PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

その-4 車中泊の為持参した市販車中泊グッズの評価

今回北海道旅行の為に持参した主な市販グッズの評価です。

改造クーラーボックス2台   出来るだけ高性能の釣り用を!
 必要不可欠なものです。真夏の北海道は30℃を超え20Lのボックスでは1.7Kgの角氷が1日で融けました。毎日氷代300円出費ですが冷凍食品で代用するのも手です。溶けた水は飲料用です。出来れば高性能な釣り用が欲しいところ。ポータブル冷蔵庫を準備しようと思ったのですが走行中は大丈夫でも車中泊時は大容量バッテリーが必要になり、高性能クーラーボックスで充分です。

ルーフボックス340リットル
  
主にキャンプ用品、寝具衣類など使用頻度の少のものを積載。積載品を厳選すればひとまわり小さい200リットルクラスでよかったかも。高速は80Kmに制限しましたので少しストレスを感じました。特に知床湯の滝への悪路走行時などで時々緩みの点検は欠かせません。

7型液晶モニターと家庭用フルセグチューナー 
     
........車中泊時はサブバッテリ使用
  ルーフエンドに取付けたブースタ付シャークアンテナの効果大。フィルムアンテナの車載ワンセグが映る大半の場所で使用できました。
電力消費の多い車載ナビ内蔵のワンセグは車中泊時は不使用。天気予報などデータ放送が受信可能な12V小型液晶テレビが欲しくなった。   

▲ FM/AMラジオ
  青森の山間部玉川ダムではワンセグはもちろん、携帯も圏外!その様な場所用に準備していたFM/AMラジオもノイズだらけで役立たず。非常用。

LEDの 照明クリップライト、懐中電灯
  無くてはならないものです。たくさん用意していましたが、照明用途だけでなくスポット的に使ったり位置表示に使ったりしましたがただ明るければよいというものではなく、照射角、色、明るさを可変できるものが良い。緊急用に分散保管が便利だった。

ミニカセットガスコンロ  CB-JRC-AL  新型CB-ECO-JR
  今回お湯沸かし、炊飯に大活躍でした。本来車内での火気使用は禁止事項です。換気扇装備、火器との遮蔽、ボンベの保管、コンロの固定、転倒等に十分な注意が必要です。キャンピングカーでは大型サブバッテリによる、電子レンジ使用や、シンク設備による調理を可能としていますが、家と同じ設備が必要なわけではありません。 カセットボンベは20日間で約3本で済みました。2リットルのお湯沸し10分、炊飯でガス利用は15分程度です。
 追記:新型は内炎式燃焼でより車外で使い易くなっているようです。
  
アルミ羽釜 
片手鍋で炊飯O  合計30分で炊ける
  
2日に1回ほぼ毎日、無洗米3カップ炊きました。慣れれば家で使う炊飯器より美味しく炊けます。固め、柔らかめ、おこげなど自由自在です!これに味をしめ、帰宅後もガスコンロと羽釜で炊飯する様になりました。ついでに炊飯の方法は鍋に無選米と同量+の水をいれ最低10分置いてから強火にかけて沸騰したら吹き零れないよう9分~15分。蓋を取って炊け具合を手早く確認しても良いんです。最後に強火で10秒くらい追炊きして消火。最低5分蒸らして出来上がり! 直火炊きが一番。残ったご飯は握り飯でラップに包み次の食事でいただく。
車で電気炊飯器やガス炊飯器を使う方がおられますが、鍋とカセットコンロで炊飯する方法を覚えると目からうろこです。炊飯器など不要なのです。

保温ポット
  
1.5リットル 2個持参しましたが1個は保冷用だった様ですぐ冷めてしまいますがもう1個は10時間経過してもコーヒーに利用可能な熱いままでした。良質な保温専用は長時間保温できる。二人でしたので食事毎に2リットルペットボトルを沸かしていました。

湯沸しに 2リットル笛吹きケトル
  古いホウロウ製のもらい物です。カセットガスコンロ10分で沸く。沸かし保温ポットに入れる。レトルト食品の暖めにも使用。以上の4個はエコバックに入れて左右の収納ボックスに収容

その他100均雪平鍋、まな板の使用頻度は少ない。

余談ですが
油料理、焼き物、煮炊き煮物は車内では避けました。キャンプサイトではアスパラのバター焼きや卵焼きもやりました。暖めて食べられるものや地元スーパーで惣菜やトマト、キュウリなど生野菜、ミニパックの納豆、豆腐類も毎日のように。持参した海苔佃煮、ひしお味噌などビン類、魚缶詰め類を羽釜で炊いたご飯が主食のメニューでした。調理、食事の摂りかたにあわせ持参物も厳選すれば良いと思う。
  仙人食(発芽玄米粉、焼赤米粉、小魚昆布鰹節粉の粉食)も織り交ぜ、2日に1食はカップ麺類、レトルト食材も。家で居るより粗食の感じでした。


その-1 DIY改造部分の評価へ
その-2 旅行中の工夫など
その-3 自作した車中泊設備とグッズの評価


| 車中泊ドライブ記 | 11:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/114-0904ebed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT