PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

道の駅駐車場で見たくない風景パート2

 住いからは超遠距離になる信州、関東方面に10日間程出かけました。好天に恵まれ40年以上前、修学旅行以来の日光などすばらしい景色を楽しんで来ました。

修学旅行と言えば日光、箱根など各地は小学生の修学旅行か遠足か大変にぎわっていました。中学高校生はとんと見かけませんでした。また大声でちょっと耳が痛くなるほどの中国人観光客も大挙して戻って来たようでした。

車中泊は関東に近くなるにつれ、なぜかマナーのひどさを感じてしまったのは私だけでしょうか?

一見、車中泊しているのが解る風景。よく話題に登場する道の駅・草津運動茶屋公園。
キャンプ場の芝生ならOKです
迷惑行為とは言えませんがちょっと気になりました。見たところロングハイルーフの広々ハイエースで、車内に履物が置けないほど窮屈ではないはず、車内を汚したくないとか、履物を脱いだり履いたりするスペースが無いとか。

私はこんな光景を人様に見せたくない為、狭いエブリイの車内で履物が脱ぎ履き出来る様工夫しました。このスペースは車内で靴を履いてからドアを開けて出る。入ってすぐドアを閉めてゆっくり靴を履いて床面に上がるという使い方です。マッドルームとかマッドスペースとか。無い場合上のハイエースの方の様に車の外で履くしか有りません。
寒いとき、雨の日、夜間、またマナー的にも重要な事です。 これは重宝する事間違い無し。
狭いながらも玄関

次は北海道では良く見かけた風景ですが、こちらは奥日光戦場ヶ原 三本松茶屋駐車場
駐車スペースで朝食風景
この年齢になると恥とは思わなくなるのかもしれません、小学生の修学旅行生の目など周囲を気にしながらのキャンピング行為は当人たちも何とも無い筈は無いと思うのですが。朝8時過ぎの駐車場で朝食風景。平日でガラガラの駐車場で、景色も良くて開放感に浸り、ついやっちゃった行為でしょうが。車内も開けっ広げ、丸見えでこれはもう車上生活者にも見える。

| 車中泊マナー | 11:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/192-1b827db6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT