PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016年夏 エコ北海道旅

 例年と同じですが今年は同じキャンプ場での長期間の宿営となりました。私のやっている自己流エコキャンプを紹介しますと。

①食器など出来る限り水場の水や洗剤を使わない。
 使った食器の汚れはティッシュやキッチンペーパーでふき取る。

鍋釜も同じですがこびり付かせない調理も心掛ける。

汚れ、食品カスも一緒にふき取るだけで落ちなくても軽く水を含ませたキッチンペーパーでふき取ります。

油汚れも必ずふき取ります。このやり方で水場を使う、ゴミの排水もなくなります。こうすると使用頻度は極端に少なくなります。道の駅でもこうすればトイレで食器を洗うバカも見られなくなるはずです。

使わせてもらう水場は使った後は都度清掃する様にしていますが、食器に米粒などを一緒に流す者が多いのに驚かされます。掃除しても掃除しても毎回、流しにはBBQで出た食物カスが大量に残っています。食器をふき取ったティッシュゴミも水場に流すゴミも同じゴミだ!と言われるかもしれませんが大きな違いがあります。汚染水を浄化するにはさらに大量の水が必要となり河川の水質悪化の一因となりますがふき取った紙のゴミは焼却可能で一部は大気汚染の原因にはなりますが問題は水を汚すより環境負荷は遥かに少なくなると言われています。
北海道の河川は上流が汚れておらず、まだ水質は全国上位です。訪問者が汚してはいけません。


②出来る限りゴミを出さない、減量化を図る。
 異論はあると思いますが、プラスチック食品容器や食品トレイは熱を加えカサを少なくします。カン類はつぶして縮小します。使い捨てと思われがちな、汚したレジ袋は拭きとったり洗ったりして、再使用します。チャック付きポリ袋なども同様。

③旅先で排水処理が必要なギャレーは設置しない。車内トイレもポータブルであっても設置しない。夜間トイレも使用しない。
旅先でそんな不便では困る。どうするんだ?と言われそうですが、

本当にギャレーや車内トイレは必要ですか?と逆に問いたい。キャンプ場で8ナンバーキャンピングカーの水道直結給水を再三見かけました。ギャレーはどういう使い方をするのでしょうか?食器洗い?洗顔や歯磨きの為?飲み残しの水の処理の為か?       グレータンク排水はどうする?

これが解決すると排水タンクの排水パイプを側溝に突っ込んでいる大バカ者もなくなると思う。グレー排水を自由に処理可能な場所など自宅以外、皆無に近い。キャンピングカーの8ナンバー取得基準は疑問に思う。ギャレーを設置しなければ8ナンバーが取得出来ないっておかしいとは思わないのか?
 
食器洗いなどは上記の方法で殆ど可能ですが、別の話。
P1060816.jpg
以前書いた記事で
ペットボトルを使った排水方法を紹介しました。女性には厳しいかと思いますが市販製品で女性用も販売されているようです。流し排水用と、小用排水用の2個作っておくと重宝します。これは道の駅トイレ前の駐車の陣取りしなくても気分よく第2駐車場に泊められます。

| 車中泊ドライブ記 | 16:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/403-8743d118

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT