2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

窓目隠し銀マットの保管場所

車中泊になくてはならない窓目隠し銀マットですが使わない時はかさばり邪魔者。車内のそこら辺に置いたり、網棚に置いたりしていますがこれが散らばったり。

今までは透明ビニール袋に入れ、網棚に置き、洗濯バサミで網に止めていました。これでもあのブルーと銀の色は車内では違和感あり。

そこで適当な袋を自作しようとしましたが布で造ると材料費1000円程とミシンがけが必要となります。今回ダイソーでビニール製自転車カバーを見つけました。そのままでは大きすぎるのでハサミで裁断し半田ごてで溶着シールしました。

ついでにダイソー40W半田ごても525円で購入。
半田ごて先端に鉄板ネジ止め 
半田ごての先に厚さ2ミリほどの鉄板をネジ止めし溶着用こてを作る。
ホームセンターでもグッド半田ごてからホットシーラーの名称で売られていますが1700円程します。
専用を買うほどのものではありませんし、525円で自作できてしまいます。

接着の仕方は
新聞紙などの上に溶着させるビニールを置きその上にさらに新聞紙を置いて定規に沿わせながらゆっくり同じ圧力で押し付けていくとシール接着が出来る。ちょっとコツがいるので余ったビニールであらかじめ練習するとよい。
自転車用は2mもある。大きさは自在にカット溶着加工します。 
早速、目隠し銀マットを入れる。大きい銀マットは二つ折などにしてひとまとめになるようにする。これを洗濯バサミでとめるだけ。マジックテープで留めても良いとは思うがビニールはペラペラでもっと厚手ならマジックテープでも良いと思う。
銀マットを収納し、天井網棚ネットに洗濯バザミでとめる 
出来上がりました!
軽いので洗濯バサミでネットにはさむだけで落ちる事はありません。天井の内装ともマッチした銀マット収納の完成です  
目隠し銀マットの目隠し収納袋の完成!エブリィの天吊り網棚に載せます。
耐久性は大いに疑問ですが破れたら透明テープで補修したり、新に100円で買って作り直したりそれが再々で面倒ならホームセンターでもっと丈夫なものに買換えかも。 
 エブリィの天井網棚の自作記事はこちら
関連記事

| 車中泊グッズ自作 | 14:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

乗降口の設置

フラットベッド左側スライドドア部の改良です。

① 乗降のしやすさ
② 上がりかまちとして靴脱ぎ保管や床下収納の出し入れが楽になる
③ 緊急用後部座席として使いやすくなる(走行中は不可)

スライドドアからの乗降に不便を感じていましたので上がり框(かまち)を設けました。

枠の入り口側の土台(横木)を内側に移動し、ついでに木枠を布張りとし、分割ベッド台を持ち上げ仮固定フックを設けました。 これで乗降りがはるかに便利になりました。 
 
木枠の布貼りで温もりがでる
このスペースが重要
布地は着古した若かりし頃の背広です。こんなところへ使われるのは不本意かも知れませんが、ゴミで捨てるよりはエコ。愛着もあり、塗装より温もりがありいい感じです。
  
エブリィのフラットベッドの自作記事はこちら 
 
関連記事

| フラットベッド関連 | 11:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DA64W エブリイワゴンインプレッション

 ポルテから乗り換えて4ヶ月を経過しました。箱型ワンボックスワゴンはライトエース、タウンエースと3台目となりますが軽四では初めてで、正直乗っていて頼りない感じがするのは否めない。

自分自身は車にステータスを要求する事はもはや無い。もう現役では無いし分相応と思っている。

昨今のエコ事情から見ても軽四箱ワゴンは胸を張って乗れる車だと思います。

頼りない感じといったのはノア級と比較しての話で仕方がない。フロントノーズが無いので衝突時の不安を感じる。やはり、スピード控えめ運転となる。実際高速100km/h巡航は可能ですがで怖いと言う感じがする。80Km/h以下で安心感を感じる。それは軽四箱型の宿命だと思う。加速は文句無し。

乗り心地は正直ひどい。元々設計は軽トラ、バンからなので乗用車的乗り心地は望めない。特に段差を乗り越えるときの腹わたをよじる様な感覚は異常とさえ感じる。100kgくらい積載すると何とかソフトな乗り心地を得ることが出来る。

ポルテになれていたせいかハンドルを早く切る癖が抜けていない。不注意とはいえ先日九州でのバック衝突事故も無意識で早めのハンドル操作によるもの。FF,FRの違いもある。でも前方視界はなにもさえぎるものがないので見えすぎてスピード感がありすぎになるのだと思う。ポルテの右ピラーによる右折時のうっとうしい視界不良から開放され気持ちがすっきりした。

今困っている、何とかしたいと思っていることは
運転席、助手席のスペースが狭い事。シートの質感や感触が悪い。正面からみたスタイルがしょぼい事。特にフォグの目隠し蓋。取り敢えずはこの三点をぼちぼち何とかしたいと思っています。

関連記事

| エブリイワゴンインプレッション | 12:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

後部収納棚改良?しました。

 車中泊ベッドメイク時にはバックなど荷物の置き場収納に便利な後部収納だなですが、どうも満足できるものが今だ作れません。当初の100均突っ張り棒版から第2弾は振動音などは無くなった、高くなって膝が当たらなくなったが、引出しは100均A4トレイで強度が弱く、棚板は強度不足、巾が狭くもう少し何とかしたいと思っていました。

以上の問題を解決すべく棚巾400板厚15ミリ、引出し木製に変更し作り直しました。 

 
T型のものはストッパー  
強度もアップ。
10kgくらいの旅行かばんなどは充分載せられる 
バックドア一杯まで15ミリ厚400巾の桐棚板をコーナーに合せてカット。
引出し加工接着で2日間懸かりました 
足元の高さは235ミリ。就寝中膝を立てると引き出しにぶつかります。 引き出しを抜くと340ミリとなります。

隣同士の引出しの間が無駄スペース。走行してみたら、悪路では振動音が再び発生。隙間に滑り止めを貼って対策しましたが少し無理がある。色が内装と合わない。前回より遥かに良くはなったのですが、後日ブラック塗装しました。  労作ながら、結果的には駄作。後日壁面や天井にキャビネットを設置し、撤去。


詳細など前回とあわせてHPに掲載しました。
関連記事

| 収納棚 | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |