PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

100均USB充電器に12V_ACC電圧計を内蔵追加。

 先日ACC電圧計をセリア100均USB充電器を改造し作成しましたが、余分に買ってきた余りでもうひとつ作りました。

前回は中身を取り出しそのスペースに小型LED電圧計を入れたもので中身はいずれ何かに使用するつもりでしたが無駄な事をしたと思いなおし、中身はそのままで追加内蔵が出来ないかもうひとつ分解してみた。

何とかいけそうである。早速作ってみたのがこれ。
dc5v_voltmeter1.jpg
分解した上側ケースをくり貫き一杯推し込むと何とかDCDCパーツと干渉しなくなります。電圧計の左右のツバはカットします。12Vリード線は+側はスプリング -側はもうひとつの板状スプリングに半田付け。
中身をわざわざ取り出さなくても良いし、作業時間も短い。ちょっと出っ張ります。一石三鳥。5Vモニター用としてに配線しても良い。切替SWも付けられそうです。お好きな用途に。
メーターの固定はホットメルトで。
dc5v_voltmeter2.jpg 
ちょっと前傾させます。電圧計の側面が白くアンバランスなのは黒マジックインキやアセテートテープなどでカバーすればよい。
dc5v_voltmeter.jpg 
スマホ充電に使える1AまでOKとの事ですが私はいまだ、ガラケー。
前回作ったのは上の白LED。左上は同じシェリアの物ですがこれには電圧計はちょっと入らない。

この電圧計、最近気付いたのですが応答速度が遅い。表示更新回数は多いが、上の可変電源のボリュームを回し終わっても1秒くらい落ち着くのに遅れが目立つ。左の電流電圧計はこの点ほぼリアルタイムに変化してくれる。ただし、その表示は0.1V単位ではチラつきたまにが生じ易い。メインバッテり電圧計は走行中変化が激しくそれを確認したい用途にはちょっと不満が残る。ナ〇レックス液晶電圧、時計程ひどくは無いけれど。

さらに追記 12V-5V表示切替スイッチ追加
100kinusbkai.jpg 
超小型のスライドSWを基板側サイドに取付けました。これで12Vと5Vが切替で測定表示出来ます。

| カーアクセサリー | 15:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/287-bfcfa155

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT