PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2015年夏北海道旅行記 7月14日~17日

7月14日
  札内川園地キャンプ場は無料。山奥にあり買い物や温泉も無い。何も無い不便なところ。見通しも良くなく広い広場空間があり周囲の山に囲まれ圧迫感さえある。ヒグマの生息域だ。居心地が良くて2日間連泊し、数日後戻ってきてまた連泊した。いずれの日も天候は良くなかったけれど大自然を体感しながらの数日間は生気をよみがえらせてくれた。
P1020358_1280.jpg
この日本州側は台風の影響で大変な雨風だった。遠く離れたこの地でも影響があり、大きなつむじ風が3回吹いた。1度目は私のこの状態で椅子やテーブルなど吹き飛ばされ左側の渓流に全て飛ばされた。他の方のテントは殆ど倒壊。2度目はビヨウヤナギの大枝が折れて落下、成田ナンバーの方のインプレッサを直撃屋根に大きな凹み、フロントガラスは大きくへこみ網目状態のひびが入る。3度目のつむじ風は札幌の方のテントが飛ばされそうになりテントを掴んだまま空中に人間ごと宙を舞い落下肩を強打し骨折救急車となってしまった。日高山脈からの吹き降ろしの山風だろうか。
P1020355_1280.jpg
そんな中でも園地内の渓流で釣った川カジカ。私の育った四国では鮎を食べる魚"あいかかがり"の子どもの様な。かじかとはカジカがえるしか思い浮かばない。ゴリとも呼ばれる。北海道でも水の綺麗な奥地の清流にしか棲まないという。じっくりと遠火で焼いて食する。
このあと同宿となった3名の方と宴会となった。被害にあわれたインプレッサは車両保険で代車で旅が続けられるそうで、救急車の方には気の毒であった。翌日身内の方が迎えにこられた。肩の骨折だったと聞く。

7月15日
  連泊。渓流の魚釣りや散歩で1日を過ごす。
P1020397_1280.jpg
夕焼け雲。四方の山が迫り見通しは良くない。緑と雲を日がな一日何も考えず眺めて過ごす。飽きたら散歩したり渓流の釣りをしたり。
7月16日
  名残惜しかったのですが札内川園地キャンプ場を後にする。この日は十勝地方周遊ドライブ。六花の森は高い入園料の割には満足とは行かなかった。帯広ばんえい競馬見学、豚ドンを食べる。都会地はそこそこにして池田ワイン城へワインお土産購入。浦幌キャンプ場では車中泊を断られる。この日は天気が良くなくテントを貼れないので車中泊するというと駄目との事だ。下の道の駅は車中泊の車で満杯状態なのに若い管理人の理屈に辟易する。仕方なく道の駅白糠恋間館で車中泊。周囲の車はキャンプ場と混同しているのが大半。しっかり目隠し遮断してしてすぐ寝る。
P1020455_1280.jpg
前回も訪問したが旧幸福駅に立ち寄り。ついでに旧愛国駅も。
P1020469_1280.jpg
久しぶりにボリュウムある食事で旨かった。ブタ丼。
P1020474_1280.jpg
帯広ばんえい競馬場の馬の資料館を見学。北海道でのお馬さんの活躍が偲ばれました。
P1020502_1280.jpg
十勝ワイン城の地下ワイン貯蔵庫。規模が大きい。お土産に買って帰った赤ワインは好評だった。この日は浦幌キャンプ場で車中泊を断固断られ、気分が良くない。道の駅白糠恋間まで疲れながら走る。
教訓:
駐車場とテント場と距離があるキャンプ場では車中泊するなどとは決して言わないこと。事前に車中泊可能か問い合わせる事。

7月17日
  この日も天気はあまり良くない。朝、本日予定に悩む。根室は天気濃霧、知床方面は世界遺産登録10周年で観光客が多いと聞きパスすることにする。で、標茶町経由養老牛温泉から裏摩周に向かうことにした。
P1000365_1280.jpg
北海道でよく観られるサイロ塔。中には古くて使われていない様子も伺える。最近はグラスロールがやたら増えて飼料用サイロは減少しているそうだ。
P1000392_1280.jpg
養老牛のモワイ山。一度脳裏に納めたかった風景。
P1000394_1280.jpg
広大な牧場にのんびり草を食む乳牛。はるか向こうは中標津の広大な開拓地。
P1020530_1280.jpg
北海道に昔は黒毛和牛を見かけなかったが昨今の乳価低迷などで和牛が増加している。
P1020544_1280.jpg
カラマツの湯。管理をしている方にお逢いする。自分が入りたいから手入れし管理しているのだという。浴槽の底に敷かれた小石が気持ちが良い。向こう側の渓流に体を沈めてみたがまだ雪解け水の様な冷水だった。心地よい温泉につかり、つい長湯をしてしまった。源泉からの高温の湯溜めでたまたま買っておいた卵で温泉卵を作った。居合わせた数名の方にも差し上げた。もちろん旨かったですよ。
P1020598_1280.jpg
裏摩周展望台からの澄み渡った夕日絶景を観る。
 P1020575_1280.jpg
今日はここで車中泊。全く無人で少し不安はあったが、静かに眠ることが出来た。夕食メニューは減塩味噌汁、トマト、カラマツの湯温泉卵、おこげ付き炊飯のご飯、イリコ、もみのり、ソーゼージとビール。

| 車中泊ドライブ記 | 12:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/332-699c7954

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT