PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

10A級昇圧充電基板の製作-8

10ADCDC昇圧基板はひとまず完成と致します。
回路図です。定数等後日変更もあります。
10adcdc2360_20140131.jpg  
右半分は試作中の制御回路

ここまでに10ADCDCを作る上で要点、注意点などをまとめてみました。

① 重要な部品として昇圧コイル、電流制限回路、10AパワーFETSW駆動回路。
  入出力コンデンサの設計選択。各最適な定数の設計計算。
② パルス波形を扱う為の注意点を踏まえた回路パターン設計
  アースライン、大電流パターン
③ テスト、測定時のノイズ対策
④ 測定回路
⑤ 10A領域での放熱

こんなところでしょうか。記事を見て試作しても旨く行かないかもしれません
旨く行かなくていじっている内にFET,ショットキーダイオードを破壊させたとか。

その原因として考えられるのは、全く同一の部品、基板パターンであっても
測定方法、測定用電源、ダミーロード、テスターリードやオシロ測定ポイント、ノイズ対策など
がラフであれば、寄生発振、ブロッキング発振の様な現象に悩まされる事と思われます。

特に、最初の電源投入前にショートテストをし、最初から測定用の基板との接続はラインフィルター用のパッチンコアや有り合わせでもリングコアを必ず挿入される事をお勧めします。これでループでの異常動作や指示値がふらつくのを押えられます。この異常現象は回路自体の寄生発振と間違えやすいです。

またテスト用電源に回りこみ誤動作する場合も見られました。これらは上記対策で防止できます。今回安心して長時間の10A耐久テストなどが出来たのは紹介した測定回路、ステンレスワイヤーのダミーロードでした。

10ADCDC昇圧コンバーターは大電力ノイズ発生源でもあることを忘れてはならないと思います。これをシステムに実装する場合は、むき出しでなく、シールドケースが必要であること。外部にノイズを出さない対策も必要であることを、念頭に実装しなければならないと考えます。

次回からは、システムコントロールボックス実装に必要なハードウェア制御、FETスイッチ回路やソフトスタート回路、充電制御方法などを考えて行きます。使用中のコントロールボックス
LT1270の昇圧ユニットを取り出され別の心臓移植を待っています。左右に見られるリレーは撤去しNchMOSFET化される予定です。50Wもの電流制限抵抗も撤去予定です。既にPic制御はほぼ完成していますが、ハードルの低いハードウェア制御から試作してみたいと思っています。たくさんの提案を頂いています。選択に困っていますがユニークな制御回路を頂いています。ローコストでも実用的な回路で紹介したいと思っています。
"松山市の零さん" ご協力改めてお礼申し上げます。

| 10A級DCDC昇圧走行充電 | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/220-24968d83

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT