PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ステップアップコンバーターでのサブバッテリー充電方法を試みる--4

  ----Max 8A 昇圧型走行充電システムの完成です----
この小さな箱に昇圧DCDCコンバーター、サブバッテリーへの配線、切り替えスイッチなどコントローラーと分電盤機能を集中し何とか詰め込みましたが、余裕が無く、放熱の問題もあります。点検調整などちょっと不便です。最後にソフトスタートスイッチを取り付ける場所が無く、ロッカースイッチを外に引っ張り出しました。
設定14.2Vで充電中0.68Ωはキャンセル
画像はエブリィワゴン後部ラゲッジサイドポケットに置き、配線接続した状態です。
表示の状況はアイドリング充電中で、電流制限抵抗はキャンセルしています。下段のLED電圧計はDCDC設定出力電圧。サブバッテリの電圧表示は出力メインSWはオンでナポレックスメーターのみ通電。13.6Vがターミナル電圧です。このときの消費電流はLED電圧計20mAナポレックスは2mAと合わせて22mA程度です。入力電圧14.4V、出力電圧(dcdcout)に14.2Vを表示しています。充電電流は2.44A。ナポレックス電圧計と出力電圧に電位差があるのは線路抵抗と2個目のショットキーDによるものです。

各モードでの表示は操作スイッチ全てオフでLED、電圧計は何も表示はありません。電流計は000表示表示です。この状態では液晶パネルメーターの9V乾電池から1mA程度消費しています。LED電圧計は同一電源型20mA程度自己消費します。
キーオフ、各SWオフ
電流計は入出力兼用です。TV-SWはメインSW経由です。LED表示はありませんが電流計は消費電流を表示します。

充電は(ACCオンの時可能)充電SWをオンするとSW右の電球色LEDが点灯し、最上部の電球色LED、最下部の緑色LEDが点灯します。電流計は状態の応じた電流が表示されます。プラス表示マイナス表示は無いようです。 

電流制限抵抗のキャンセラースイッチ(ソフトスタートスイッチ)は通常充電開始時はオフ(抵抗経由)としますが、充電時間短縮したい場合は充電電流が3A以下になればオン(抵抗直結)としますと充電電流が増加します。常時オフでも問題は無い。12.0V以上なら直結モード(ソフトスタートオフ)で良い。

下の画像は設定電圧を15.0Vとしました。バッテリーには14.4V。充電電流は2.67Aを表示しています。
設定電圧15.0V、抵抗もキャンセルでテスト 
 
ソフトスタート入れ忘れ充電開始すると許容電流オーバーします。10Aヒューズを入れてありますが、以前のソフトスタートタイマー回路をいずれ復帰させますが、制御盤は余裕はありません。いずれ筐体を作り直します。
 

春です。冬の間中こんな事ばかりして遊んでいました。さあ出かけよう!!!!
 

  ---------一先ず完成ですが更に改良を-?------------- 

ブログ記事の記載内容は変更が度々あります。下記HPに変更内容は随時掲載するようにしています。記事の誤り等もあると思いますが、ご容赦いただきたく。
SLエブリィ車中泊おもしろDIYに掲載しました。


| サブバッテリー | 17:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/154-ed2c8361

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT