PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新型スズキエブリイ・ワゴンDA17W発売

 現行DA64Wでの不満な部分は少なかった。強いて云うなら、燃費が良くない事、段差通過時のバタツキ、くらいで一応満足している。

それでもやはりモデルチェンジは気になる。
大きく変わった点は見た目逆に後退した点が2点。スライドドアトッテが縦型になった。リアドア形状がバンと同じになった。この二つはコストダウンの為だろうか?いずれも商用車としての利便性を重視した為でN-BOXとは全く発想のベースが異なる。インテリアでごまかした感じがするがこれも中途半端。

バンと共用リヤハッチドアにした為、開口部が広くなるメリットはある。リヤスライドドアの縦型テッテは使い勝手は良くなるはず。車中泊を意識したオプションや埋め込みナットが豊富になったこともある。

エンジンが新型式となり、燃費はJPターボで15.7Km/Lから16.2Km/Lと僅かに良くなっている。DA64Wは充電制御車ではなかったが(無制御というわけではない) DA17Wは充電制御車だ。(ブルーバッテリのサイトで確認

室内長は200mm広く、室内高も100mm高くなっているが荷室長は不明だ。フロントシートを前に出さない限り荷室長が多くなるはずはない。室内長は後席を後ろにずらせばいくらでも延長できる。

安全面でボデーの強化やレーダーブレーキサポートが追加された。

価格も8万円ほど高くなった。

正直あまり購入意欲が沸かなくてほっとしている。しかしこれを見て他メーカーは勝機ありと大幅に改善したすごい車が出る可能性もある。特にライバルメーカーのダイハツアトレーには期待したい。

殆ど共通にDA64Wが参考になるはず。SLエブリイホームメイドキャンパー


試乗しました


3月4日 試乗してきました
ライトグリーンのPZターボ標準ルーフです。スタート時の段差乗り越え。以前のDA64Wではすごく不満な点でしたがDA17Wでは解消とは行かないまでもようやく普通のレベルとなった感じ。

エンジンはK6Aから新ターボエンジンR06A型に。2名乗車でしたが車体が軽くなった感じがする。坂道では随分馬力アップした感じがした。高速走行はしなかったが70Km程度では軽く走行する感じ。カーブでのロール感は少なくなった。設計重心が64Wより低くなったとの事だ。なるほど試乗して初めてわかる事。(20Kg程度軽量化の効果かも)

ハンドリング 64Wとの違いが少し感じる。カーブを切ったあとハンドルの戻りが悪い。特に速度が遅い場合はあわてて戻すという操作になる。64Wは段差乗り越え時のハンドルがふられたが17Wは押えられている。

ちょっと気になったこと。左足がパーキングブレーキ解除の時、センターコンソールの出っ張りに引っかかる。以前より左足部のスペースが少なくなったにもかかわらず、余分な出っ張りがある。安全性に関する問題だ。改良した方が良いと申し上げた。64Wより足元は窮屈。燃料タンクが3リットル少ない37Lとなったのは惜しまれる。

さて外装、外観はさほどの変化は無いが、リヤハッチドアは商用車と共用となり、開口が拡大した。JPターボは商用車と同じ。コストダウンも出来利便性も良くなったのは実用的で商用車との区別がなくなったのは論が分かれる。スライドドアハンドルも同様だ。サイドマーカーランプも廃止され、JPはライトユニット、PZはドアミラーに内蔵された。いずれも魅力的な部分が少なく購入意欲はあまり湧いてこない。

内装。 フロントダッシュパネル、シートも変更になった。座席中央のコンソールが廃止された。めがね、タオルなど小物を置く場所がなくなった。代わりにカップホルダーが左右隅に配置された。助手席グローブボックスの容量が半分程度になった。車検証程度しか入らない。しかしその分足元は広くなった。3連丸型メーターは美しく機能的になったと思う。

スマートキーになった。気になる【何時でもパワーウィンドウ】の設定は出来ない模様だ。スマートキーでIGNオンの設定は出来ないとの事だ(本社に問い合わせた結果ではない)。室内ヒューズボックスは助手席グローブボックス奥右側。DA64Wと同じ形状で30A角型P/Wヒューズが見えた。

スマートキーIGN設定については再確認を要する。後部座席は足元が少しフラットになった。ラゲッジルームの小物入れは2段となり、私にとっては使いにくくなる。凹凸は無い方が改造の邪魔にならない。ユーティリティーナットがたくさんあるのはありがたい。ボデーアースナットも欲しいところだ。

軽の枠内で精一杯広くなった。フロント座席が64Wより前に移動しその分前後に車室、荷室が長くなった。ドア部のパネルをえぐり巾を少し広げている。細部の改良により重心も低くなったのは走行性能も向上した。キャンピング性能は一段と高まり、軽ワゴンのトップの座をより強固なものにしたと思う。

しかし欲を言えば、4ATからCVT化して燃費性能を20Km程度まで向上させてほしかった。
以上はワゴンでの評価。DA17VのJOINは軽量、5AGSが付き20Km/L近い燃費。私の用途にはJOINターボかも。こちらの試乗もやってみたい。

| エブリイワゴンインプレッション | 15:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/299-c31aacfa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT