2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

車載カメラスタンド

旅先でのドライブ動画撮影もたまにはして見たいと思い、カメラを取付ようとしておりましたがエブリィはダッシュボードのフラット部分がなくどうしようか考え中でしたが今日は暇でしたので木切れでカメラスタンドを作って見ました。
DMC-FZ38

2×4材をダッシュボードのカーブに合わせカットしたものです。ノコギリ、カナツチ、ノミ、木工金属ヤスリでざっと作ったものでいつもの様に格好はいまいちです。ダッシュボードと同系色で塗装すれば少しは格好がつくかも。

手持ち吸盤スタンドはハマ。吸盤用円形補助板を貼っています。ダッシュボードの間は脱着出来るマジックテープ。さすがネジ止めは止めました。



追記: 画像位置ではガラス反射映りこみがある事、外から見え目立ちすぎる事、で右済に移動しました。結果は良好ですが、余りズームアップすると振動が目立ちます。広角撮影では目立たない。
関連記事

| 車中泊グッズ自作 | 17:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

左右収納ボックス縮小変更

画像のごとく、シートベルト上部アンカーから共締めによりLアングルを装着し左収納ボックスの側面板を支えています。以前はあまり考えなしに収納容積優先し、ベルトアンカーを内側にしてシートベルトが使用できなくなっていました。今回やはりこれではいけないと考え直し、収納容積が少なくなりますが修正致しました。

leftbox_kai.jpg

 後部座席を起こした時のリクライニングはほとんど不可能ですが、正常姿勢は取れていますので問題はないと思われます。収納の横幅は左右共600mm。 
改良右側収納ボックス   
再々の作り直しの板材は再使用している為、見栄えは悪いですが実用的にはより、近付いています。
   
内部は収納品をまだ特定していませんので内部の棚は作っていません。代わりに上部にパイプを設置し吊り収納が可能な様にしました。あまり見せたくないものはこの様に隠す収納が必要です。
隠す収納  
詳細はHPに掲載しました。
http://www.geocities.jp/yuz0501/every/rightbox_kai.html
関連記事

| ラゲッジ左右壁面収納 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フラットベッド仕様変更。右後席復活バージョン

 フルフラットベッド優先で左右共後席を撤去していました。
当初は温存しながらフルフラットのつもりでしたが撤去したまま、小改造を重ねていた結果いざ後席を取り付けようとすると枠内に入らない。左右共前枠を撤去しないと後席が取り付かないという事になってしまっていました。

めったに3人や4人乗車する事は無いのですが1年に数回はあることはある。なのでもう一度後席をセットした状態で前枠を作り直しすることにしました。取り敢えずは右後席部のみ枠を作りました。

右後席部ベッド架台。脚が黒いのは黒塗装済のリサイクル材。
こんな感じです。土台部前後長は942ミリ(6フィート材の2分割)以前ポルテでフラットベッドを作ったやり方ですですがコの字型の脚付き枠を2個作ります。安定用補強横桟は1×4材で6ミリ鬼目ナットを埋め込みコの字2×4枠に固定します。画像は1個ですが2個の桟で固定すればより安定します。枠は置いてるだけで他の土台などには固定しません。 

以前の4足枠よりはるかに簡単に作れて、脱着簡単、軽量です。当初からこれにして置けばよかったと反省。木材量も2×4材6フィート1本半、1×4材6フィート1本、6ミリねじ込み鬼目ナット2個   詳細は後日HPにアップ予定。
左後席部ベッド架台の黒いのはグレーの布地を貼付
左側の4足枠は当分の間はこのままに。
シートを起こし乗車可能の状態3名乗車。 
先に左後席を復活させたかったのですがチラッと見える収納ボックスが邪魔して背もたれが全くリクライニングできない状態でした。実は右収納も同じで、取り敢えず後部へ一杯ずらし、何とか解決。シートベルトも復活し右側だけですが後部座席復活。

ひとり車中泊旅ではこの状態が便利かもしれない。

参考:右シートはおよそ20Kg。左右合計41Kg強。


関連記事

| フラットベッド関連 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |