PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

発泡スチロール製トロ箱の保冷強化改造

 今日は車中泊やキャンプの買い物を保冷収容できる保冷箱を改造してみました。

使ったのは山陰にカニ買出しで使った発泡スチロール製のトロ箱。

トロ箱カット厚み40mmの大き目のトロ箱を5センチほど縮小カットし、両面ソフトテープで接着。さらに内側、外側にテーピングして超簡単加工で出来上がりました。
およそ30リットル。制作費0円です。
長期の車中泊でも充分な大きさと。
断熱強化トロ箱このままだと断熱が不十分で底に結露しましたので全面に斜熱、断熱を強化しました。7mm厚の銀マットです。
また内側に厚手ビニール袋いれ、底部にスノコを敷き、解けた水と氷が一緒にならないようにします。
後日車中泊に使ってみました。保冷材を大量に仕込みましたが24時間くらいまでは保冷効果は十分確かめられました。都度旅行先の地元スーパー2kgくらいの角氷を24時間毎補充すれば実用になりそうです。 融けた水は飲料水になります。
 盛夏の厳しい時は底に発泡断熱を敷き(外)、100斤の銀断熱シートで覆いカバーを作れば保冷時間はさらに期待できます。

| 車中泊グッズ自作 | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/22-13b928fd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT