PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

10A級昇圧充電基板の製作-3

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。
           一月元旦

今日は暖かい元旦です。が、家にこもって先日からの昇圧コンバーターのテストです。

テスト用入力電源は古いATXパソコンの電源の流用です。
12V固定電源で可変は出来ません。昇圧設定を14.5Vと16Vでのテストを行いました。
ついでに要所の温度上昇、冷却対策、スイッチング周波数の変化などを測定しました。連続耐久テストも実施中です。

電圧電流特性の測定 測定回路は-2-
入力電流制限と出力電圧調整の半固定抵抗を調整して測定

試作1号機 入力電圧 12.2V(固定)  設定電圧14.5V 出力電流をプロット
入力電圧入力電流出力電圧 出力電流 効率f(KHz)
12.20 0.0414.500.000.0%10
12.200.1314.500.3486.0%142
12.200.3914.501.2690.8%279
12.100.8414.50 3.1194.4%146
12.00 1.0914.50 4.0195.0%148
11.90 1.4914.50 5.1194.3%142
12.001.8914.50 6.1592.4%194
12.002.4914.60 7.1290.1%192
11.90 2.96 14.60 8.1189.9%196
11.80 3.82 14.50 10.1089.2%186

効率= 出力電流*出力電圧/(入力電流+出力電流)*入力電圧

スイッチング周波数は電流制限VRで多少変化します。10A少し超える程度まで全域固定測定しました。
FBTのコア鳴き
5A~聞こえる
10A制限をかけていくと小さくなる周波数も高くなります。
測定回路でのATX電源最大負荷3.82Aのリップル 3.82A時1VPP
njm23063a05.jpg
各部温度上昇 出力電流10A時  (室内温度21.0℃)
昇圧コイルコア内部66℃。
スイッチングダイオード63℃
入出力コンデンサ61℃
アルミ放熱63℃
-------------------------------------------
12V8cmファンで冷却対策
放熱板D 約34℃
コア内部 約35℃
コア表面 31℃
入出力コン 30℃
-------------------------------------------
スイッチング波形
njm23063a06.jpg
-------------------------------------------------
ゲート波形  10VPP
njm23063a07.jpg
---------------------------------------------------
MC34063Aと差替えてみました。スイッチング波形
njm23063a08.jpg 
よく似ていますが微妙に違います。周波数も最大点で1000KHzでした。実用域でも高めでした。後日再測定します。 使用したオシロは簡易型秋月電子のこれです。
-----------------------------------------------------
8センチファンで冷却しながら10A耐久テストです。
基板右半分は測定用シャント抵抗、LED電圧計など仮設です。
njm23063a03.jpg
配線図?  まだ公開できません。
次回はテスト用可変電源20Aで再度負荷電流特性を測定します。この測定法では10A程度で充分なはずですが。

肝心の12.5V以上の常用域測定ができていません。でも今日の11.6V~12.2Vでのテストは連続することは無い、車載時には厳しい条件です。ただし最近の省燃費車、特にアイストップ車はアイストップの度に数分間この条件となると予測されます。



| 10A級DCDC昇圧走行充電 | 22:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: はじめまして

深谷ねぎ さんこんにちわ。
以前コンメント足跡残しました。
こちらですね。
http://tasogaretabi.blog.fc2.com/category2-1.html
いろいろ参考にしていただきありがとうございます。
時々お立ち寄り下さい。

| SLエブリイmatrasan | 2014/01/04 18:15 | URL |

はじめまして

はじめまして

深谷ねぎという名前でブログを書いています。
軽バンを車中泊用に改造して、春から日本一周に出ようと思っています。

車中泊用に改造する際には、SLエブリイmatrasanさんのホームページを参考にさせていただきました。
ありがとうございます。
ホームページは、軽キャンビルダーも逃げ出すような、内容だと思います。

私のブログに、SLエブリイmatrasanさんのブログ、ホームページを参照した旨を追記いたしました。

ブログも楽しみにしています。

| 深谷ねぎ | 2014/01/04 09:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/214-fd3ea674

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT