PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

AGS19RZ1用DC12V電源の自作、アクティブスピーカー

19型地デジbs/CSテレビ カンデラAGS19RZ1というものを車載しました。

電源はAC100VですがACアダプターが付属し本体はDC12V動作です。BSCS地デジ、データ放送、USB録画、消費電力18W。スペックを見る限りでは高性能。液晶パネルはTFTとは言うが駆動方式は不明。

国内メーカーの東芝やSHARPは液晶をIPS,ASVから相前後してTN型に変更しコストダウンしている。画面を下から見上げると真っ暗になるのは我慢できない。ホームセンターで売られている安物19型と違うのは機能が豊富な事くらい。電源はAC100V直結だし、消費電力も多いし車載には適さない。国産では12V給電やACアダプターを使用するものはついになくなった。

現在エブリイ搭載は
12インチのDC12V車載用を設置しています。消費電流は1.2A程度。ワンセグ自動切り替えです。TN液晶で高精細ですが、視野角が狭く、色の再現性も良いとはいえないものです。データ放送機能もなかった。

音声は以前の12型車載テレビもそうだったがひどい音質らしい。これは外部デジタル出力の装備があるがAV出力は無い。ヘッドホン端子から取出しアンプ出力しかない。以前から使用している
トランス式のインピーダンス変換(昇圧トランス)を使用する事にする。一見音質が悪化しそうだが意外と周波数特性が良いのは確認済み。(但しアンプが普通の特性ならば話)

カンデラAGS19RZ1を12V給電です。電圧不安定な車載用途ではありません。(走行中は14.5Vになり過電圧保護が必要となります。Sw入れなければ問題ありませんが)降圧コンバーターでも良いと思ったのですがネット検索してみるとやはり同様な用途で12Vリミッターなるのもを自作、使用されている方がいました。電圧低下時の問題は無視していますが本来は安定化電源が必要です。DCDC昇圧コンバーターで昇圧した上で安定化するのはいかにも効率が悪くなる可能性が大。AC100Vインバーターを使うのと差が無くなってしまう。11V以下で使用する事はまずないと思われるので電圧低下時でのリセットなど動作不安定は使用してみないとわからない。

引用サイト
ふくろうさんのキャンピングカー

そっくり回路を頂きました。回路主要パーツは3端子シャントレギュレーター、オペアンプ、Pch-Mosロードスイッチです。手持ち部品で作りましたので多少定数の違いはありますが問題なく動作しました。
P1180068_20140321_12vregu.jpg
60×70の3mmアルミベースに7mmスペーサーを立てて基板を載せました。放熱は14.5Vの12.5Vで調整時5A程度負荷ではほんのり暖かい程度でした。差の電圧分が熱損失となります。この場合10W。12.5V以下では損失はPch-Mos 2SJ607のオン抵抗10mΩ分の損失分のみですから発熱は殆どありません。 2SJ607は手持ち部品流用。2SJ334あたりで充分で、放熱がドレイン絶縁なので使いやすいはずです。なお調整時は負荷をかけないと旨く行きません。1K-1KΩ-1W程度を接続する。
P1180066_20140321_12vregu01.jpg
入力電圧14.25V。出力12.57V。ステンレス線負荷抵抗器接続してテスト中です。電源は20A可変電源。
画像は有りませんが設定電圧以下ではPchパワーFET 2SJ607のオン抵抗分の電圧降下分のみの電位差です。実測4Aで0.07V程度(約17mΩ)
オン抵抗0.12Ωの2SJ681では4A時11.66Vに降下しその電圧降下は0.8Vにもなります。Rds50mΩ以下の物を選択するほうがよさそうです。
 12vOvervoltage reg
12vOvervoltage reg_pt0
12vOvervoltage reg_pt1
追記: 現在これは使っていない。現用中は19VDCDC昇圧コンバーターを使っている。AGS19RZ3という19VDC電源のものに変更したため。

| カーAV | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/235-ad3e598b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT