PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カーナビの消費電流を調べたら

 搭載ナビはサンヨーNVA-GS1410DT AV一体型SSDナビです。地図としてナビとしてはもちろんFM/AMラジオ、ワンセグテレビこれだけで不都合なく情報は得られます。

さて今日はサブバッテリー電源からAVカーナビが使えるようにリレーボックス【何時でもナビ】を製作しSL’エブリィワゴンに搭載しました。またリア液晶7’モニターも搭載しました。AVナビを取り出し、リレーボックスの組込みはスムースに出来ましたが、これの再組み込みで、難儀難航。リレーボックスは助手席ダッシュボックス右横にスペースは見つけたのですが元々のコード類が特に既存のコネクタやコードの束がなかなか収まらないのです。

今のところ何の問題も無く、車両バッテリーはもちろん、サブバッテリー双方とも正常に動作しています。またエンジンオン時にサブバッテリからの電源SWオンにしてエンジンオフにした場合もナビ電源が途切れることなく切替がうまく行っている様です。

この状態からエンジンを起動してもナビは途切れる事はありません。

実装したついでに消費電流をチェックしました。サブバッテリー12.7V時
 NVA-GS1410DT ナビ動作時 1.52A
                  ワンセグ受信1.55A
                  ワンセグ受信画面オフ1.27A(音声は小音量でSPから出ている状態)
                  SD MP3再生 画面オフ1.38A
  リアモニター中発販売 VG-700Aの消費電流 0.33A

  液晶7インチ部分の消費電流は0.3A程度で意外と少なく、CPU回路や、AV回路が消費している感じですね。ナビそのものが多くの電流を消費しているという事になります。

リアモニターではワンセグやDVDを視聴します。その場合ナビ本体側は画面オフで音は出し、映像はリアモニタで視聴。この場合消費電量は1.27A+0.33A=1.6Aにもなります。

この場合でもナビは動作しており瞬時にナビ画面を呼び出せます。車中泊時はその必要は無いのですが、ナビだけを完全に殺すモードは無い様です。無駄に1A近く消費しているのかも知れません。

カーナビにオンオフスイッチは無いのが普通。
でも、運転中に勝手に起動するのは大きなお世話という時もあります。
追加設置は可能です。ナビのACC線を途中カットしてスイッチを設置すれば良い。ACC線は通常信号扱いですからスイッチの容量も少なくて済む。例えばエーモンの貼付けスイッチなど。

 以上の事からカーナビだけでもサブバッテリ容量は最低でも20AH以上を選択すべきだろうと思います。しかし、AVナビは消費電力の無駄が多すぎます。それぞれのモードだけで考えると、信じられない消費電流です。他社のAVナビも同じような消費電流です。メモリーナビよりHDDナビの方が倍以上の3A~5Aの消費電流の様です。ポータブルナビはおよそ1A以内の様です。

独立した、ワンセグテレビやポータブルナビを別途設置したほうがバッテリ負荷は少なくなります。

以上のシステムはSLエブリイホームメイドキャンパーに掲載しています。

  まつらさんのHP  
  
サブバッテリーシステムの製作   
  
サブバッテリーで【何時でもナビ】化 を実現します。 



後日判明した部分を記します。
HDDナビはSSDナビ、DVDナビより消費電流は大きくて音量小でも5A位消費するものもあるようです。
ほぼ全てのカーナビは画面オフ、AV機能オフはあっても電源オフの機能はない。
電源をオフにするにはカーナビに入っているACC線の途中にスイッチを入れる事により実現できます。常時電源からは待機時のメモリーバックアップに数ミリアンペア。ACCは電源をオンにする信号として使用しています。ACCがオンになればナビは起動して常時電源より電力を消費します。SSDナビの1A位からHDDナビの高機能なものは5Aくらい消費します。さらに大音量では大電流が流れるのは当然です。
50Wアンプ×4SPですから200Wもの電力消費となる。15Aくらい当たり前となる

| カーAV | 22:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/30-9c05d21a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT