PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

走行充電にはサブバッテリーの充電受け入れ性能が重要

19サイズバッテリ比較表
何故19サイズかというと搭載場所の制限からです。エブリイDA64W床下に走行用とサブのバッテリ2個搭載します。

 以前の記事、現在の搭載場所 

車内積載は完全密閉型が必要ですが高価です。手が出ません。自分の必要なサイズは30AH程度で充分なので 充電受け入れ性能の高い充電制御車用のエコバッテリーやアイドリングストップ車用では同サイズでも性能容量の大きなものがあることが解りました。 少し調査しました。
 型名名称メイショウ型式ケイシキAH重量受電ジュデン性能セイノウ%普通フツウ充電ジュウデン電流デンリュウ充電ジュウデン最大サイダイ電流デンリュウ
パナ40B19L現用ゲンヨウSB開放カイホウ288100%3.53.5
N-44B19サークラ防爆ボウバク349.0 150%4.0 6.0
N-44B19/CLカオスライトMF349.1 160%4.0 6.4
N60B19LC5ブルーカオスMF369.4 180%4.5 8.1
YUASAECT-44B19エコ・アール防爆ボウバク329.0 120%3.2 3.8
ATLASEMF-44B19アトラスエコMF32 150%3.2 4.8
充電最大電流とは充電受け入れ性能を考慮したものです。ブルーカオスは現用のものに比べ180%の受電電流とすると8.1Aもの充電が可能となります。実際には4.5Aの標準値で定電流充電、14.5Vの設定で走行充電でも従来のものと比較すると格段の充電効率になると思われます。
さらに充電受け入れ率の250%とするカオスプロ55b20Lがありますが、サイズ19は設定がありません。

先日ATLAS EMF95D3を早まって注文しました。同じ店でN60B19LC5も扱っているので交換依頼中です。
2/26 追記
 60B19L/C5 購入価格送料込み。無事、床下設置完了しました。脱着は腕力作業に慎重さも必要、失敗は事故に直結します。疲れました。
P1170752_480.jpg 
5650円
充電電流の設定は開放型SBバッテリ40B19Lの3.5Aのままですがしばらくこのままで様子をみます。

| サブバッテリー | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/228-4dc2d6e1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT