PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

窓目隠し銀マットの保管場所

車中泊になくてはならない窓目隠し銀マットですが使わない時はかさばり邪魔者。車内のそこら辺に置いたり、網棚に置いたりしていますがこれが散らばったり。

今までは透明ビニール袋に入れ、網棚に置き、洗濯バサミで網に止めていました。これでもあのブルーと銀の色は車内では違和感あり。

そこで適当な袋を自作しようとしましたが布で造ると材料費1000円程とミシンがけが必要となります。今回ダイソーでビニール製自転車カバーを見つけました。そのままでは大きすぎるのでハサミで裁断し半田ごてで溶着シールしました。

ついでにダイソー40W半田ごても525円で購入。
半田ごて先端に鉄板ネジ止め 
半田ごての先に厚さ2ミリほどの鉄板をネジ止めし溶着用こてを作る。
ホームセンターでもグッド半田ごてからホットシーラーの名称で売られていますが1700円程します。
専用を買うほどのものではありませんし、525円で自作できてしまいます。

接着の仕方は
新聞紙などの上に溶着させるビニールを置きその上にさらに新聞紙を置いて定規に沿わせながらゆっくり同じ圧力で押し付けていくとシール接着が出来る。ちょっとコツがいるので余ったビニールであらかじめ練習するとよい。
自転車用は2mもある。大きさは自在にカット溶着加工します。 
早速、目隠し銀マットを入れる。大きい銀マットは二つ折などにしてひとまとめになるようにする。これを洗濯バサミでとめるだけ。マジックテープで留めても良いとは思うがビニールはペラペラでもっと厚手ならマジックテープでも良いと思う。
銀マットを収納し、天井網棚ネットに洗濯バザミでとめる 
出来上がりました!
軽いので洗濯バサミでネットにはさむだけで落ちる事はありません。天井の内装ともマッチした銀マット収納の完成です  
目隠し銀マットの目隠し収納袋の完成!エブリィの天吊り網棚に載せます。
耐久性は大いに疑問ですが破れたら透明テープで補修したり、新に100円で買って作り直したりそれが再々で面倒ならホームセンターでもっと丈夫なものに買換えかも。 
 エブリィの天井網棚の自作記事はこちら

| 車中泊グッズ自作 | 14:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/40-6c3c2d0b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT