PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

中華製降圧型DCDCコンバーターをテスト

 続いてまた、中華製DCDCです。降圧型です。AMAZONで中国からの発送です。
【DC4.5-30V ステップ ダウン to DC0.8-30V 最大 12A ラップトップ 車 バック·コンバータ】
と商品タイトルです。早速テストしてみました。想定はソーラーパネル18Vからサブバッテリ充電用途です。パネルはまだ購入していません。今夏の北海道旅行でのキャンプ場逗留時の充電用と考えての事です。

P1040765.jpg

テスト電源が最大15.0Vしかありませんがとりあえず12.0Vの設定で動作チェックをしました。後日18V-14.5Vでのテストは再実施の予定です。商品タイトルに12Aと書かれていますがそれは信用していませんが。

いつものステンレス線負荷抵抗器に接続します。2Aくらいでは発熱もなく、5Aでも僅かに発熱、8Aでは発熱は多分60℃以上あると思われ、放置するとどんどん温度は上昇します。肝心の出力電圧は14.2Vくらいで問題はない。それ以上負荷を重くすると急激に電圧が低下します。回路保護が働いた用です。従って
最大出力8Aです。

もっと詳しくテスト電源を18Vに設定可能として改めてテストしますが、この時点では100Wクラスのソーラーパネルの能力をサブバッテリー60B19Lに充電することが可能であると思われました。

回路はTIのコピー品?XL4016という5本足のステップダウンコンバータICとショットキースイッチングダイオードでできており非常にシンプルなものです。データシートからも8Aが限度であることが見て取れます。発熱はXL4016が主です。

放電させたバッテリでは最大8Aが数分程度は連続する可能性が高く充電スタートから10分程度タイマーファンを設置すれば事足りるように思います。保護は10Aヒューズを入出力に取り付けるだけで、シンプルなサブバッテリーソーラー充電ができそうです。以前は自作を考えていましたがこの中華製でとりあえず構築することにしました。

| ソーラー充電 | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/382-a84b79c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT