| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

20ADCDC走行充電基板モニター募集

モニター募集:応募期限5/10→延長中 終了しました
100AH以上のサブバッテリ走行充電で運用される方。
下記、20A級走行充電試作基板+放熱+5㎝ファン1,000円で有償提供します。サブバッテリ名称、車両名、充電電流、電圧計有無、走行充電予定時間、応募理由などを記入いただきメールからご依頼ください。特に市販サブバッテリーチャージャー、アイソレーターをお使いの方に。
20Acurent14.jpg
手持ちのアルミ放熱ブロックに取付
20Acurent15.jpg
12V5cm冷却ファンをACC入力に配線したもの。基板表のインダクタや出力コンデンサも冷却が必要ですが。
上記画像がお届けするものです。
組込に要する配線、ヒューズなどはご用意ください。取付加工等自由です。
モニター報告の形式は自由ですが取付配線画像、充電電圧、充電電流を撮影した画像と動画、使用感想等。他にお願いする事があると思います。
トラブル等の責任は相互に問わない事とします。
2017/04/30~アップしました。
モニター、サポート期間は1年以内。
1,000円有償提供は冷やかし防止の為、
モニター終了後も継続使用無料提供とします。
詳細な20A級昇圧走行充電Ⅲの記事はこちら
464971.jpg

| 20A級DCDC | 14:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

20ADCDC走行充電基板制作

新作PIC版走行充電器はあと少しですが、合間にパワーアップした20A級昇圧走行充電器が完成しました。今回は私には即、必要とするものではありませんが、100AH級のバッテリ、さらにパラレル接続のサブバッテリーには10A級では非力、役不足です。20A級のDCDC昇圧回路となると非常に厳しいと思われましたが、Zero氏助言設計いただき試作しました。

20A級については10A級を参考にパワー素子の並列駆動又は10A級回路全体の並列駆動を考えていましたが、20A級でも設計変更だけで可能ではないかとのZero 氏の提案で試作したものです。

すでにHPには掲載済みですが、10A級と大きく変わらず、従来のNJM2360Aを使用し、一部改良を加えたものです。DCDC部は定電流ドライブTRを廃止し、20Aに最適化を図っています。SW周波数は変更せずほぼ同じです。

12.7uHのインダクタも10A級では余力がありましたのでそのまま使用しました。アミドンコアも試作しましたが、コストアップする割には良い結果は得られませんでしたので採用は見送りました。

他に新規採用した部品はOSCON(導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ)を使用しました。変更による効果の確認ですが顕著な差異は無いと思われます。リップルについてLTSpaiceで減少は確認できます。1個120円3個も使用するとコストは大きくアップします。

小型PWB化に伴い、チップCRを使用しましたが心配していた半田付けも特別な工器具は使用せず、ヘッドルーペ使用で問題なく行う事が出来ました。

ACCSWを兼ねた入力FETレギュレータ制御も従来のⅢ型とほぼ同じで最適化を図ったものです。
全回路総合テストでは95%前後の効率であり、十分な性能を有していると思います。

20adcdcfetreg02.jpg

放熱板に取り付ける前の基板。一部チップCR部品を採用しましたがシンプル、ローコストです。20A達成できましたので完成とします。下記性能測定は入出力に負荷抵抗を接続し測定したもので10A以下の電源でも測定可能なものです。
20Acurent12.jpg
出力電流は電流計が19.99Aまでしか測定できないので実施していませんが軽く突破する能力がある事を確認しました。
20A越えは後日再測定します。
HPに配線図、測定回路、画像を掲載しています。
PWBも無償配布しています。(一部修正が必要です)

なお、開発中の新作電流制御PIC版走行充電器は10A級ですが、並列運転を可能とするスレーブ端子があります。


| 20A級DCDC | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |