2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

"何時でもナビ改良版"を製作しました。

 モニターしていただいた方から貴重なご意見レポートを頂戴しております。

何時でもナビのはずが再起動してしまうとの情報を頂きました。いずれもP社HDDナビです。モニター戴いた方レポートのお礼申し上げます。また目的の”何時でもナビ”の動作が得られなかったことについてお詫び申し上げます。

リレーの切替時の瞬断によるものと思われます。私のサンヨーメモリーナビ、エブリイDA64Wでは問題は無いのですが。昨日、何の気なしに何時でもナビSWオンしたまま、エンジンを切りました。すると再起動しているでは有りませんか!ノートPCにインバータ経由で充電動作チェック中でした。そのままエンジンを切ったのです。

その後何度も再現テストしましたが再現しません。

いずれにしてもACC瞬断によるものでありHDDナビだけではなくメモリーナビも再始動する場合がある-ようです。

なお、"何時でもナビ"の出力にACCオプションを繋げた方からレポートを頂きました。ナビに連動した後席モニターやカメラなどを接続されていました。"何時でもナビ"のACCは信号切替にしか使っていませんが、車両側配線、ヒューズ容量、"何時でもナビ"のリレー接点容量に余裕があれば可能かと思われます。が再起動については問題が残ったままです。
回路を改良するしか有りません。そこで下記の回路ではどうかテストすることにします。

nabikairyou00.jpg 
変更部分は以前のリレー③を廃止し、ACCの保障を逆流防止ダイオードによる重畳回路に変更しました。各モードを回路を追って検証しましたが、実際に回路を組み立てて実地検証し、確実な動作を確認しなければなりません。

今回の改良案はACCのバックアップを逆流防止ダイオードを使った信号重畳方式に変更したので機械的な遅延は解決出来ると思います。本日テストしたところ、問題なく動作いたしました。

今回の改良版で解決できれば良いのですが。常時電源側のセルモータによる電圧降下が原因のリセットであれば効果はありません。 これの対策は昇圧回路追加が必要となるかも知れない。それよりメインバッテリのランクアップしたほうが効果的だろう。

また、ACCオプション連動する場合でも車両側のネックがなければファストリカバリ・ダイオードER504は5Aなので何とか足りると思います。(テストは1N4007)

追記:この記事は重大な誤りがありました。再起動の原因はメモリーバックアップの為の常時電源に蓄えられた電源が逆流してしまい、最悪リセット再起動となってしまいます。恥として削除せず残します。


関連記事

| 何時でもナビ | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

後部天井ネットラックを リニューアル

 ネットラックをリニューアルしました。 台所用ワイヤーネットでリニューアル
schirnet.jpg
ゴルフネットをスチールネットに交換しました。100均のワイヤーネットの名称で台所などに使われるものです。サイズは620×330㎜ 升目は36mm 3枚使用しました。ありあわせのスチールポールにインシュロックで縛り付けました。左右の後部隅部分は狭くなっていますので1マス目分カットしました。 
 リニューアル前の画像です。
rl12v_fl1.jpg
ゴルフネットから変更理由は垂れて来る事です。スチールネットで見た目もすっきりした様に思います。まあ気分転換くらいの感じですが。ついでに窓目隠し銀マットも一部ブラックテーピングしたり、銀マット収納袋もバスカーテンとして売られているものを袋状に接着、作り直しました。
関連記事

| 天井収納ネットラック | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サーキュレーターファンを設置しました

 サーキュレータファン。車室内空気循環扇風機です。
用途は天井付近に溜まった暖かい空気を室内循環します。緊急暖房用カセットガスストーブを点火した際、どうしても頭部付近ばかり暖まり室内全体が温まりません。室内全体を均一に暖める目的です。

エブリイは軽四.室内容積も少ないので、換気扇にも使ったPC用12cmファンを使用します。天井付近の空気を下方に循環させるだけの用途なので下向き固定です。パソコン自作用のストックがありましたので早速取付けてみました。パソコン用途ではもう不向きな音のうるさいので交換した旧型12cmファンです。逆にこの方が風量も多くてよろしいのです。(そう思ったのですが、実際に取付けてみるとやはり少しうるさいし、電流も0.3Aと食い過ぎでした)

ローコストサーキュレータファン
天井中央です。左右天袋キャビネットの左右連結板に木片を介して取付けました。小型軽量なので片持ち固定です。方向は変えられません。
pcファン活用サーキュレーターファン
実際に使ってみました。頭上の暖かい空気を何とか循環してくれますが、少し力不足です。後日1個追加してみようと思います。
緊急暖房用に使えそうです。結露にも効果があります。長時間使用する場合換気扇も併用しなければなりませんし、5℃以下では気化しにくくなるので使えません。ストーブの固定も合わせて何か工夫が必要です。
関連記事

| 網戸と換気扇 | 17:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミニカセットガスコンロの折畳み収納式置き台を作る

 車内で火を使うのは危険が伴います。本来ガスコンロなどは台も含め車体に固定しなければなりません。これまでその都度車内の換気扇の近くで折畳みアルミテーブルを広げ、転倒などに注意しながら使用していました。

狭い車内で面倒な作業でした。コンロの固定まではやりませんが、以前作った木製L型折畳みテーブルを可動式半固定で取り付けてみました。簡単な構造ですが、半固定されますので安全性は向上します。

totenew1_480.jpg
以前に作ったL型折りたたみテーブルです。棚板の端切れで作りました。小型の蝶番100均で調達。
totenew2_480.jpg
起こしてパッチン錠でしっかり固定されます。
totenew4_1024.jpg
L型テーブルに6mm鬼目ナットを埋め込みます。既存の高床式収納キャビネットの脚部に穴を開け木片でツマミをつけたお手製の手ネジでテーブルを片持ち半固定します。
totenew3_1024.jpg
片持ちですが手ネジで固定すれば脚部とあわせ転倒する事はありません。ついでにテーブル端は2mm角棒を接着し、滑り止め落下防止しました。ミニコンロ専用台としての広さしかありません。
下部左側が手ネジで半固定され上部に折畳むみマジックバンドで収納
この様に窓側に立てる形で収納します。固定はマジックテープですが、落下するようならテーブルを固定した方法と同じ固定に変更すればよい。がまず、大丈夫。
コンロや鍋釜は左の収納キャビネットに収容されています。短時間で準備、片付け出来るようになりました。

今までコンロ台にアルミ折畳みミニテーブルを使ってきましたが、アルミテーブルは食卓テーブルに使って広く便利に、しかも火器安全性も向上しました。何より狭いエブリイの場所を取らないのが一番。
追記:
 この折り畳みテーブルの構造は片持ち支持の簡単な構造でしたのでしっかりとした改良型に変更しました。HPに掲載しています。
関連記事

| テーブル | 08:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道の駅駐車場で見たくない風景パート2

 住いからは超遠距離になる信州、関東方面に10日間程出かけました。好天に恵まれ40年以上前、修学旅行以来の日光などすばらしい景色を楽しんで来ました。

修学旅行と言えば日光、箱根など各地は小学生の修学旅行か遠足か大変にぎわっていました。中学高校生はとんと見かけませんでした。また大声でちょっと耳が痛くなるほどの中国人観光客も大挙して戻って来たようでした。

車中泊は関東に近くなるにつれ、なぜかマナーのひどさを感じてしまったのは私だけでしょうか?

一見、車中泊しているのが解る風景。よく話題に登場する道の駅・草津運動茶屋公園。
キャンプ場の芝生ならOKです
迷惑行為とは言えませんがちょっと気になりました。見たところロングハイルーフの広々ハイエースで、車内に履物が置けないほど窮屈ではないはず、車内を汚したくないとか、履物を脱いだり履いたりするスペースが無いとか。

私はこんな光景を人様に見せたくない為、狭いエブリイの車内で履物が脱ぎ履き出来る様工夫しました。このスペースは車内で靴を履いてからドアを開けて出る。入ってすぐドアを閉めてゆっくり靴を履いて床面に上がるという使い方です。マッドルームとかマッドスペースとか。無い場合上のハイエースの方の様に車の外で履くしか有りません。
寒いとき、雨の日、夜間、またマナー的にも重要な事です。 これは重宝する事間違い無し。
狭いながらも玄関

次は北海道では良く見かけた風景ですが、こちらは奥日光戦場ヶ原 三本松茶屋駐車場
駐車スペースで朝食風景
この年齢になると恥とは思わなくなるのかもしれません、小学生の修学旅行生の目など周囲を気にしながらのキャンピング行為は当人たちも何とも無い筈は無いと思うのですが。朝8時過ぎの駐車場で朝食風景。平日でガラガラの駐車場で、景色も良くて開放感に浸り、ついやっちゃった行為でしょうが。車内も開けっ広げ、丸見えでこれはもう車上生活者にも見える。

関連記事

| 車中泊マナー | 11:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

絶景に感動

 2回目の美ヶ原でしたが今回は好天に恵まれ初秋の澄んだ空気で360度見渡せ、日本有数の名山が見られました。

徒歩登山の経験は殆どなく里山程度の私には生きていてよかった!と思うほどでした。たくさんデジカメで撮影しましたが、帰って来て見直すと、やみ雲にシャッターを押しただけで山の風景写真を取るだけと思っていたのが恥ずかしくなるほどでした。 枚数が多くても無駄な写真ばかり。

9月28日乗鞍、29日は上高地から松本、美ヶ原で宿泊。30日は早朝美ヶ原から霧ケ峰白樺湖小諸へのルートでした。
norikura01.jpg
ほうのき平Pからバスで乗鞍スカイライン畳平。15分で登れる魔王岳2764mから眺望。奥の高い山が乗鞍で一番高いところ剣が峰3026mここへは1時間30分次回に。
norikura02.jpg
北の方角。右側が穂高連峰。上高地も槍ヶ岳も見える。手前少し低いのは焼岳。左の奥の形の良い山は笠ケ岳右側の谷は奥飛騨。
hodaka.jpg
翌朝、あかんだなPからまたバスで上高地へ、河童橋から穂高を望む
ougatouyukesiki.jpg
山本小屋美ヶ原高原、牛伏山2016mから見た乗鞍へ沈む夕日。明日歩く予定の王ケ頭2034m。
yoake.jpg
6:17起きると既に陽は登っていました。残念。雲海から登る朝日は見られなかった。
asama01.jpg
北東方向に浅間山もくっきり。朝方冷え込みました。初秋の雲海に感動!
asama02.jpg
 長野市方向北アルプスの白馬や妙高が見えているのだと思うがどれがどの山かはわかりません。
yatugatake.jpg
山本小屋駐車場から見た中央が蓼科山2630m続いて八ヶ岳連峰、右端の赤岳は2899m。右端に霞む、富士山が見えた!歩いて王ケ頭ホテルまで歩く。
utukusinotou.jpg
 私たちの若い時代の恋人のメッカ。美しの塔。鐘は固定されていた。王ケ頭ホテルでコーヒーを飲む。
yari.jpg
王ケ頭からは西方向に北アルプスの眺望が開く。穂高、槍ヶ岳など。
minamialps.jpg
南アルプス。中央部二つのこぶが手前北岳3193m日本第二の高峰だ。奥が間ノ岳3189mこの縦走は登山者なら一度は踏破したいルートだ。
kitadakeainodake.jpg
望遠して見た、手前が北岳。並び立つ右側が間ノ岳(あいのだけ)
ontake.jpg
御岳山3067mを望遠してみた。日本一の山岳信仰の山。独立峰だ。
fuji2.jpg
車山 近くの富士山眺望スポットからくっきり見えた。
 
fuji4.jpg
最後の日富士宮市139号線から一瞬の雲間に見えた富士の山。 台風が近付いているので荒れ模様。富士宮ICから一気に広島まで帰宅。
10月に入ったばかりで紅葉シーズンでは有りませんがのんびり日本一の高原散歩を楽しめた旅行でした。

ちょっと気になったのは富士山て夏でも雪をかぶっていたんじゃなかったっけ?なんか山が低くなった気がする。
2200Km余りを走破。久しぶりの長距離ドライブでした。
関連記事

| 車中泊ドライブ記 | 14:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旅先でヒューズの断線トラブル 

 9月末から北関東や信州への長距離ドライブに行っていました。
たくさんデジカメで写真も撮影し、何時もの通りデジカメのバッテリーを車内のACCから100V150Wインバーター経由で充電しようとしました。

以前から起動時"キーン"という異音が発生していたのですが今回は何度SWをオンにしてもランプが光りません。そこで故障したと判断し使用中止すればよかったのですが、サブバッテリーにも繋いで見ました。そうすると一瞬キーンという音がしましたが同じく電源ランプも点灯せずく起動しません。

エンジンをかけるとアレッ?! 自作の昇圧充電も充電ランプが転倒せず充電電流も流れなくなりました。


長野の善光寺をお参りした直後、駐車場の出来事です。困りました。旅を続けるには修理するほか有りません。

まず近くのホームセンター駐車場で点検開始です。安価なテスターを購入し、車のACCの電圧チェック。電圧が出ていません。
切れた電源取出し改造ヒューズ
室内ヒューズボックスACC1の15Aヒューズです。このヒューズはサブバッテリーのリレー制御への電源取出しを兼ねています。自作の電源取出しヒューズです。低背ヒューズではなくミニヒューズで自作した電源取出しヒューズです。予備のヒューズに交換したらOKでしたが、電源取出しリード線付の予備までは持っていません。

またサブバッテリーの負荷側に入れていた15Aヒューズも同じく断線、予備と交換。

再びホームセンターに入り、カー用品コーナーで電源取出し付きの低背ヒューズを購入しました。例のエーモン製。リード線の接続はしっかり巻きつけテーピング接続。帰ってから圧着接続するとして修理完了です。テスター代1290円。リード線付きヒューズは確か370円くらい。

Celllster HG-150/12Vの故障による車両側のヒューズ断線でしたが、本来はインバーターの15Aヒューズが飛んで欲しかったのですが、同じ容量のエブリイの15Aが飛んだと言う訳です。

インバーターも旅を続ける以上必要なものです。物色した結果、Bal 1746 USB付カーコンセント30W(黒)  1980円を購入。150Wより割高でしたが、小型でダッシュボードに置いて使うには便利。容量も小さいけどカメラや携帯の充電には充分。
Bal 1746 テーブルタップ型30Wインバータ

これで何とか旅を続ける事が出来ました。
関連記事

| カーアクセサリー | 14:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |