2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

車中泊暖房にカセットガスストーブイワタニCB-STV-1

 私は車中泊時湯たんぽしか使った事がありません。カセットガスコンロが安全に暖房に使えるのか期待し購入しましたので、レポート致します。 
CB-STV-1 
車中泊に、防災緊急用に、トイレ洗面所用に用途多彩!広告みたいですが。
 今年イワタニから屋内用CB-STV-1が発売されましたので、ネットショップ覗いて見ると殆ど売切れ、在庫有りでも15,000円程もする。人気の高さが伺えます。地元のDEODEOに電話してみると普通に在庫有り、10,800円ですとの事。早速購入しました。追記:2012年モデルはCB-STV-2 で、色が増えたり小改良のマイナーチェンジ版。 

カセットガスストーブの大半は中国製の安価な屋外用で安全機能が殆ど無い。その様な物は論外です。

イワタニCB-STV-1は転倒消火機能、立ち消え安全装置、不完全燃焼防止装置、圧力感知装置が装備されています。それでも車中、狭い場所では絶対使用しないで下さいと注意記載されています。

不安定な車内での使用には上記安全装置は不可欠です。容積が少なく密閉性も高い為酸素不足による不完全燃焼が発生しやすい。車内で使用する注意点は換気しながら、転倒しない安定した平坦な場所で使用するなど充分な注意が必要です。

酸素不足による一酸化炭素中毒は不完全燃焼防止装置により、安全性はある程度確保されたのではないかと思われます。しかし一酸化炭素中毒の恐ろしさは想像を絶するのです。今年早くも車内就寝中積雪、排ガス中毒死のニュースは届いています。

実使用テスト
 カセットガスボンベは1本付属していますが3本298円の中国製を使用ましたが違いの確認はできなかった。お決りで他社ボンベは使用しないで下さいと書いてある。
点火はゆっくりまわさないと失敗する事がある。連続燃焼時間は比較していません。1分ほどでセラミックバーナーは赤くなり、安定燃焼。燃焼音はかすかにシューという音がする。
器具上面は暫くすると触れないほど熱くなる。 転倒消火装置は45度くらいゆっくり傾けると消火機能が動作しました。従って寝かせてやかんを置くなど誤った使用は出来ない。説明書には安全装置が働いて火が消えてもすぐに消火位置に戻せと記載されています。安全装置が働いても念の為だと思われます。

火力調整はありません。出力は900kcal/hと少な目です。その分カセットボンベは長持ちするのが有り難い。(記載は200分)最初は少し器具の塗装などの焦げる匂いがしましたがすぐに臭いは消え、石油と違い全くと言って良いほど臭いはありません。
 
中国製屋外用は1600kcal/hのものもありますのでがこれは屋内使用禁止です。

エブリィワゴン車内で燃焼テストしました。
今日は今冬一番の冷え込みで7℃しかありませんが点火後ぐんぐん車内温度は上昇し多分10分も燃焼させれば、充分と思われます。カセットコンロを使用した場合でも狭い車内はすぐ温まります。低温時気化性向上の為のヒートパネルは装備しています。点火後安定燃焼に1分程懸かります。

追記:2012/02/03 今冬一番の冷え込み車内0℃の朝車内で改造作業の為、点火しましたがすぐ消えてしまいました。やはり5℃以下では使用不能です。ボンベをライターで暖めると正常燃焼てもまたすぐ消えます。岩谷から低温用カセットガスが発売されているようですそれを使えば可能かも知れません。カセットコンロは何とか燃焼継続するのですが。

窓の結露は数分でびっしり。車中泊時、換気扇、吸気網戸は必須です。 結露は室内燃焼暖房で止むを得ませんがその点でも車内での長時間使用は適さないと思われます。寝る前30分以内くらいの短時間暖房する使い方が適当と思います。

カセットガスボンベの互換性
 昔作られたボンベは規格が統一されていなかった為、器具メーカーは自社、推奨品以外のものは使用禁止と記載していますが、1997年からは規格統一されており、現在販売中の物は互換性はあるはずです。上でテストした低温時のガス化性能は中国製安物などと岩谷では違いが出るかも知れません。

実際に車中泊では使用していませんがエブリィワゴンでは置き場所、スペースに困ります。小型とは云え、クーラーバック並みの大きさは大きく場所をとります。もう少し小型化して欲しいです。

その他
 取扱い注意書は熟読してください。誤った使用は一酸化炭素中毒による死亡、火災、爆発、などの危険性があることは承知しておく事です。テント内使用も大変危険だと思われます。車内使用では短時間の限定使用にとどめるべきです。

電源コードや電池も不要。カセットガスの入手の容易さ、ボンベの安さなど大変利便性は高い商品だと思います。

くどいようですが、一酸化炭素中毒の危険性は高く、手足が麻痺すれば意識はあっても、消火できなくなりやがて呼吸麻痺し死亡する。どうしても長時間使用したいときはあらかじめ換気扇を回しておく、窓を1~2cm透かせておくなど注意し温度が上昇したら消火しボンベを外し就寝する事をお守り下さい。それでも密閉した車内で火気を使うには何が起こるかわかりません。車内使用は細心の注意が必要です。やはり使わないのが一番。

"SLエブリィ車中泊DIY" HPに記事を転載しました
関連記事

| 車中泊グッズカーアクセサリ | 18:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クーラーボックスの改造

 食料保存にはクーラーボックスは必携です。クーラーボックスの保冷性能は高価な釣り用であれば真空断熱や発泡ウレタンを使用しており長時間の保冷が可能ですが、私の持っているのは発泡スチロール製の安価なものです。

アルミシート断熱のバック式の物もありますがとても夏場など買い物時の一時しのぎにしかなりません。

そこでホームセンターで1500円程で売られている
発泡ウレタン注入ボンベで釣り用と同性能を自作改良すべくネットで調べていましたら、100均のアルミカッティングシートを使い発泡スチロールを巻くように追加する方法で好結果が得られるとの情報がたくさん見られました。

手持ちのアルミシートもあり、早速8リットルサイズ、16リットルサイズの2台改造しました。慎重に分解しましたがシート貼り付けはセロテープで停めるだけなので意外と簡単な作業でした。注意点はアルミ箔を内部に向けて張る事と欲張って多重にすると再組立が入りにくくなることくらいでしょうか。 

 
分解。ドアパッキン内側にもビスが隠れていた。      アルミシートはセロテープ止めるだけ内側は貼らない。 
20年以上も昔の8リットルクーラボックス     16リットルのクーラボックスの蓋側
 
ボックスの発泡スチロールには外側にアルミ箔側を外向きにセロテープで張り込んでいく。

保冷性能のテストをしていました。今は冬場なのでファンヒーターで室温も20℃の設定です。8リットルクーラーボックスには600gの冷凍した蓄冷剤を入れて何時間持つかサーミスタ式デジタル温度計で観測です。1時間経過周囲19℃-内部5.5℃、6時間間経過で約15℃-6.5℃ 、7時間経過18℃-8℃ 、9時間経過18.5℃-9.7℃、10時間後18.6℃-10.1℃、11時間後19.5℃-12.4℃ 無負荷でドア開閉なしの条件です。  11時間後でも12.4℃と充分な性能ですがさて夏場ではどうなるでしょうか?

肝心の改造前測定していませんのでどれだけ改善されたかは不明です。
このアルミシートはカーペットの下に敷き詰め足元の暖かさは実感しておりクーラーボックスへの応用も期待大です。10%~50%位の保冷改善効果はあるのではないかと思います。
 ----------------------------------------------------------------
アルミテープで外側を銀銀にテーピングしました。アルミテープは手持ちを使いましたが新たに購入すると結構高価で0.1ミリ厚、巾50ミリ長さ20メートルで748円でした。
アルミクーラーボックス? 
アルミテープは100均でも売られているのを発見し購入して見ましたが、ものすごく薄く破れやすいものでしたが熱反射効果だけなのでそれでも効果は変わらないかも?
逆効果との説もあります。確かに熱伝導率は高いけれど、熱反射の効果も?

直射日光に当てない、熱風に当てない、涼しい場所に置くなど使用上のご注意です。融けた水を底にためない。スノコを敷く。壁面にもスノこ状のものを立てておく。熱伝導でせっかくの冷気を逃がさない方策です。
外側のアルミが結露していれば断熱が不十分か、冷気が壁面に伝わり逃げている証拠です。

2012/07/18追記 北海道旅行に16リットル型を持参しました。食品をぎっしり詰め込んでコンビニ調達の角型1.7Kgの氷で約24時間の保冷ではまだ少し氷が残っている状態でした。あらかじめ冷えたビールや冷凍食品を購入するのも使用時のコツです。解けた氷は飲料水に活用しました。

≫ Read More

関連記事

| 車中泊グッズ自作 | 22:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

簡易携帯ペットボトル式排水タンクを作りました。

ペットボトルを利用した漏斗(ろうと&じょうご)を作りました。用途は結構ある。

簡易シンクを作りましたが軽四箱バンのエブリィにはシンクを設置するほどの広いスペースはありません。有れば便利ですが優先度から撤去しました。しかし少量の余り水やカップラーメンの飲み残しなどいくら少しであってもそこら辺の側溝などに捨ててはいけません。

作り方は至って簡単です。
ペットボトルキャップはパッキンが入って無い物を2個背中合わせてセロテープで仮接着し、
ドリルで貫通穴を開けます。出来るだけ一杯までくり小刀などで削りながら開けます。
接着はジェル状瞬間接着剤を多めに塗布、再度セロテープで仮固定し重石をして数十分放置します。
セロテープをそのままにすると乾燥接着しないので剥がしてさらに充分乾燥接着させます。
ポリエチレンは接着しにくい部材で、剥がれてもすぐ使えるよう、スペアーを数個作りました。
接着は100斤のジェル状瞬間接着剤を使いました。乾燥接着後さらにエポキシ接着するとよいかも 
接着後もアルミテープなどで保護しておかないとはがれたとき大変な事になるかも。
キャップの材質は柔らかく完璧な接着は無理かも。
こんな貫通キャップが製品としてあれば良いのにと思う。
カットした部分はろうそくやライターなどで焼いて(溶かして)丸みを作ります。 

キャップさえ合えば好きな大きさのペットボトルが使えるよ 

用途はお好きな使い方でどうぞ

■車中泊で道の駅やSAPAで歯磨きはこれで解決します。トイレでの歯磨きはかっこ悪い。
■カップラーメンの残りスープ排水、など。
■漏斗を大きく、タンクを4リットルの焼酎ペットボトルにすれば顔洗面にも。

使用後キャップを閉めておけば匂いなどありません。
使用後の処理は自宅お持ち帰り。

実は小用としての使い道が1番だったりするかも。!
これがあるだけで安心感は倍増。極寒時には車中泊駐車場所がトイレまで遠いと困ります。私、夜必ず1回はトイレに起きなければ朝まで寝れないのです。 道の駅で老齢の方がトイレ前で車中泊駐車陣取りはこのためです。

昔、子どもを乗せての帰省時には途中トイレに一番困りました。
こんなのを作って車に載せておけば大変便利に使えたのに。
トイレ用ならお口の部分は少し、柔らかく工夫が必要ですね。
トイレ用漏斗と小便タンクは専用で作っておけば用途も広がります。
 
大人の一日の小用量は1.5リットルペットボトル1本程度だそうです。
簡易トイレで検索するとペットボトルを利用した漏斗が1200円ほどで売られています。
簡単に作れます。自作しましょう。
100均ステンレスボウルを使った簡易シンクの自作記事はこちら
関連記事

| 車中泊グッズ自作 | 16:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒は汚れ傷が目立つ

 納車後5ヶ月を経過した。

エブリィワゴンを選択しグレードはJPターボにすぐ決まったのですが、最後まで迷ったのが色の選択でした。当初は白かシルバーメタリックと思っていました。黒(ブルーイッシュブラックパール)が気になって仕方がなかったのですがシルバーメタリックで決定し土曜日に注文しました。

何かの用で月曜日にデーラーに電話した折、もうシルバーで発注したか聞いたところまだだというので、黒に唐突、衝動的に変更してもらったのである。

結果、良く良く検討しなかった報いが来てしまった。先々週ワックス掛けした。ワックスを付けた布の刷り込み傷が塗装面に目立つほど付いてしまった。今まで同じようなやり方でポルテやムーブやタウンエースをワックス掛けしたが傷がつくことなどなかったのに。

他の黒い色の車を見てもやはり、塗装面の傷は目立つ。少し年数の経過した車は特にドアハンドル周りは大抵引っかき傷だらけになっている。デーラー営業マンが注文前に夏の温度上昇の事や汚れや傷は目立ちやすいですよと注意してくれたのを無視した結果であった。
関連記事

| エブリイワゴンインプレッション | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地デジテレビをエブリィワゴンに車載

車中泊用に地デジ液晶テレビをエブリィに取付した。

車載用液晶モニターVG-700Aとバファロー家庭用地デジチューナーDTV-S110を組合せたものです。VG-700Aはオートバックスで間違って衝動買いしたもの、DTV-S110はポルテで車載していたものです。これを車載用に組合せ、接続します。

まず、VG-700Aの入力端子ですが元々リアシート用に取付キットで運転席シートのヘッドレストに取付けてあり、AVナビとの接続ケーブルも配線済みです。700A本体からケーブルが30センチほどで接続コネクタが出ていますここでAVナビとのジャックを抜きDTV-S110に別途S端子延長ケーブルを用意し接続することにします。  

ケーブル加工図 完成ケーブル 
端子図とケーブル作製図を示します。700A本体裏蓋を開け確認したものです。 
  
DTV-S110用電源ケーブルと車用USBアダプター7型液晶モニター電源プラグと地デジチューナーのUSB電源プラグ
DTV-S110のUSB自作変換ケーブルとVG-700AのDC12Vプラグです。
USB充電アダプターはIPAD用ンなどの1A程度取れるものを購入します。
100均で売られている携帯充電用は映像が乱れるなどしてすぐこわれます。 
  
机上でテストする 可変安定化電源で電流を測定  
こんな感じで車載前に家屋内でテストしました。 7型液晶モニター、チューナー、スピーカアンプの合計0.6A程度です。
アンテナは以前ポルテ用に作製したヘンテナアンテナで受像テストしました。 
 
音声は昔のPC用アンプ内蔵スピーカーのデットストックがありました。分解し電源をみたらAC100Vをトランスで降圧しDC12Vを作っていましたのでダイレクトに入力可能でした。音量ボリュームがガリで手持ちのVRと交換。あとミニプラグをピンに変換し、接続テスト。音質は頼りないですがとりあえずこれを使うことにします。あとは車載取り付けするだけ。 

換気扇取付板にアンテナ取付
リアの自作棚に設置しました。アンテナは換気扇取付けボードに両面テープで貼付け。スピーカは天井網棚の上。7インチ液晶は吸盤カメラスタンドで棚に半固定。100均のスパイラル配線止めでまとめました。

以前はリアシート用のモニターとしてAVカーナビに接続していたものですが、場所を移動し地デジテレビとしました。消費電流はAVカーナビの半分以下となり、車中泊時たっぷりテレビを楽しめます。強電界地域しか映りませんがカーナビワンセグと使い分けしています。

アンテナチェックの結果は送信所100W-距離10Kmのところ5局共80db以上得られました。AVカーナビはワンセグですが、これはフルセグなのでモニター800*480の解像度と相俟って美しい画像を楽しむ事が出来ます。 かかった費用総額は1万5千円程度です。

この記事は以前ポルテカーナビに地デジチューナーを接続したものと共通した部分があります。
ポルテの記事はこちらです。

関連記事

| カーAV | 00:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |