PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クーラーボックスの改造

 食料保存にはクーラーボックスは必携です。クーラーボックスの保冷性能は高価な釣り用であれば真空断熱や発泡ウレタンを使用しており長時間の保冷が可能ですが、私の持っているのは発泡スチロール製の安価なものです。

アルミシート断熱のバック式の物もありますがとても夏場など買い物時の一時しのぎにしかなりません。

そこでホームセンターで1500円程で売られている
発泡ウレタン注入ボンベで釣り用と同性能を自作改良すべくネットで調べていましたら、100均のアルミカッティングシートを使い発泡スチロールを巻くように追加する方法で好結果が得られるとの情報がたくさん見られました。

手持ちのアルミシートもあり、早速8リットルサイズ、16リットルサイズの2台改造しました。慎重に分解しましたがシート貼り付けはセロテープで停めるだけなので意外と簡単な作業でした。注意点はアルミ箔を内部に向けて張る事と欲張って多重にすると再組立が入りにくくなることくらいでしょうか。 

 
分解。ドアパッキン内側にもビスが隠れていた。      アルミシートはセロテープ止めるだけ内側は貼らない。 
20年以上も昔の8リットルクーラボックス     16リットルのクーラボックスの蓋側
 
ボックスの発泡スチロールには外側にアルミ箔側を外向きにセロテープで張り込んでいく。

保冷性能のテストをしていました。今は冬場なのでファンヒーターで室温も20℃の設定です。8リットルクーラーボックスには600gの冷凍した蓄冷剤を入れて何時間持つかサーミスタ式デジタル温度計で観測です。1時間経過周囲19℃-内部5.5℃、6時間間経過で約15℃-6.5℃ 、7時間経過18℃-8℃ 、9時間経過18.5℃-9.7℃、10時間後18.6℃-10.1℃、11時間後19.5℃-12.4℃ 無負荷でドア開閉なしの条件です。  11時間後でも12.4℃と充分な性能ですがさて夏場ではどうなるでしょうか?

肝心の改造前測定していませんのでどれだけ改善されたかは不明です。
このアルミシートはカーペットの下に敷き詰め足元の暖かさは実感しておりクーラーボックスへの応用も期待大です。10%~50%位の保冷改善効果はあるのではないかと思います。
 ----------------------------------------------------------------
アルミテープで外側を銀銀にテーピングしました。アルミテープは手持ちを使いましたが新たに購入すると結構高価で0.1ミリ厚、巾50ミリ長さ20メートルで748円でした。
アルミクーラーボックス? 
アルミテープは100均でも売られているのを発見し購入して見ましたが、ものすごく薄く破れやすいものでしたが熱反射効果だけなのでそれでも効果は変わらないかも?
逆効果との説もあります。確かに熱伝導率は高いけれど、熱反射の効果も?

直射日光に当てない、熱風に当てない、涼しい場所に置くなど使用上のご注意です。融けた水を底にためない。スノコを敷く。壁面にもスノこ状のものを立てておく。熱伝導でせっかくの冷気を逃がさない方策です。
外側のアルミが結露していれば断熱が不十分か、冷気が壁面に伝わり逃げている証拠です。

2012/07/18追記 北海道旅行に16リットル型を持参しました。食品をぎっしり詰め込んでコンビニ調達の角型1.7Kgの氷で約24時間の保冷ではまだ少し氷が残っている状態でした。あらかじめ冷えたビールや冷凍食品を購入するのも使用時のコツです。解けた氷は飲料水に活用しました。


2014年6月
16リットル型では少しばかり小さかったので、新たに20リットルのクーラーボックスを購入しました。ロゴスの”氷点下クーラーボックス”という商品名で売られているものです。

セミハードボックスで、左右が硬くその他は柔らかいもの。これを選択した理由は
①高さが300mm以内であること。②20リットル以上であること。③保冷能力に優れていること。
①の300mm以下20Lの条件はエブリイの床下に収納しなければならないからです。この条件に沿う商品が意外と無いのです。ほとんどこれしか無かったのです。20L以上になると350mmの高さのものが車載冷蔵庫を含めて全てといっていいほどです。
変り種クーラーボックス?
蓋はファスナーで開閉します。使い勝手はよさそうです。ハンドルは無く移動は肩掛けとなっています。表面はアルミ箔加工?されています。使用しないときは幅100ミリ程度に縮小可能です。北海道旅行用に購入しまだ未使用です。氷点下クーラーボックスといえども実際は専用保冷材を使用することはありません。コンビニの板氷を使う予定です。

1.5kg板氷でおよそ、24時間保冷効果があればよいのですが、さあどうでしょうか?評価は1カ月後。改造クーラーボックスでは24時間では常温近くになっていました。

| 車中泊グッズ自作 | 22:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

貴重なコメントありがとうございます!!

コメントそっくり記事にしたい位です。
実は2台も改造してまだ使っていないのです。
活躍の季節は近付いています。

| SLエブリィmatrasan | 2012/06/09 19:23 | URL |

管理人さんのアルミテープのやり方で合ってますよ。
中に張る人がいますがその場合逆効果となります。
放射熱とは主に光エネルギーである赤外線を言っていて
それを反射する事で効果を発揮するんです。
効果を実感したければたとえばオーブントースターや
赤外線式暖房器具の付近に置いて中身の氷が解ける速度を
アルミ無しと有りで計ればいいかと思います。
逆にもし中に貼り付けるとアルミテープに赤外線が届く
前に外装のプラの部分でほぼすべての赤外線が熱として
吸収され熱変換されます、すると今度はアルミ自体の
高効率の熱伝達力のおかげで見る見るうちに全域に熱を
広がらせ、内部を蒸し焼き状態にしてしまうわけです。
『熱伝導率』と『光の反射率』を間違えないように
するのがこの改造の肝ということですね。

| スフィアス | 2012/06/09 18:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/44-9d4836ab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT