2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

サブバッテリー手直し・・ ショットキーバリアダイオードを試す

   逆流防止充電自動化の為、北海道旅行前に購入したショットキーバリアダイオード(以下SBD)を試すことにしました。

変更場所は0.94Ω電流制限抵抗と交換するだけです。SBDは
MBR3045FCT (45V30A)で満充電近くで電圧測定すると充電電圧14.13V時バッテリに13.81V電圧降下は0.32Vでした。この時の充電電流は0.32Aです。

データシートには順方向印加電圧40V、1A時0.39Vとありますので予定通りです。以前一時的に使用していたシリコンダイオード大電流ブリッジはVF1.2Vのスペックですから1/3で済みます。

ダイオードの規格では最大耐圧45V最大電流30A。小型プラパッケージですが大電流を流せますが充分な放熱があっての規格です。有り合せの30*60*40のアルミ放熱フィンブロックにネジ留めしました。
放熱器は古いCPU用を半分に切断したものにネジ留め 
このSダイオードは中型TRに使われるフルモールドパッケージで2個内蔵されていますが単独使用です。

北海道旅行で使った7Aバッテリの寿命が近付いた感も有りますが、充電SWの入れ忘れの充電不足がありましたのでこの自動化で暫くテストしてみます。 走行充電だけで100%充電が目標ですが7Aの小容量バッテリだから可能だとは微妙に言えないようです。
 
追記: SBDだけでは、過放電に近い10.5Vの放電終止電圧まで放電させた場合、初期充電電流が最大充電電流を上回る場合が考えられます。一時的な投入時のピーク電流なので寿命にまで及ぼす影響は少ないと考えますが、0.47Ω程度の抵抗を入れたほうが安心かも。
追記: 2013/05/06 これでもエブリDA64Wは加速時などで頻繁に充電カットされている充電制御があり、充分な充電が出来ない要因があることが解りました。最終的には昇圧充電に移行しました。、

詳細な記事はHPで

サブバッテリシステム自作の記事はこちらです。2014/11/04

関連記事

| サブバッテリー | 18:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フロントシートスライドストラップの改良

 今回の北海道旅行では、ストラップはシートに食い込んだり左右にずれたりスムースな操作が出来ませんでした。また元通りのレバー操作。前にかがみ身を乗り出してスライドさせて使っていました。
食い込むんです
せっかく作ったのに残念な結果でした。帰ってから、機械式レバーが追加できないか検討しましたがセダンの様なスペースがなく、あきらめかけていましたが、ふと思いつき改良して見ました。
つるっとすべる様にしたい! 
シートに食い込まないようRガイドをプラ板で作り、R部に挿入したものです。同時に巻きつけたストラップはインシュロックで強化。 簡単な思いつきですがはるかに軽くラッチが外れる様になりました。完璧とは言いませんが実用上充分ではないかと思います。

プラ板は古い廃棄予定の灯油缶を流用、巾200mm位にR部をノコで裁断したものです。シート前端R部にぴったりフィットです。バックシート下部にも挿入。さらに滑らかにラッチが解除出来ます。プラガイドはずれない様マジックテープでシートに半固定。
この上にシートカバーを装着予定
 
通常必要の無い機能ですが、後部座席にはこの機能がエブリィワゴンにあります。フロント助手席側で同一機能をつけて欲しいです。スズキ自動車様に要望。
奥方様も座り心地の不満はありません 

HPの改良版追加記事はこちら

関連記事

| 車中泊グッズカーアクセサリ | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |