2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

天井隙間塞ぎ、扉開き上下変更など

まずは改良画像です。
上部の隙間塞ぐ
後部天井隙間をベニヤ板で塞ぎました。
角の丸め処理Rカット。
上記の塗装仕上げ。
右収納のトビラ開閉方向を左収納と同じ上から下へ開くに変更。
カーテンフックとタッセル(束ね布)の取付。
HPに改良点修正を更新しました。
HPメニューに画像の一部分から、それぞれの詳細ページにリンクしました
関連記事

| 天井天袋収納 | 10:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1×4接ぎ合せで上部Rカット部、なんとか補修完了しました

 難儀しました。ほんとに切った貼ったでした。側板当て木用に1×4板1枚購入し型取り、ジグソーでカット少しづつサンダーなどで合わせながら何度も削り、タボを入れ木工ボンドで接着叩き込み、段差なども調整しながら昨日はトノコでパテ目止め。

今日は塗装を二度塗りました。色はメープル。何とか見られる程度ですがドア隙間や平行度合いなど素人細工そのものです。ま、いっかです。実用一番ですから。いくら綺麗な仕上がりでも実用上不満があれば満足できないのは今回の手直しの結果なので。
後方から左右の収納
左側が手直ししたもの。下部床置き収納を壁面収納に変更。下部扉は上部に位置変更。側板は下部Rカット、上部は当て木して補修。右側は左より奥行きも巾も一回り小さい。
前の席から左右の収納
前の座席側から撮影したもの。足の部分は床板すれすれまでです。土台との接続は長めの厚手Lアングルで接続しています。下部に巾木は側板を左右接続して強度アップする為。
天井ネットは仮付けです。板を貼るかも知れません。迷っています。

左収納は最上段にミニカセットコンロ、扉内にイワタニカセットガスストーブが収納できます。右側は鍋やかんなど大きなものは全て収納してもまだ余裕があります。床下収納とあわせ当分、必要充分な収納と思っています。後は車中泊時の寝具類と旅行カバンを載せる程度。

収納よりも左収納のすそを無くした為これで元通り2名就寝が楽に出来るようになる。

まだ完成には至らない。床分割パネルの隙間修正、再度L型折畳みテーブルの設置場所の検討、ネットラックの再考などやることがまだまだあります。

左サイド収納のHPの記事はこちらです
関連記事

| 天井天袋収納 | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頭を冷やした結果作り直しはもったいない

作り直しをすると材料費だけでも5千円程かかる。手直しを少し念入りにすることにする。
1×4の板を繋ぎ合せて<br /><br />タボで接続せっちゃくします
収納庫ですからカットした部分を埋め木します。今日は左右側板に当て木を作りタボと木工ボンドで接着します。継ぎ目や穴ぼこはトノコで埋めたり、ある程度念入りに補修するとしても傷の部分がどれだけ目立たなく仕上がるかあしたのお楽しみ。
関連記事

| ラゲッジ左右壁面収納 | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

左サイド床置き収納の手直し

 今日は床置き収納を壁面収納に手直ししています。
側面板をジグソーでカットしました。下を残したのは土台に固定するためです。
床クッションパネルは昔のフルサイズです。
まるで側板はタツノオトシゴです。
上部のカーブはデザイン的にカットしたものですが、今となってはカットすべきでなかった。
タツノオトシゴ
下部の収納はゼロです。サブバッテリすら入らなくなりました。下部幕板は補強の為残しました。
扉は上に
とりあえず出来上がりました。扉も上に持ってきただけ。あまりにも格好が悪い。実用的には問題は無いのですけれど。
ここへの収納は鍋やかん食器類、乾物食品。最上部にはミニカセットガスコンロをバンドで縛って収納します。天井ラックも撤去。ルーフ近くにネットラックとして昔に戻りました。7.2Kgの助手席ベッドも撤去軽くなりました。やっぱりひろびろして、天井も高くなり格好は別として少し理想に近付きました。

追加部品材料はなし。0円。結果は良好だと思うので頭を冷やして近日中にちゃんと作り直します。

作り直しの
左サイド収納のHPの記事はこちらです
関連記事

| ラゲッジ左右壁面収納 | 20:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

左サイド床置き収納の為の助手席ベッドは失敗

左サイド床置き収納を設置しその為に就寝スペースが圧迫され、助手席ベッドという方法で逃げる方法で一応のリニューアルを完了しました。

結果はデメリットが多すぎ、2名就寝をメインに考えた場合は失敗だったという結論に達してしまいました。
ただし、1名就寝のみであればほとんど問題はありません。

デメリットの数々は
  • 助手席ベッドの収納場所を天井ラックとした為貴重な頭上クリアランスが無くなり居住性が著しく劣化した。
  • 助手席ベッドの重量が7.2Kgもあり使用材料の選択もあるが天井に置くには重いし、燃費悪化の要因ともなる。
  • 助手席をベッドとする為、以前は旅行カバンを置いたり、余分な寝具を置いたり、貴重な置き場が無くなってしまった。
  • 助手席ベッドを置くとスライドドア、助手席ドアからの乗降が殆ど不可能になった。
  • 厳冬期の助手席ベットは後部より寒さが厳しい(と思われる)
  • 床置き収納がそもそもの原因で、右サイド側面収納としなければ問題は解決しない。
成功だと思っていたのですがやはり自分の考えでなく、あるサイトのスバルサンバーの方の方法を参考にしたためです。多分その方は殆ど一人車中泊で、収納重視、早朝釣り行きの為の仮眠程度の考えからであると思われます。

ただ、バックドアから乗降せざるをえなくなったため内部からドア開閉できるよう工夫したり、リニューアルの効果も多数あります。
天井ラックの下では頭上スペースがない!
天井ラックは20センチ程の貴重な頭上スペースを犠牲にしてしまった。

再度、見直しします。床置き収納は画面左側と同じ壁面収納に変更します。
助手席ベッドは普段積載しない事にし、画像の天井ラックは撤去、銀マット収納の為だけのネットラックを復活させます。

下の画像は変更作業中です。これは簡単ですが床置き収納の変更は気が重い。
やっぱり網棚に戻す!
関連記事

| フラットベッド関連 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フロントシートスライドストラップ

先日に続いて同じやり方でシートスライドもストラップを引く事で可能としました。ストラップ”紐”です。スライドレバーに紐を縛りつけ後部座席側に通し輪を作ってそれを引くというやり方です。なんだそんなことなら誰でも出来るよ!って言われそうですがネット検索では見つかりませんでした。

エブリィの後部座席には後方からストラップでシートロックを解除できるようになっており、同じように原始的ですがスライドレバー(ハンドル)そのものを引くやり方を強引ですがやってみたわけです。
スライドレバーに紐をしっかり縛る
シートの上へ(いつも尻に敷く事になる)背もたれの間に差し込み後に通す。いつも座布団を敷いているので目立たない。
座席後に紐を通す。上のT型レバーは追加したリクライニングレバー
シートバックポケットにわっかを作って入れておく。お尻の下に敷いておいても操作する時は乗車していないので問題ない訳です。まず(ヘッドレストを外し)T型の黄色ハンドルを引きシートバックを前方に倒します。ストラップを引きながらスライドロックを外しシートを押せば前に(引けば後ろに)移動します。

これで助手席ベッドメイクが楽に出来るようになります。誰でも出来る無改造アイデアグッズです。なお引き紐は古いカメラのショルダーベルトを使いましたが、丸いものより、平型が良いと思われます。まあ何でもあり!

HPにも掲載しました。
フロントシート操作ストラップ追加 
関連記事

| シートリクライニングスライドストラップ | 14:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

給水タンク収納棚

こんなものいるか!
と 言われそうですが、実際に車中泊を1週間程昨年北陸、飛騨、信州へ単身で行きましたが結構水の消費量が多いのです。2リットルのペットボトルを3個持っていきましたが途中給水を入れて18リットル程消費していました。洗面や洗い物は一切使用していません。飲料のみです。

奥飛騨のとあるところで名水を偶然見つけたのですが、こんなときは給水タンクに詰められるのにと思ったものです。その目的だけではないのですがそれ用として使わなくても収納には便利に使えると思い、製作いたしました。
rightbox03.jpg
右サイド壁面収納です。地デジ用スピーカーが横へ向いてしまいました。また課題が出来てしまいました。
rightbox01.jpg
扉を開けたところ。揺れ止めを作っています。このままでも様々な収納に使えそうです。
rightbox02.jpg
10リットルの蛇口付き水タンクを載せました。走行中はもちろん縦置きです。固定ベルトが必要です。シンクはありません。受け皿くらいは必要かも知れません。これを設置した為ユーティリティボックスからサブバッテリーが追い出されました。
subbatt01.jpg
バックドアに当たりそうですが2センチの余裕があります。もう少し奥行きのある大きなバッテリーでも搭載可能です。
右サイド収納の製作記事HPはこちら

2012年1月~右側面収納は水タンク廃止。汎用収納に変更。左側側面収納は下部を廃止右側と同様としました。理由は水タンクは2リットルペットボトルを複数本に、左収納は二人就寝の巾が少なくなるため廃止し、収納部を上部に変更しました。
詳しくはHPにて。
関連記事

| ラゲッジ左右壁面収納 | 19:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リクライニングレバーを後席から操作可能としました

 車中泊を経験しフロントシートを倒すのに後席から操作がし難く困ったことを思い出し、ネットで調べていましたが、簡単に改造できそうになく、手抜きでは有りますが充分実用になるものを考案しました。
reclininglever02.jpg 
レバーに針金の穴を内向きに開けて先端に3ミリビスナットで抜け止めを作り収めます。
reclininglever04.jpg 
収めたらこんな感じ
reclininglever01.jpg 

助手席側です。手持ち自転車のブレーキワイヤーを使いました。
reclininglever03.jpg 
またも木切れのトッテです。
たぶんこのリクライニング後席操作レバーは重宝すると絶対思う!

関連記事

| シートリクライニングスライドストラップ | 18:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天井吊り下げパイプを設置

  以前全く同様のパイプを設置していましたがしっかり固定できず、強度が弱かったので撤去していました。理由は天井内張りを取付ける樹脂リベットの穴に6ミリスクリュ-ネジでLアングルを介し固定していましたがさらに屋根鉄板に凸を作ってしまい失敗した為です。

今回は先日紹介したターンナットを使用し、しっかり取付が出来ました。中空の深さは後ろ側は15ミリ強しかありません。TN-6では深さが足りず、PL-6でなければナットがターン出来ません。既にTN-6をたくさん買った後でしたのでTN-6を強引ですがナット先端をヤスリで削り取付が出来ました。削った長さは4ミリです。
右側内張りリベット穴の深さが浅い 
ターンナットの挿入でしっかり固定出来るようになれば、仕切りのカーテン、ロッドホルダー、網棚等々のアクセサリが簡単に取付出来ます。

Lアングルとパイプの固定はインシュロックでOK。ガッチリボルト締めしても屋根のフレームはそれほど強固なものではありません。逆にインシュロックが切断されるようなら重過ぎの物を載せた為なので安全ヒューズと考えて下さい。

関連記事

| 天井天袋収納 | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

右後部壁面収納ボックス製作

左後部収納に続いて右後部収納も作る事にしました。

同じ形にすると又、就寝スペースを奪う事になりますので50センチ程上げた壁面収納にしました。収納はいくらあっても良いとは言えません。収納が多いと無駄なものを積みすぎとなり、重量増による燃費悪化を招きます。

一旦取付けましたが塗装の為取外しました。小型ですが重量は3.2Kg。またも有り合せの継ぎ当て木材。リサイクル木材です。

これくらいの曲線カットでもジグソーがあれば楽に切断できます。他に工具はノコ、カンナ、ノミ、充電ドライバー、締め具、金尺、巻尺など

組立は、ばらし易いように接着剤使わずモクネジ組立です。

縦筋が見えますが1×4の2枚継ぎです。

扉は無しでもよいのですが上開きを取付。下に開いてテーブルにする方法も有るのですが理由があっての上開きです。トッテは付けずに穴を開けてトッテ替わりにします。
それにしても塗装がへたくそです。下地処理をきちんとしていないからです。早く作りたい、見てくれはあまり気にしない。実用本位。でももう1回塗る。
壁面収納
サイズは巾540奥行き最大300高さ(扉寸法)390高さ500

さて中身は何入れる? HPで近日公開します。
関連記事

| ラゲッジ左右壁面収納 | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ターンナット

天井などの内張パネルは樹脂製リベットで車体鉄板フレームの丸穴に止まっています。使用するにはネジを切って4~6ミリくらいのビスを使う。又、木ネジ、タッピングスクリューを使うなどが考えられますが、いずれも試して見ましたがフレームが薄いせいか強度的に無理、実用に耐えられませんでした。

ホームセンターでは中空薄板鉄板用途は探しても売られていませんでした。
追記:2013/07/25 イフワカイ製ターンナット6ミリが2個組ブリスターパック850円。HCで見かけました

ネットで探していると
ターンナットという名称の物が見つかりました。早速6ミリのものを入手しました。現在内装止めの穴は使っておらず、実際に使っているのはシートベルトボルト、リアゲートダンパー取付ボルト、アシストグリップ取付ボルトを使っています。取り敢えずは必要でないのですが何か活用できないか、いずれ使うかもと思ったのです。

ターンナット 4ミリ~種類がある 
イフワカイ(若井産業) のTN-6 全長23ミリ下穴は10.2ミリ 

エブリィに取り付くか調べて見ました。重要なことはターンナットの挿入時、深さが23ミリ以上無ければナットがターン出来ないという事です。後部の3ヶ所は〇 天井前部は〇 天井中央は×15ミリくらいです。

深さが15ミリの天井中央部はこれでは取り付きません。
インプルナットPL-6というのがあります。これなら15ミリですので取付OKです。価格は1個77円10個以上の注文で送料1260円です(小口注文代引きのみ)最初からこちらを購入して置けばよかった。

ターンナットを使用した耐加重はエブリィワゴンの場合精々数キロ程度の感じです。数十キロでは屋根がへこみます。重量は他の固定方法と複合的に分散させる様にしなければ屋根が変形します。  
 
下穴を開けるときはドリルストッパーを使用するなどして慎重に開けて下さい。下手をすると薄っぺらな外板を突き破ったり凸にしてしまいます。

エブリイ天井に取り付ける場合、あまり強度に期待できないようです。あくまで補助固定とすべきです。


後日天井吊り下げパイプを設置しました 左右天袋収納にも
関連記事

| 天井天袋収納 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |