PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

10mΩ 20A 200mV用シャント抵抗を作る

 いろいろ遊ぶ事に事欠きません。

サブバッテリー電流計はすでに昇圧型走行充電システムのコントローラーに内蔵しています。

先日メインバッテリー用に一桁大きいものを別置き型で作りました。やはりバッテリのアース側にシャント抵抗をぶら下げた物が正統です。

なのでサブバッテリ用も同じくメーター部と外付けシャント抵抗も接続箇所変更、移動することとしました。

先日【50mV 50A】のシャント抵抗が在庫切れだったのが入荷した様で勢いでポチ!って、してしまいました。使わないのに無駄遣いです。

入手したもののこれを使わないで先日と同じVVF電線でシャント抵抗の自作をして比較してみようと思い立ち実験です。画像は双方を直列に接続し、同じ様に200mVテスターで端子電圧測定しています。

電線だけで先にテスター20A電流計で校正したものをそのままと比較しましが、画像の通り、ほぼ同値でした。ただし、作ったものは10mΩで【50mV 50A】は1mΩなので桁を読み替えた数字です。
丸めたものが電線シャント抵抗
画像の接続点までの長さは880mm折り返しですから1760mmです。これを使って配線のやり直し!

| 車載電流電圧計の自作 | 10:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/170-3b7d9ce3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT