PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

デジタル電圧計と電流計をダッシュボードに設置

充電制御や昇圧充電の様子を確認したい技術的な興味から設置しました。 自作【何時でもシリーズ】の動作チェックなどにも無くてはならない物。
wak02.jpg
エンジン起動1分後くらいです。メインバッテリー14.5V 3.2Aで充電しています。
wak01.jpg
2×4の木っ端で作りました。黒つや消し塗料を塗っています。本来はラワン材が削りやすいです。ノミで削り木工ヤスリなどで仕上げました。取り付けはこれも自作のカメラスタンドベースにマジックテープでの取り外し可能な接着。

電圧計はヒューズボックスのACCヒューズから取り出し。電球色LED電源共用タイプです。

電流計は電線線路抵抗を使用した自作シャント抵抗と200mVのLCDデジタルパネルメーターです。

とりあえずはメインバッテリー用。サブバッテリー用はこれがうまくいったら同じ様に作る。

詳細を記載すると長くなるのでやめます。
以前の記事より
ヒューズボックスのACC位置右下です。
超安価に作るシャント式デジタル電流計を運転席まで持って来たものです。
 
配線、コネクタ類、引き回しに付いてはLCDの電源は9V 006P電池ホック脱着、バッテリへシャント抵抗へはLANケーブルの中身1ペア使用。PC用3Pコネクタ使用。配線経路。電圧計はヒューズボックスへ引き込み、シャント抵抗は足元右内装パネル裏、足元乗降口パネル裏、センターピラー下部裏を引き回し、後方カーペット上、フルフラット構造物経由バッテリへ。4m必要です。
 
電圧計と電流計は大きさも違うし、明るさも別物です。アンバランスですが、充分な精度を持ち見苦しいほどの物でもなく不要なら何時でも脱着可能です。
 
統一するなら、赤LEDのPM-129Eを2個が良いかも。

| 車載電流電圧計の自作 | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/177-07bffb1f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT