PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旅先でヒューズの断線トラブル 

 9月末から北関東や信州への長距離ドライブに行っていました。
たくさんデジカメで写真も撮影し、何時もの通りデジカメのバッテリーを車内のACCから100V150Wインバーター経由で充電しようとしました。

以前から起動時"キーン"という異音が発生していたのですが今回は何度SWをオンにしてもランプが光りません。そこで故障したと判断し使用中止すればよかったのですが、サブバッテリーにも繋いで見ました。そうすると一瞬キーンという音がしましたが同じく電源ランプも点灯せずく起動しません。

エンジンをかけるとアレッ?! 自作の昇圧充電も充電ランプが転倒せず充電電流も流れなくなりました。


長野の善光寺をお参りした直後、駐車場の出来事です。困りました。旅を続けるには修理するほか有りません。

まず近くのホームセンター駐車場で点検開始です。安価なテスターを購入し、車のACCの電圧チェック。電圧が出ていません。
切れた電源取出し改造ヒューズ
室内ヒューズボックスACC1の15Aヒューズです。このヒューズはサブバッテリーのリレー制御への電源取出しを兼ねています。自作の電源取出しヒューズです。低背ヒューズではなくミニヒューズで自作した電源取出しヒューズです。予備のヒューズに交換したらOKでしたが、電源取出しリード線付の予備までは持っていません。

またサブバッテリーの負荷側に入れていた15Aヒューズも同じく断線、予備と交換。

再びホームセンターに入り、カー用品コーナーで電源取出し付きの低背ヒューズを購入しました。例のエーモン製。リード線の接続はしっかり巻きつけテーピング接続。帰ってから圧着接続するとして修理完了です。テスター代1290円。リード線付きヒューズは確か370円くらい。

Celllster HG-150/12Vの故障による車両側のヒューズ断線でしたが、本来はインバーターの15Aヒューズが飛んで欲しかったのですが、同じ容量のエブリイの15Aが飛んだと言う訳です。

インバーターも旅を続ける以上必要なものです。物色した結果、Bal 1746 USB付カーコンセント30W(黒)  1980円を購入。150Wより割高でしたが、小型でダッシュボードに置いて使うには便利。容量も小さいけどカメラや携帯の充電には充分。
Bal 1746 テーブルタップ型30Wインバータ

これで何とか旅を続ける事が出来ました。

| カーアクセサリー | 14:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/191-fcfac0b8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT