PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

同郷の士、強力な援軍です。

 現在サブバッテリー走行充電には昇圧コンバーターをエブリイに搭載しています。
DCDC昇圧ユニットはリニアテクノロジー社のIC LT1270を採用しています。その以前MC34063Aでトライしたのですが見事に失敗。スキルの無さを嘆いていたのですが、これを見かねて一緒に作りましょうとの援助の申し出を頂きました。

元メーカーでの基板設計技術者です。なんと同郷の士。大変ありがたく、お受けいたしましたが、ほとんど私の出来る事はなく、試作の追試をする程度になろうかと思います。

それは、既に現在実用レベルに達しており、来年のいつか未定ですが公開出来る事になれば素晴らしい出来事になると思います。思ってもいなかったノウハウの公開となりそうです。

ユニットに使用するICは安価な NJM2360A(MC34063A互換)を使用し、NMOSFETスイッチングにより最大10Aの連続充電を可能とします。私の場合はあまり考えなしにトライした結果3A程度で合えなくダウン、FET、大容量ショットキーを続けて破壊させてしまいました。大電力化には磁気飽和、寄生振動、コンデンサなどの熱処理問題など様々な難関が待ち受けており、容易では有りません。

現在のネット上に公開されているNJM2360A(MC34063A)の情報ではまず10Aレベルの達成は不可能です。105Aクラスバッテリにも対応可能となります。私の使用用途にはオーバースペックなのですが大変興味深いものです。

うれしいことにPICでの制御も既に実車搭載されており、これの制御も可能との事。ありがたいことです。スキルも無いのに私の努力している姿を見かねてのこと。ほんとにうれしく思っています。こちらとしては追っかけるのが大変となりました。
coil.jpg
左ノイズフィルター用フェライトコア右は秋月電子の最近出たトロイダルコイル二重巻き線で推定15A重さ102g。私が使っているのは重さ40g。磁気飽和対策には左の分割コアタイプに出番があるかも?

| 10A級DCDC昇圧走行充電 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/210-165922d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT