PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ミニカセットガスコンロの折畳み収納式置き台を作る

 車内で火を使うのは危険が伴います。本来ガスコンロなどは台も含め車体に固定しなければなりません。これまでその都度車内の換気扇の近くで折畳みアルミテーブルを広げ、転倒などに注意しながら使用していました。

狭い車内で面倒な作業でした。コンロの固定まではやりませんが、以前作った木製L型折畳みテーブルを可動式半固定で取り付けてみました。簡単な構造ですが、半固定されますので安全性は向上します。

totenew1_480.jpg
以前に作ったL型折りたたみテーブルです。棚板の端切れで作りました。小型の蝶番100均で調達。
totenew2_480.jpg
起こしてパッチン錠でしっかり固定されます。
totenew4_1024.jpg
L型テーブルに6mm鬼目ナットを埋め込みます。既存の高床式収納キャビネットの脚部に穴を開け木片でツマミをつけたお手製の手ネジでテーブルを片持ち半固定します。
totenew3_1024.jpg
片持ちですが手ネジで固定すれば脚部とあわせ転倒する事はありません。ついでにテーブル端は2mm角棒を接着し、滑り止め落下防止しました。ミニコンロ専用台としての広さしかありません。
下部左側が手ネジで半固定され上部に折畳むみマジックバンドで収納
この様に窓側に立てる形で収納します。固定はマジックテープですが、落下するようならテーブルを固定した方法と同じ固定に変更すればよい。がまず、大丈夫。
コンロや鍋釜は左の収納キャビネットに収容されています。短時間で準備、片付け出来るようになりました。

今までコンロ台にアルミ折畳みミニテーブルを使ってきましたが、アルミテーブルは食卓テーブルに使って広く便利に、しかも火器安全性も向上しました。何より狭いエブリイの場所を取らないのが一番。
追記:
 この折り畳みテーブルの構造は片持ち支持の簡単な構造でしたのでしっかりとした改良型に変更しました。HPに掲載しています。

| テーブル | 08:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/194-29ba886f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT