PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

基板PWB領布 します

基板作成にはまっています。
試作はユニバーサル基板で行っていますが、基板作成には昔の手作業によるエッチングしか思い浮かばず外注など考えていなかったのですが、読者から外注されたシルクが入った美しい基板を頂き、これに触発され先月からサンプル作成などして失敗を重ねながら練習していました。
パズルを解くような気分で面白くてはまっています。脳の老化防止にも。

今回は10A級走行充電器PIC版。11/12発注分→到着予定11月末

picbcpwnav.jpg
上記基板画像はFushonPCBの発注画面でガーバーzipファイルをアップロードすると確認出来るガーバービューワーを画面コピーしたものです。今回は4枚の回路を1枚の定尺サイズ100*100基板に割付したものです。カットするためのミニテーブルソーなどが必要ですがルーターでの切断にするか思案中です。
左上は【何時でもPW】v05rev02 
左下は
10A級走行充電器外部表示用電源、LED表示基板
同じく右上は操作SW基板とPM128への接続基板、
右下
【何時でもナビ】FET版rev01
です。到着予定は11月末。1枚の予定価格は郵送料込みでいずれも原価分の200円~300円程度とします。
いま円安で結構高くなっていますが一番安い航空書留小包み便を使用しています。製造は5日間くらいでもキャリアーや税関手続きに時間がかかるようです。いずれも今回10枚のみ。予約をお受けいたします。10枚無くなれば終了です。

pic10aa.jpg
上図はFusionPCBのトップガーバービューワー画像(部品面)。
10A級走行充電器PIC版基板10枚・・・・・11/21到着しました。下の画像は半田面側。(製造された基板)
picbacka.jpg
到着した基板修正箇所があります。修正可能なものです。
共通して言えることですが銅箔厚さは35μです。流せる電流は1mm巾で目安1Aです。最大10Aと言う事は到底銅泊だけでは焼損してしまいます。たっぷり半田盛りしても10Aは無理な場合も有ります。安全の為にも2mm銅線をパターン上に半田付けすれば何とかなります。(ユニバーサル基板での試作ではそうしてきました。)右端の縦ラインはレジストはがし忘れです。同様に銅線追加が必要です。


<<<先着1名限定読者サービス 1セットのみ>>>
メイン基板1枚
操作表示基板2枚
PIC16F1827ログラム書き込み済
モニター価格 1000円←再現モニター価格です。

基板は訂正。(修正したものをお送りします。)


SLエブリイホームメイドキャンパー 基板等領布コーナー

| 電子工作 | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/356-7be0634f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT