2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

何時でもパワーウィンドウバージョン履歴

最近になって読者の方から製作依頼が2件続きました。

この機会に改めて過去に作ったもの、改良してきたものを整理してみました。

読者から観て何がどう改善されているのか経緯が解るようにまとめて見ました。自分でも整理がつかなくなっていました。 最終バージョンはVer04 CMOS版。→2015/03/12 リレーをFET化 Ver05

何時でもパワウィンドー
 
 •何時でもPW Ver01簡易 目的を達成するだけならこれで!    
     ◎電源挿入付きヒューズと挿入ヒューズの追加のみで作りやすい
     ▲欠点は操作に両手が必要  
     ▲逆流によりヒーターファンが回る(ファンSW入れっ放しの時)
Ver 01 

  
•何時でもPW Ver02  タイマー基板追加、片手ツータッチに改良
     ◎タイマー起動中操作可能となる
     ▲逆流によりヒーターファンが回る(ファンSW入れっ放しの時)
     ▲555タイマーは待機電流10mA、TRタイマーはゼロの2種類作る
            ▲上記基板追加が必要難易度が上がる。
Ver 02 

  
•何時でもPW Ver03    逆流によるヒーターファンが回る不具合を解消
     ◎タイマー起動中操作可能となる
     ◎ヒータファン回る不具合解消(逆流防止大容量ダイオード追加)
     ◎スタートSW押しボタンに動作中確認可能なLEDを内蔵した。
     ◎待機電流ほぼゼロ(TRタイマー版)
     ◎電源挿入30Aヒューズは延長アダプター式とした(新規購入不用)
Ver 03
   
 共通しているのは既存配線の改造はなく、追加部品を挿入するだけなので何時でも元通りに戻すことが出来る事。自作が簡単、ローコストである事。

以上が変更経緯となります。何時でもPW Ver03 で必要充分な機能を備えましたがも改良の必要はあると思っています。タイマーは超簡易型のトランジスタタイマーです。簡単な回路でローコスト、待機電流もほぼゼロですがタイマー時間が正確でないこと、リレー励磁電流が減少していくことによる問題があります。

Ver03の問題を解消した Ver04基板+リレー。
pw_04_kiban1024_1.jpg
   •何時でもPW Ver04 の変更点  
     1 タイマーICを5V動作Cmos LMC555CNに変更        
        12Vダイレクト又は低損失3端子レギュレータにより待機電流は0.1mA
        以下になった。
     
     2 タイマーは動作時間可変VRを追加した。20秒~70秒

 Ver04 詳細公開  
  

追加2015/03/12 Ver05
最終版Ver04 のリレーをパワーFET版としたものです。リレーが無くなり励磁電流がゼロとなり、より省エネとなりました。スタート時のカチ!音が無く、無音の動作なので動作チェックは押しボタンLEDが頼りです。
pw05_1280.jpg
他はVer04と共通。(LMC555は3.3V動作暗電流は1mA以下)

関連記事

| 何時でもパワーウィンドー | 10:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

超簡易版【何時でもナビ】 お勧めです。

HPでアクセスの多い【何時でもナビ】、【何時でもパワウィンドウ】 ですが電装回りですので電気に多少経験のある方以外は敷居が高い部分もあり、手が出しにくいようです。走行充電についても昇圧充電が理想的であることは御理解頂いても自作をする方は極、稀れの様に思われます。

他の自作記事、マイコン式昇圧走行充電器については殆ど商品として販売されて折らず、自作以外に方法が無いのが現状なのです。いずれどこからか画期的商品として販売されることに至るとは思いますが。これの自作をお勧めするのは無理としても、一般の方々にもチャレンジして欲しいなと思う記事は【何時でもナビ】、【何時でもパワウィンドウ】 です。

前回のブログにも書きましたが、読者から時折製作依頼が舞い込んできますが、自分としては画期的な方法であると思っていた【何時でもナビ】超簡易版については記事を書いて以来問い合わせなど全く反応を頂いた事はありません。

サブバッテリ不用のナビ再起動防止と、メインバッテリが上がる恐れはありますが【何時でもナビ】の機能も果たしてくれる優れものだと思ったのですが?。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

確かに【何時でもナビ】SWを入れたままエンジンを切るとバッテリ上がりになる事が最大の欠点であるのは事実ですが、それはライトの切り忘れと同じことなので。。。。カーナビだけが何故キーオフ後動作させないのでしょう?全メーカー足並みを揃えて。それをカバーする【何時でもナビ】超簡易版なのですが。

超簡易版はモニタープレジェントすら反応がありません。どなたかテストしていただけませんか?
私のサンヨーSSDナビはまず問題なく動作するし、動作電流も2A程度でエンジンオフでもハイエース級なら一晩くらい平気と思うのですけれど。
エンジン停止中にルート設定

車中泊用途だけが【何時でもナビ】 、【何時でもPW】ではありません。再起動防止だけでもありません。エンジン停止時にナビでいろいろ調べたい場面はたくさんあるはずです。DVDを観るのも、テレビ機能で情報を得るのも。さまざまな便利シーンが【何時でもナビ】で広がってくるのです!

【何時でもナビ】機能について、カーナビメーカーは何故ACCオフ時起動する機能を付けないのか不思議です。要望、要求はあるはずです。安全面やバッテリ消費の問題は警告やパワーオフメッセージなどで対応可能なはず。

【何時でもPW】についても安全面と、バッテリ消費の問題でしょうがこれも良く考えれば解決の方法はあります。アイデアメーカーに提案しようかな?
関連記事

| 何時でもナビ | 10:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【何時でもPW】 再び作る

 自分用ではありません。たってのご要望で有償でお作りするものです。
10A級サブバッテリ走行充電がひと段落し、エブリイのDIYもだんだんやることがなくなってきました。北海道から帰って来て孫では無いけれど孫?の相手に飽きてきた頃でした。(その孫?は親が転勤で2学期から熊本だそうで寂しくなります)【何時でもパワーウィンドウ】 基板+ハーネス組 完成品
暇にあかせて数ヶ月ぶりでの電子工作もまた、楽しいものです。北海道での旅行中、【何時でもナビ】、【何時でもPW】はなくてはならない装備のひとつで自分のオリジナルでもあり大変重宝しました。

今までに、モニタープレジェントが10台余り、有償で提供したものも5台ほどありました。【何時でもナビ】や【何時でもPW】は電気に少しでも携わったものであれば簡単に作れるものですが、電気は苦手という方にとっては簡単にDIYという訳にはいかないようです。しかし私も実感していますがいずれも、車での旅行者にとっては無くてはならないもので自分の車にも装備したいと思うのは当たり前の様に思います。

既にもう多数の方々に取付していただき便利さを実感された方からのコメントを頂いています。スキルのある方は簡単に自作出来、多数の方が自作され自分のl車に装備されている事と思われます。

電気物は自信無いという方でも何とか自作したが、動かない!という方にも動作可能までサポートさせていただいたりもしました。多少なりとも世間の方のお役に立てているのかなと、自己満足しているところです。
ついでにHPの【何時でもパワーウィンドウVer03】取付取扱説明書をリニューアルしました。
関連記事

| 何時でもパワーウィンドー | 18:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北海道30日

 北海道1ケ月の旅行はさすがにちょっと疲れました。
疲れないように気をつけたつもりでしたが、連泊時以外はつい欲がでて1日平均200Km程の走行になりました。前回行けなかった場所も予定したところはほぼ行くことが出来ました。
名作「喜びも悲しみの幾歳月」に登場する最初の灯台小樽日和山と鰊御殿
石狩浜灯台。今は燈台守の官舎は無い。
今回は小樽の日和山灯台や石狩浜灯台、オロロンラインでの雄冬、増毛。美深で連泊しした事や松山湿原、ワッカ原生花園など細岡展望台など湿原巡りも。もちろんほぼ毎日、雄冬温泉などモール温泉や相泊熊の湯など素晴らしい露天風呂など日替わりで堪能してきました。
帰りに立ち寄った八幡平の後生掛温泉
スーパ銭湯風でも函館の東前温泉が気分的に1000円散髪も兼ねて北海道の旅の温泉終着駅になりました。東北でも後生掛温泉や鳴子の滝の湯なども堪能しました。
紋別やまからオホーツクの海を眺める 
紋別山からの眺望。海と空の境が白く見えていました。何故このようになるのか不思議なグラデーションです。一日ずっと観ていると色の変化が面白いのではないかと思いました。
つつましい2人用テント。これでも車内泊より広々
エブリイで2人で毎日車中泊はつらいところがありました。車中泊は雨の日だけ。天気の良い日はキャンプ場でのテント泊。、ホテル泊は2泊のみでした。観光気分はもう結構というまでにはいかないけれど、
今年も釧路町の来止臥(キトウシ)野営場。念入りに掃除させていただきました。 
今回も無料キャンプ場ではトイレ(男子)、水場の清掃のボランティアを勝手にやらせていただきました。と言っても無料は5箇所.。1箇所はあいにく雨の無人独占状態での鶴居村オートキャンプ場でしたが、朝退場する時有料に変った旨の表示がありました。まあ知らぬ事とは言え、勝手にありがたく無料で泊まらせていただいたと言う事にしました。 稚内森林公園キャンプ場では管理人さんが早朝から出勤の為出番無し!。上磯ダム野営場は管理人さんの素晴らしく美しいトイレや水場の管理でこれまた出番無し。
山部太陽の里キャンプ場
富良野の山部太陽の里キャンプ場はでは目の前で早朝無人の野菜市が開設され、100円でたくさんの量のトマトなどの野菜を買わせていただきました。その分トイレは余計に念入りご奉仕!

もちろん有料でも300円前後の美深やオンネトー、知床、羅臼国設など公営野営場しか選択していません。念入り清掃とまではいきませんが使った後は使う前より綺麗にすることくらいは当たり前として気分良く利用させていただきました。ただし、マナーの悪い方は今回も増加している気がします。でも注意はしないほうが良いと体感しました。道の駅なとわえさんで草むらでの犬の散歩中の糞放置を見て注意したら逆切れされ、させていません!確認して下さい!と怒鳴られました。(岡山ナンバー40代?の女性で持ち帰り用具持参無しで散歩でしたのに)もちろん反論などしません。意味が伝わっただけで充分。ただ、ウンチの処分まではさすがの私も出来ませんでした!

こんな事があってもやはり来年も行きたいと思っています。ただし、来年は多分シングルで時期は7月から8月。北海道の夏をすごしてみるというのか、農家で草抜きや牛の世話などボランティアをやらせてもらうとかの北海道で長期に生活してみるというのはどうだろうか?

≫ Read More

関連記事

| 車中泊ドライブ記 | 17:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |