2015年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

車載テレビの選択枝 AGS19RZ3

車載に適した液晶テレビ
  1. DC12V電源で動作。またはDC電源
  2. 消費電力の少ない。 TN型液晶となる
  3. データ連動受信可能なもの
  4. 出来ればBSも
  5. 画質もそこそこ良いもの
  国内メーカーには適当なものは少ないし価格も高い。

2万円以下で購入できるものはあるがBSやデータ放送対応の物は少ない。
見つけたのはCANDELAというメーカーの AGS19RZ3というものジェネリック家電だ。でも車載するには都合が良い点がある。

消費電力22W と少ないない事。これは使用するパネルの違い。IPSパネルなど高画質。画角特性は優れているが
消費電力が大きい。一方TN液晶など低価格品は半分程の消費電力で済む。しかし画質、色再現性がよくない。画角も見る方向がずれると黒っぽくなったり、白む。AGS19RZ3はTN液晶でも画質がそれほど国内メーカー品に比べ悪くないと思うレベル。
ACアダプターは19V3.42Aの物が付属している。 液晶以外は国内メーカーと同等スペック。

地デジデータ放送BS/CSもOK。国内家電メーカーは全機能対応しますがAC100V専用で消費電力も大きい。
さて電源の問題だ。AC100V専用機種はインバータを使うしかない。AGS19RZ1はDC12Vが使用できたが、
AGS19RZ3ACアダプター電源は19Vとなった。インバーターを使うか、12Vを19Vに昇圧するしかない。

ヤフオクで展示開封品というのを安価に落札することが出来た。19V昇圧アダプターは以前ノートPC用に作ったものがあるのでそれを使用し、テストしてみた。DCプラグは外径5.5mm内径2.1mm標準タイプ。結果はノイズ混入などの問題もなくAGS19RZ1同様車載が可能となります。
P1040300_1280.jpg
車載用自作19VDCDC昇圧コンバーター。ケースはステンレス製ミニタッパにいれた。
19VDC電流測定結果は凡そ 待機時0.5A 受像時2.1A  自作の19V昇圧コンバータはコアから"チー"という高周波音がするが殆ど温度上昇もなく余裕でした。19V動作でDCDC昇圧コンバーターを使う場合入力の12Vが変動して19V定電圧動作するので走行中でも電圧が問題なく視聴することが出来る。

DC12Vの機種では走行中は電圧が14.5Vにもなるので電源部の損傷のおそれがあるので12V低電圧機能を備える必要がある。
しかしDC19Vの機種では当然昇圧コンバーターを使用するが中途半端な12V動作より昇圧DCDCコンバータ使用するほうが安定動作が見込まれる。 そう、考えると19V機種を選択するのも悪くない。

もちろん80W程度のインバータでAC100V給電でも使用可能ですが、直接DC昇圧の方が効率がよい。
待機電流0.5Aは留守録機能などの為。本体の電源SWでオフにしなければならない。リモコンでオフは待機電力が0.5Aは大きすぎる。省エネモードにはなるがHDD留守録などが出来なくなる。
追記:
 実はもう一台リモコン欠品の中古機を購入しました。で、代用品としてリモコンは学習リモコンUMA‐PLRM03Korea製を購入しました。純正4250円を購入すると高い買い物になってしまう。
UMA-PLRM03_240.jpg 

AGS19RZ3はUSBHDD録画機能もあるのでこのリモコンのボタン数では足りない。

カテゴリボタンが4個あるけれどこれには登録は出来ない。

無いボタンは地デジ、BS、録画ボタンや録画リストボタン、10、11,12も無い。無いものはそれぞれ、オプションボタン、0ボタン、消音ボタンまた使わないチャンネル数字も割り当てます。チャンネル番号も順、逆送りボタンで代用可能なので、他の機能を割り当てることも出来ます。リモコンの裏にでも設定ラベルを貼っておくことにします。

≫ Read More

関連記事

| カーAV | 09:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

多目的 折畳みテーブル 完成

 キャンプ場で使う折畳みテーブルです。

アイデアは昨年中札内のキャンプ場でお会いしたG氏からいただきました。G氏と違う点はテーブルをパッチン錠で固定した事、材料がパインを桐材とした事、寸法をSLエブリイホームメイドキャンパー左右壁面収納キャビネットに合わせて折り畳み収納にした事くらいで殆どパクリに近い。
用途
 ★カセットコンロ台、風防付
 ★テーブルにも使える
 ★フットレスト としても使える

構造
 ★蝶版による折りたたみ式で収納にかさばらない
 ★テーブルはパッチン錠でしっかり固定できる頑丈さも備える
 ★軽量な事 
 
材料は桐集成材 幅50、厚さ13の棚板です。

桐棚板は非常に軽いですが、強度不足、そり、曲がりがあり脚部の多少の曲がりは容赦できても天板を置いただけではがたつきが発生し、よろしくありません。

この問題は左右に取付けたパッチン錠で解決しました。

カセットコンロは風が無ければテーブル上で、風があるときは内部に置いて使用します。内部の防炎は短時間であればなくても良いのですが100均アルミ箔の風防をホチキスで貼り付けます。(私は取付けていません)

100均ニスで塗装しテーブルは仕上げのウレタン塗料を塗って完成です。
折畳み収納時は100斤のマジックベルトで縛る
折畳み状態。折畳み寸法560*360*55 ウレタン塗装済み重量2.8Kg。マジックテープベルトで縛ればコンパクトに収納。
棚板用桐集成材1枚で造りました。
展開します。
テーブルは左右のパッチン錠で固定。
テーブルを載せパッチン錠で固定する。 脚(スペーサ)はありませんが、収納寸法が大きくなり考慮中です。
そっけないけれど何か装飾を施せば格好が付くかも。
前から見た画像。囲い付座卓の感じ。味もそっけもない。実用本位。
左右収納キャビ袖部に合わせて作ったのでぴったり納まるはずです
SLエブリイホームメイドキャンパー後部左右収納キャビネット袖部分に折り畳み収納する。
塗色も合わせたので違和感は無いはず。
ぴったり収まる。
従来のアルミミニテーブルも収納可能でした。
以前から使っていたアルミミニテーブルも3センチ程出るが、収納可能なので2個持参できる。これで車内作り付けの折りたたみテーブルと併用も出来る。
2016年8月。 北海道のキャンプ場で大活躍でした。

campteble1280.jpg

≫ Read More

関連記事

| テーブル | 19:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

折畳みテーブル自作

  北海道旅では道の駅車中泊はやむを得ず数回行いましたが、殆どがキャンプ場での宿泊で雨天以外はテント泊でした。

食事はテントサイトでの自炊となります。天気が良ければ、持参したアルミ折畳みミニテーブルでのカセットコンロでの自炊でした。風が強い時はダンボールで風防をつけたり難儀しましたが、これもまた楽しい思い出となりましたが。

P1030378_a1280.jpg
非常に不安定です。脚が短く、接地部が丸く地面を掴まない為、転び安い。また、風があれば炎が消えそうになる。これの良い点は軽くてエブリイの左右壁面収納の袖にぴったり収まることくらい。

札内川園地キャンプ場で昼間は蚊帳テント内で長期キャンプ(夜は車中泊)されていた方が現地で木製折畳みテーブルを自作されて使っていました。概略高さ400mm、巾600mmの箱ですが、風のあるときはそのテーブルの下にカセットコンロを移動して使用する。もちろんテーブルの上にカセットコンロを置いて使用したり、調理台や食卓、時には休憩時には折畳みチェアーとセットでリラックスした長椅子の様な姿勢もとれる。

unifremtakibi1.jpgアマゾンで探してみて唯一使えそうなユニフレームの焚き火テーブルと云う物

脚部を囲むように風防を作れば希望の物が作れそうですが。

焚き火テーブルと称するくらいですから耐熱性や強固さはホームセンターの安売り品とは比較にならない。

この価格は7200円送料込み。
 エブリイの限られたスペースに積載する為に自由に寸法を決められるには自作するしかない。図にして見た。
oritatamiteble.jpg
さあ、どんなものが出来るか。
今日製作するつもりだったけれど材料調達先のホームセンターが台風15号で臨時休業。材料費を押える為、1×4材を使う。隙間を何で塞ぐか、耐熱対策をどうするかまだ検討中だ。
関連記事

| テーブル | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お知らせ

 期間限定 モニター販売コーナー

 開設中です。  今回は8月末まで

【何時でもパワーウィンドウ】、【何時でもナビ】などをモニター販売しています。
 
 無くなり次第終了です。 個数はごく少量です。早めにどうぞ。

 ご自分で取り付け作業が出来る方、簡単なモニター報告をお願いします。

≫ Read More

関連記事

| 未分類 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私流  道の駅車中泊

基本的に道の駅車中泊は利用しない方が良いと思っています。2015年の北海道旅では大半はキャンプ場でしたがやむを得ず道の駅車中泊もありました。本州側での往復は全て道の駅でした。下調べ、準備をしっかりしておけばキャンプ場を見つけておくことも可能だったかもしれません。本州では北海道の様に安価に気安く泊れるキャンプ場が少ないのも事実です。

道内では道の駅、SA,PAでの車中泊はしないようにしましたが、使用する場合は極力短時間で済ませる事を心がけたつもりです。今回も道の駅車中泊で気分良く楽しめた事は一度も有りません。同じ車中泊の方々のマナーの悪さに自分も大して変りは無いと思うばかりです。

私が道の駅車中泊する時に心がけている事は全て ”人のふり見て我がふり直せ” という教訓です。楽しそうにたくさんの車泊の方々がテーブルや椅子を出して談笑する光景は一見微笑ましいと思うかもしれませんが道の駅、公共駐車場だということを忘れてはいけません。

車中泊利用での入場時間は暗くなってから。駐車する場所はトイレからは離れた所とする。隣の車とは1台スペースを開ける。すぐにトイレで用を済ます。車の窓はカーテンや銀マットで全閉にし、内部の光は洩れないようにする。ネットで被せるタイプの虫除け網戸は使用しない(車中泊の目印になる、防犯上も)。アイドリングはやらない。夜間小用のトイレは車内緊急用を使用する。朝まで車から出ない。

夜間であっても道の駅はトイレ休憩の為の公共駐車場であり、業務ドライバーの為の仮眠場所であると認識しておくことは重要だと思っています。大型車のアイドリングを非難する事も常識的とは言えないと思います。駐車場内での談笑も他車には迷惑になるかもしれません。

食事は出来れば入場前に済ませて置く。車内で炊事する場合は安全に自炊する為の車内設備が必要です。基本的には火気厳禁です。耳栓をして早く就寝し誰もいない早朝にトイレ洗顔、歯磨きし使用した洗面台は綺麗に掃除して出る、洗顔歯磨きは極力車内でも可能な様に設備を用意しておく事。(シンク使用は排水処理が不可能な為設置しない)。そして、遅くても7:00までには出発する。

今回、高速道路での車中泊はありませんでした。北陸自動車道名立谷浜SAでやろうとしましたが国道に降りた場所で道の駅うみてらす名立があり静かに就寝可能でした。SAでは耳栓をしていても大型車のアイドリングの低周波振動が車を揺らして寝ることは出来ません。
P1230123_1280.jpg
道の駅の中には少し離れたところに第2駐車場がある場合があります。スペースアップル余市などです。防犯上不安と感じる場合があるかも知れませんが混雑時にはこちらを使用する方が良いと思います。

今の車中泊ブームの状況で人気の道の駅で車中泊禁止となっても仕方が無いのかもしれません。少なくとも道の駅駐車場や芝地でのキャンプ行為禁止の立て札が増加するのは致し方ないと思います。それをいけないことと思っていない ”大半” の方に周知する為にも。


関連記事

| 車中泊マナー | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015夏北海道旅行記 最終8月5日 総括する

8月5日 最終日
  旅の終わり、最後の道の駅新潟県村上市穂波の里から高速に乗り一気に帰路に付く。北陸道、敦賀舞鶴道、山陽道
P1040256_1280.jpg
早朝、さすがお米の大産地ラジコンヘリコプターで薬剤散布。朝もやの向こう、朝日連峰から陽が昇る。
早寝早起きは3文の得。陽が登る前の景色は思わぬ感動を呼ぶことがある。ことわざの意味はそれだけじゃない。
P1040261_1280.jpg
定番朝食。出発は6:05
P1240151_1280.jpg
日本海東北道荒川胎内ICから北陸道、舞鶴敦賀道、山陽道のルートを走り一気に広島県まで走る。凡そ850km。帰宅は20:00 寄り道はせず、休憩は充分に取った為14時間もかかった。多分、距離時間とも現役時代を含め自己最長記録。

単なる観光旅行だけでなく、開拓の歴史に触れたり、キャンプ場の連泊で渓流釣りをした初めての一人旅でした。もっとアクティブに登山や、カヌー、乗馬などももっとやりたいことはありましたが。これはまた来年にするとしよう。しかしあまり動き回ると金銭的には苦しくなる。

もっと歳を食えば、根室や釧路で夏場だけ安アパートを借りて住むとか、

しまいには、夏場だけ老人ホーム、グループホームという手もあるかも知れない。
関連記事

| 車中泊ドライブ記 | 09:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015夏北海道旅行記 8月2日~8月4日

8月2日
  帰路はゆっくりするつもりではあったがだんだん暑さがこたえる。青森を過ぎると加速してしまった。津軽海峡フェリーで竜飛へ向かうつもりだったが以前入り損ねた恐山の薬師温泉へ行くことに、陸奥青森湾をぐるっと延々とドライブすることになった。
P1030912_1280.jpg
陸奥湾フェリー下北側案内所
P1030922_1280.jpg
恐山薬師の湯すばらしい硫黄泉です。薄い青みのある白濁泉。
P1240087_1280.jpg
途中今別道の駅付近で瀧の様に降る豪雨に遭遇する
P1030929_1280.jpg
道の駅竜飛での夕食

8月3日
  竜飛岬12湖、五所川原、弘前、道の駅つるた
P1030952_1280.jpg
道の駅竜飛岬。海峡トンネル工事中このあたりは工事関係の建物がいっぱい建っていたのだろうか。
P1030966_1280.jpg
かの有名な階段国道を竜飛漁港まで往復してみた
P1040005_1280.jpg
竜飛崎灯台。尻屋崎とは全く異なる厳しさを感じる。映画"海峡"をもう一度みたくなった。
P1040018_1280.jpg
青函トンネル記念館見学
P1040024_1280.jpg
中泊七つ滝
P1040035_1280.jpg
五所川原市太宰治記念館.。太宰治の実家はたいそう裕福な家だったのだ。
P1040160_1280.jpg
弘前でねぶたをみる。青森ねぶたとは別物だった。しかし、お盆行事としての雰囲気はこちらの方が趣があるような気がする。太鼓と笛の響きは津軽人の象徴かも知れない。目を閉じて聴いてみるのもよい。大きな太鼓と笛と掛け声。物悲しさを感じた。
P1040184_1280.jpg
この格好にはちょっとびっくり。でもこの連?だけだった。8時過ぎに切り上げて道の駅つるたで車中泊。

8月4日
  鯵ヶ沢千畳敷、不老不死温泉、村上市道の駅穂波の里
P1040214_1280.jpg
津軽の象徴岩木山
P1040215_1280.jpg
朝食
P1040216_1280.jpg
旅行中最後に入った不老不死温泉内湯
P1040219_1280.jpg
岩礁の上に作られた外湯。夕日を眺めながらの露天温泉は有名だが宿泊客でなければ入れない。
P1000651_1280.jpg
またもこの風景で食欲が湧きイカ焼きを食す。行きにも立ち寄った道の駅はちもりの湧水、お殿水を給水。
P1040231_1280.jpg
青森県、秋田県、山形県の海岸を延々と走り、新潟県村上市道の駅穂波の里で北海道旅最後の車中泊。翌日は早朝出発途中休憩しながら福山到着は20:00 。
関連記事

| 車中泊ドライブ記 | 10:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015年夏北海道旅行記 7月31日~8月1日

7月31日
  北海道最後の濁り川温泉、上磯ダムキャンプ場  
P1030739_1280.jpg
昨夜から宿泊の倶知安旭丘キャンプ場。画像の一番奥の方に施設がある。ライダーが殆どだった。出発前に周辺散策。
P1030745_1280.jpg
濁り川温泉にこりの湯。露天には虫除けの蚊帳が貼ってありアブなどシャットアウトしてくれる。昨年も入ったがいいお湯です。
P1000556_1280.jpg
毎回北海道の最後のキャンプ地となる上磯ダムキャンプ場。今年は紫陽花の満開時期に巡り合せた。P1030785_1280.jpg
毎回似たような夕食。でも野菜は毎回しっかり摂った。

8月1日
  函館中島廉売、14:00大間へのフェリー、仏ケ浦
P1030796_1280.jpg
管理人さんが今回も覚えていてくれて話しこむ。北海道のキャンプ場の中では素晴らしくきれいに清掃されたトイレ。今年も各所のキャンプ場ではトイレなどを清掃したがここは毎回その必要が全く無い。トイレ器具はステンレス製で20数年前の開設以来、故障や交換もなくピカピカに磨かれた金属の光沢にはびっくりするほどだ。
P1030818_1280.jpg
函館中島廉売で買い物、ちょっと贅沢毛ガニ買う。
P1030856_1280.jpg
この日は快晴に近く函館山もすっきり良く見える。
P1030873_1280.jpg
海峡ラインからみた仏ケ浦。見たことの無い絶景。
P1000622_1280.jpg
同じく。この景観が仏像に似ているから仏ケ浦と。
P1000640_1280.jpg
遊歩道を延々と下るとなるほど、こんな景色が観える
P1030905_1280.jpg
海峡ラインは狭く曲折ばかり、ようやく辿り着いた道の駅 わきのさわで車中泊と立ち寄るがすごいアブの大群が押し寄せ黒い塗装のエブリイに群がる。それでも駐車場でテーブル椅子をだして自炊食事をするつわものがいる。恐れをなし退散、どうせ陸奥湾フェリーに乗るつもりなの港公園フェリー駐車場で車中泊。1000円の毛ガニ旨かったです。ハサミで食す。

≫ Read More

関連記事

| 車中泊ドライブ記 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |