2016年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【何時でもナビ】ハイエースディーゼルの対応について

 キャンカーとしての架装車はハイエースが大人気の様です。盗難車のベスト1だそうです。最近のSLエブリイホームメイドキャンパーでの【何時でもナビ】の問い合わせや、基板の領布でも我がエブリイを抜いてどうやらトップの座を占めています。

エンジンはディーゼル車が人気。【何時でもナビ】で問題になるのも残念ながらそのディーゼル車が殆ど。

問題とは【何時でもナビ】SWオンでエンジンをかけると再鼓動してしまうという内容です。100%と言う訳でもなさそうで正常に再起動防止の機能が働いている場合もあるようです。

クランキング時のみなので問題なしとしてお使いの方もおられるようです。私自身はハイエースでの実装経験はありません。読者からのレポートのみです。

クランキング時再起動と言ってもクランキング中はACCがオフなのでサブバッテリから常時電源、ACC共に供給されるので落ちることはないはずです。

クランキング終了後はACCがオンになるので走行用バッテリに切り替わります。切り替わり時点のバッテリ電圧はセルモーターの大電流により(多分200A前後)電圧は10V前後まで落ちる可能性が高くそれでもACCがオフの内は何事も無いのですが起動した瞬間はまだ十分な電圧まで回復が遅れる可能性が大!と推測されます。

ナビはHDDナビの場合はご報告いただいた、ほぼすべて再起動が発生するとの事でした。また、バッテリが元気な場合は再起動しない場合もある。SSDナビでは発生件数は少ない。

ナビの最低動作電圧はHDDナビでは厳しくSSDナビの場合は少し緩いようです。メーカーにより最低動作電圧は違いもあるし、方式の違いもあります。メモリーリセット再起動までは起こらなくてお聞きする限りでは単純再起動の様だ。

メイン電圧の変動を12Vから13.8VするのはDCDCなどで昇圧する方法が考えられますが、過渡的な電圧変動が原因である場合も考えられ、その応答速度が問題になる可能性もあります。電力ロス、コストアップ、ノイズの問題や部品点数の増加などトラブル要因が増加します。それらを考慮すると、そこまでやる意味は薄く、実用的ではないと思います。(気が向いたらやるかもしれませんが実験台が無い)
diode2-480.jpg
安易な対応ですが【何時でもナビ】シリーズでの対応はOKなのは上の画像【何時でもナビ】ダイオード版が現実的な解決策だと思っています。【何時でもナビ】SWオンしっぱなしでも走行中は何ら問題ない。懸念されるのはサブバッテリで車中泊などで長時間SWオンされる場合サブバッテリ電圧が降下し、メイン電圧を下回るとナビはメインバッテリーを消費する事になります。長時間つけっぱなしなどではメインバッテリ上がりになる可能性もなきにしもあらず。それが懸念されるならあきらめてリレー版でもFET版でもなんでもよろしい。

関連記事

| 何時でもナビ | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一人旅の準備 助手席シート撤去とルーフサイドタープ

 ちょっと早まったかもしれません。沢藤電機の車載ポータブル冷蔵庫を購入しました。たった14リットルなのですが図体がでかい!置き場所に困りました。後部床下に収容する予定ではありましたが高くて床下においても10センチ程突き出てしまう。一人旅なのでいいか!っと簡単に思っていましたがやはり邪魔です。

知恵を絞っていましたが良い案が浮かばず、畳んだ助手席シートの上に置く事も可能ですが、左側の見通しが悪くなるので走行中は後部に移動が必要です。


不法改造ではありません!
>結局、助手席シートを撤去することにしました。一応警察署交通課に確認しましたが、撤去する事が不法改造などには当たらないこと。従って検挙対象にはならない事を確認しました。もし、荷物のスペースとしてたくさんの荷物を積み左側の視界が悪化しない様、又、重量オーバーしない様にとの指導を頂きました。
任意保険対応については5月15日の記事と同じと解釈できます。
P1240886-480.jpg
メリットは軽量化です。助手席シートの重量は実測14.5Kgでした。MD14F-D冷蔵庫は11.5Kgです。
この状態で100均のベルトで固定すれば旅中、常設可能となります。

しかし、この冷蔵庫今の季節はよく冷えます。-18℃になるまで1時間くらいで到達しました。細かく温度調節正確にも出来ます。但し、夏場の高温の車内では熱交換が出来ないことも考えられ冷え具合は悪くなり、効率も悪化する事が予想されます。

キャンプ場では晴れた日はサブバッテリとのコンビでソーラー給電で使用し、製氷した氷で小型クーラーボックスと併用し、夜間等しのぐ予定でいます。

P1240896-480.jpg

常設のサイドオーニングではなく、小型のタープの片方を金具にひっかけたものです。金具は⒋十数年前HAMをやっていた頃のルーフサイドアンテナのステンレス製金具です。錆び落としで磨いたらピカピカになりました。誰もいない近くの公園で建ててみました。タープと車の隙間が気になります。雨の日の為に1200幅の銀マットの端切れを用意しておく事にする。
余りにも小さい。3m*3mのタープ、シート兼用のものを準備する事にした。
関連記事

| 車中泊グッズカーアクセサリ | 14:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |