを出しておいた。
P1240816.jpg
EPソーラー製 LS1024B ¥3040-
PWMチャージコントローラーです。回路詳細は不明ですがあれ!と思ったのはプラスをグランドアースとしていることで常識的なマイナスグランドではありません。多分安価な大電力NchFETを使用した回路構成と思われます。テスターで当たると+ラインに導通があります。マイナスラインを共通には出来ません。

2016/05/17 追記:10:30頃の晴天でのテスト
サブバッテリー静置電圧12.2Vから充電開始

P1240820.jpg
ソーラー出力電圧14.17V サブバッテリ充電電流3.16A サブバッテリ電圧13.5V
こんなものなのか?降圧型DCDCと同じ様な結果だ。さらに詳細な比較が必要か。


≫ Read More

| ソーラー充電 | 17:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100Wソーラーパネルをルーフキャリアに載せる

 ソーラーパネルをルーフキャリアに取付ました。
P1040861.jpg
ホームセンターでアルミL型アングルとコの字ボルトを購入してL型取付金具を加工制作、取付ました。パネルは550*1200あり、手持ちルーフボックスと一緒に載せると幅1300以上になり、両方並べて搭載する事はほぼ不可能です。

と云う事はルーフボックス内に積載、片側を蝶版で半固定し、キャンプ場ではルーフボックス蓋を開け、パネルを起こして太陽光を受ける。そんな方法を考えていたりします。走行中は走行充電を使うのでソーラーは不要です。そもそもキャンプ場連泊滞在でソーラーを必要とするのですから。蓋開口角、影が出来ない寸法があればグッドアイデアになるという話だがなんとか実現させたいな。

追記:ルーフボックス内パネル収容はあっさり諦めました。ボックス蓋の開口角変更が難儀な事などの理由からです。

P1040864-1280.jpg
コントローラー・降圧DCDCコンバータを100均ステンレスタッパに収容。入力側にLED電圧計。出力側にショットキーダイオード、タッパの中はこれだけです。入出力端子はMC4コネクタを取付。サブバッテリーから同様にヒューズを介してMC4コネクタを出しておきます。

ソーラーとコントローラー接続ケーブルは5mの3.5Sqコネクタ付既製品を購入。必要時だけ仮設状態で接続使用する事とします。

| ソーラー充電 | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サブバッテリーソーラー充電のプラン

私のサブバッテリーの1日当たりの使用量は非常に少ない方だと思います。いままで走行充電だけで殆ど不自由なくサブバッテリーの充電状態を保てておりました。

といっても長期間のキャンプ場逗留では当然走行しないので時々アイドリング充電は必要でした。今夏の北海道行きでは中札内園地キャンプ場などで連泊を予定しており、ようやく重い腰をあげてソーラー充電を装備することにしました。

SLエブリイホームメイドキャンパーは車中泊できます。震災時緊急時に利用するにはやはりソーラー充電可能としておくのもフェイルセーフになるかと。

今回はとりあえず既成品だけで作ります。シンプルに下記の図のとおり。

Solar-every1.jpg        
P1040840.jpg 
安価な中華製部品の組合せです。サブバッテリが60B19Lなのでソーラーパネルは100Wを選択。充電コントローラーは単純にステップダウン型中華製DCDCコンバーターを購入しました。PWM方式と言えばよいのか。逆流防止のみで60B19Lバッテリーに接続します。パネル最大出力時でも降圧コンバーターの入力制限もあり電流制限など不要なはずです。電圧はショットキー効果分補正して14.8Vの設定です。

ソーラーパネル100Wも入荷しました。中国からです。角のへこみやジョイントボックス内の半田付け不良もありました。おまけにコネクターも加工不良で刺さらない。リスク覚悟はしていましたがこれが中華製品。後から考えると冷静に返品要求し。新たに注文しなおすべきでした。全体に擦り傷パネルの汚れもあったので不良返品されたものをたらい回ししたものと思われます。

ジョイントボックスの半田手直しやらコネクタを送ってもらい交換修理してなんとか仮接続テスト。薄曇りでしたが2A位の充電が確認できました。(静止電圧12.5Vから)小型のケースに入出力をMC-4コネクタで接続するソーラーBOXとして収容の予定です。

 パネルは結構大きい。550*1200。旅に出るときだけ、又はルーフボックスに積載しキャンプ場で組立、地面かルーフか、そこらへんに設置する。とても普段使いで常設走行などは気恥ずかしい。パネルが曲面貼付けタイプならまだしも。

≫ Read More

| ソーラー充電 | 19:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中華製降圧型DCDCコンバーターをテスト

 続いてまた、中華製DCDCです。降圧型です。AMAZONで中国からの発送です。
【DC4.5-30V ステップ ダウン to DC0.8-30V 最大 12A ラップトップ 車 バック·コンバータ】
と商品タイトルです。早速テストしてみました。想定はソーラーパネル18Vからサブバッテリ充電用途です。パネルはまだ購入していません。今夏の北海道旅行でのキャンプ場逗留時の充電用と考えての事です。

P1040765.jpg

テスト電源が最大15.0Vしかありませんがとりあえず12.0Vの設定で動作チェックをしました。後日18V-14.5Vでのテストは再実施の予定です。商品タイトルに12Aと書かれていますがそれは信用していませんが。

いつものステンレス線負荷抵抗器に接続します。2Aくらいでは発熱もなく、5Aでも僅かに発熱、8Aでは発熱は多分60℃以上あると思われ、放置するとどんどん温度は上昇します。肝心の出力電圧は14.2Vくらいで問題はない。それ以上負荷を重くすると急激に電圧が低下します。回路保護が働いた用です。従って
最大出力8Aです。

もっと詳しくテスト電源を18Vに設定可能として改めてテストしますが、この時点では100Wクラスのソーラーパネルの能力をサブバッテリー60B19Lに充電することが可能であると思われました。

回路はTIのコピー品?XL4016という5本足のステップダウンコンバータICとショットキースイッチングダイオードでできており非常にシンプルなものです。データシートからも8Aが限度であることが見て取れます。発熱はXL4016が主です。

放電させたバッテリでは最大8Aが数分程度は連続する可能性が高く充電スタートから10分程度タイマーファンを設置すれば事足りるように思います。保護は10Aヒューズを入出力に取り付けるだけで、シンプルなサブバッテリーソーラー充電ができそうです。以前は自作を考えていましたがこの中華製でとりあえず構築することにしました。

| ソーラー充電 | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |