2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

エブリィワゴンサブバッテリー積載場所

 走行用バッテリーと 2個並べて置ける?   
 
エブリィ DA64Wのバッテリは荷室床下に配置されています.。現状の画像です。
 床カーペットに点検窓を設けてすぐ簡単に点検出来る様にしています。
左回り90度に置くと2個置けそう
未確認情報
ですが 
こちらのサイト 詳細は不明です。サイト主はDA64Vらしいので38B20L。エブリィは38B20Lですが、PZターボは55B24Lなので同じものでは無理かも。私のDA64W JPターボは同じ38B20L 。
 
画像などから判断すると、向きを90度変え、同じものを並べて置き、ステーはそのまま使う、板状のスペーサーで2個のバッテリーをまとめて押さえ固定しているようです。固定方法は少し不安かも。

PZターボは2個共55B19L に変更すれば可能?。

黒いカバー(バッテリトレイ?)は撤去し、金属トレイに直接置くとの事。

これがうまくいくのなら車内に高価な密閉型バッテリーを搭載せずに済み、安価な通常のバッテリーが搭載できます。現在使用中のたった7.2Aのバッテリーは14ヶ月経過、まだ健在ですが更新する事に。 

2012/12/31 検証実測 金属トレイは縦20cmくらいなので24cmの55B24Lはトレイに収まらない。 

問題は、バッテリー端子部が少し床に隠れ気味になるので安全性が確保出来るか、装着時危険を伴う、メンテがやりにくい。カバーが無ければ汚れやすくなると思われます。特に塩水をかぶった場合はすぐ水洗いが必須。 


後日の2個搭載成功の記事はこちら
関連記事

| サブバッテリー | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フラットベッド 実は傾いています

 今まで気にしてはいましたがフラットベッドの記事中ベッドの傾きについては触れたことはありませんでした。また、ごらんいただいた方々から指摘を頂く事もありませんでした。

実は適当にスペーサーで調整しています。実際に水平と思われる場所でスライドドアを開放してみると明らかにフロント方向が2%ほど高くなっています。スライドドアの内装の水平レベルで比較すると一目両全です。

実車は2%程度の傾きがあります。実は必要な機能なのです。

katamuki480.jpg
  スライドドアとの水平を眺めてください。駐車場所はほぼ水平です。
正確にベッドが車輌と水平だと前後の駐車向きを変えても駐車場の傾斜から逃げられません。なぜならこの数%の勾配は道の駅などでは排水を考慮し、数%の勾配を設けています。旧規定では縦方向2%以内横方向3%以内と定められていたようです。最近は駐車した車が勝手に動かない様緩い傾斜に改められているようですが。

私が道の駅を利用させていただく時は夜遅くになってからが多いのですが、大抵フラットに近い場所は既に駐車しており傾斜のきつい所しか残っていません。しかし横方向に勾配がきついのは困ったものです。横傾斜の無い場所を選択するしかありません。傾斜補正具が販売されています。実は私も以前自作していましたが道の駅などで使うのははばかられ使用経験はありません。

車を前後の向きを選択するだけでよいのです。実際北海道20日間旅行などでは傾斜が気になる、眠れない。などという事はありませんでした。 ただたまに、オートキャンプ場などではほぼ水平ばかりと云うのもあります。

あえて、フロント方向に40~50ミリ程度勾配があった方が実用的です。各部の土台脚にスペーサーをかませれば簡単に補正が可能です。 これを駐車場所の傾斜に合わせ簡単にその場で調整できれば理想的と思いますが。
(2%は200センチで4センチ)
関連記事

| フラットベッド関連 | 16:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミニオーディオアクティブスピーカー改造

 20年ほど前のパソコン用アンプ内蔵デスクトップスピーカーを後部の家庭用地デジチューナーバッファローDTV-S110 (改)のスピーカーとして使用していましたがあまりに古く、音も紙くさい古びた音になっていましたので数年前に買って使わないでいたスピーカーに交換しました。

ただ、アンプ無しなのでアンプのみ古いアクティブスピーカーから基板を取り出し食品用小型タッパに組み込みました。以前、ボリュームも新しいのに交換していましたのでガリも無くクリアに鳴ってくれています。ボックスが小さいので低音は出ませんがその分疲れない聞きやすい音。情報源のテレビ用として十分です。
旧アクティブSP

アンプ
アンプは出力2.5W+2.5W。基板にはTEA2025BというオーディオICがワンチップ。電源はAC100Vです。内部回路は12Vで動作しておりトランスなどAC電源は撤去し12Vサブバッテリ電源に接続しています。2入力切替で9'フルセグDVDにも対応しました。

超小型スピーカ サンワMM-SPWD3BK
固定せず滑り止めを上下に挟んでいます。
関連記事

| カーAV | 14:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

壁面収納キャビネット自作。  リニューアル!

 天袋収納が完成し、やはり左右対称に作ると統一感があり見栄えも良くなりました。

それに比較して昨年自作した左右の壁面収納棚は左右非対称で、不揃い、貼り付けた壁紙が夏場の車内高温と今の低温でしわしわと気泡が発生し、ひどい状態になっています。実用的には問題ないのですが、修復かリニューアルを考えていました。

そこで車中泊に出ないこの寒い時期に来年の為に作り直しする事にしました。とりあえず図面からとりかかり、型採りからスタートです。材料は節約1×4です。曲線カットするので無駄部分がもったいないのです。
お金があって時間の無い方はタモ材やパイン集成材などを使って下さい!
設計図
型紙です。
段ボウルで作った型紙
右側板塗装済み仮取付 扉、棚板作成金具取付
扉、棚板作成仮付け
そのまま1回目塗装
右側 
途中風邪を引き中断しましたが 12/20 ほぼ完成です。
最新画像20121221  
詳細は SLエブリィ車中泊DIY HPをご覧ください
関連記事

| ラゲッジ左右壁面収納 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |