PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

北海道30日

 北海道1ケ月の旅行はさすがにちょっと疲れました。
疲れないように気をつけたつもりでしたが、連泊時以外はつい欲がでて1日平均200Km程の走行になりました。前回行けなかった場所も予定したところはほぼ行くことが出来ました。
名作「喜びも悲しみの幾歳月」に登場する最初の灯台小樽日和山と鰊御殿
石狩浜灯台。今は燈台守の官舎は無い。
今回は小樽の日和山灯台や石狩浜灯台、オロロンラインでの雄冬、増毛。美深で連泊しした事や松山湿原、ワッカ原生花園など細岡展望台など湿原巡りも。もちろんほぼ毎日、雄冬温泉などモール温泉や相泊熊の湯など素晴らしい露天風呂など日替わりで堪能してきました。
帰りに立ち寄った八幡平の後生掛温泉
スーパ銭湯風でも函館の東前温泉が気分的に1000円散髪も兼ねて北海道の旅の温泉終着駅になりました。東北でも後生掛温泉や鳴子の滝の湯なども堪能しました。
紋別やまからオホーツクの海を眺める 
紋別山からの眺望。海と空の境が白く見えていました。何故このようになるのか不思議なグラデーションです。一日ずっと観ていると色の変化が面白いのではないかと思いました。
つつましい2人用テント。これでも車内泊より広々
エブリイで2人で毎日車中泊はつらいところがありました。車中泊は雨の日だけ。天気の良い日はキャンプ場でのテント泊。、ホテル泊は2泊のみでした。観光気分はもう結構というまでにはいかないけれど、
今年も釧路町の来止臥(キトウシ)野営場。念入りに掃除させていただきました。 
今回も無料キャンプ場ではトイレ(男子)、水場の清掃のボランティアを勝手にやらせていただきました。と言っても無料は5箇所.。1箇所はあいにく雨の無人独占状態での鶴居村オートキャンプ場でしたが、朝退場する時有料に変った旨の表示がありました。まあ知らぬ事とは言え、勝手にありがたく無料で泊まらせていただいたと言う事にしました。 稚内森林公園キャンプ場では管理人さんが早朝から出勤の為出番無し!。上磯ダム野営場は管理人さんの素晴らしく美しいトイレや水場の管理でこれまた出番無し。
山部太陽の里キャンプ場
富良野の山部太陽の里キャンプ場はでは目の前で早朝無人の野菜市が開設され、100円でたくさんの量のトマトなどの野菜を買わせていただきました。その分トイレは余計に念入りご奉仕!

もちろん有料でも300円前後の美深やオンネトー、知床、羅臼国設など公営野営場しか選択していません。念入り清掃とまではいきませんが使った後は使う前より綺麗にすることくらいは当たり前として気分良く利用させていただきました。ただし、マナーの悪い方は今回も増加している気がします。でも注意はしないほうが良いと体感しました。道の駅なとわえさんで草むらでの犬の散歩中の糞放置を見て注意したら逆切れされ、させていません!確認して下さい!と怒鳴られました。(岡山ナンバー40代?の女性で持ち帰り用具持参無しで散歩でしたのに)もちろん反論などしません。意味が伝わっただけで充分。ただ、ウンチの処分まではさすがの私も出来ませんでした!

こんな事があってもやはり来年も行きたいと思っています。ただし、来年は多分シングルで時期は7月から8月。北海道の夏をすごしてみるというのか、農家で草抜きや牛の世話などボランティアをやらせてもらうとかの北海道で長期に生活してみるというのはどうだろうか?


サブバッテリ、走行充電器や車中泊設備は2012年より改善を重ね、充実しておりますがまだ、改良すべき点は有ります。小物の整理収納やテーブルなどです。帰って来て収納の追加をやりました。カセットコンロ台と  3段小物収納棚です。

走行充電はPIC版搭載器でしたが、元々ヒーター類は使用せず1日に精々10AHも使用していませんから走行充電だけで毎日満充電出来ていました。美深2連泊でも余裕でした。

美深キャンプ場ではお隣の大型キャンカーの方が電子レンジで温めたという特製スープ?を頂きましたが内心こんなところで自宅料理の様なことをしなくてもと思いましたが。(美味しく出来ていて、ありがたく頂きました)

| 車中泊ドライブ記 | 17:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/248-bcd54870

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT