PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

NAPOLEX Fizz-880 レポート

 北海道旅行準備にオートバックス通販で購入したルーフボックスのアンケートに当選し5,000円の商品券が当たりましたので電圧計+電波時計のNAPOLEX FiZZ-880を購入しました。欲しいなと思っていたもので有難く使わせて頂いています。 

電波時計で正確
時計は無くても良いのですが電波時計ですから正確。

バッテリ残量警告機能(バッテリチェッカー)
11.5V以下でブザーで警告してくれます。警告電圧の変更は出来ませんが、サブバッテリ管理にうれしい機能です。残量警告ブザーが鳴っても11.0くらいまでは使用可能ですので、早めのお知らせとして充分です。 →注:1

残量マークは3段表示
11.5V以下で0段11.5V以上で1段12.5V以上で2段、満充電は13.0V以上で3段
設定値の変更は不可。 

消費電流
Fizz-880は10mA。Fizz-895は20mA 。LED並みの消費電流。直結すると数ケ月も放置するとバッテリー上がりになります。常時電源からは取らない。ACCソケットから取る。

視認性
よくない。夜ではバックライトで見えることは見えるけどかろうじて。LED方式にはかなわない。

【取付注意点】: (追記) 注:1
説明書には書かれていませんが、バッテリーの電圧を知りたい訳ですがバッテリターミナル電圧より低く表示されます。配線の線路抵抗分の電圧降下があるからです。11.5Vで警告ブザーが鳴りますが私の場合、実際のターミナル電圧は0.4V程高かったのです。市販の安物の5回路SW付きACC分配器を経由、さらに延長した為です。たとえば2A流している線路抵抗が0.2Ωあると0.4V。つまり警告が鳴っても実際は11.9Vという事になります。
*要はFizz-880の配線を単独でバッテリに出来るだけ近いところから取ること。

総評:
小型軽量機能性能も充分良く出来ています。電圧低下ブザー警告は便利です。改良予定していたサブバッテリ強制切断のプロテクタ回路より逆に便利かもしれません。 自作サブバッテリにはLEDによる残量表示より耳で聞く警告がより便利です。表示更新が約10秒毎は長すぎる。

精度は電圧±0.5Vと説明書に記載されている。本当にこの精度であれば使い物にならない。0.1V単位で計れないとバッテリ残量など計れる訳がない。

が  デジタルテスターとの比較は-0.1Vでした。 実際には0.1V単位で測定可能と確認できました。 画像はほぼフル充電で静止時の車両ACC電圧だ。

ナポレックスVTメータークロック 夜撮影 
しかし、デジタルでこの機能、価格で ¥1680- は妥当なのかも。
これをメインバッテリー用としてサブバッテリー用に後日、温度計付Fizz-895を買い増ししました。北海道旅行の前に買っておけばよかった。


更に追記: 発売当初はこれでも良かったのかもしれないが時代遅れの産物
 
一見満足していたのですが、リフレッシュタイム(表示更新)がおよそ10秒かかり実用にならない。たとえばキーを差し込んですぐセルを回せばアラームがなります。これは電圧低下で当然ですが、いつまでもアラームがなるのは不自然。数秒で電圧は回復しているのですが、更新されないのでうるさいのです。
電圧計についてはヤフオクなどで300円~安価に売られているものの方が視認性、リフレッッシュは1秒に2~3回と更新される。こちらを購入する方が良い。

| サブバッテリー | 20:21 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

このレポートを見て、早速fizz-895を購入しました。
電圧も勿論ですが、室内外の温度も前から知りたかったからです。
車中泊の際、外は涼しいのに室内は暑いときがあり、どの位の温度差があるか知りたかったのです。

消費電流の事はとても参考になりました。

| とうえい | 2012/09/07 17:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/110-d326d67e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT