PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マニュアルモードテスト&車載走行充電テストRev00

テスト用マニュアルモードはSW2を押しながらIN-OUT間に負荷抵抗を接続しテストします。

設定電流、電圧に対して追従しているかテストが出来ます。SW2,SW3で増減します。0.5A~17A位までテストを行いました。見えにくいですが下記画像がテスト結果です。LCD表示は8桁表示の前後に文字化けがあります。


05A.jpg

1A.jpg

3A.jpg

5A.jpg

8A.jpg

10A.jpg

12A.jpg

15A.jpg

17A.jpg
20Aの能力がありそうです。実際の設定範囲は3A~12Aまでの設定となります。
画像の様に設定値と右側のアナログ電流計表示と誤差が少ない。10A以上になっても頭打ちせずよく伸びていることがわかります。
基板部品面にはスイッチングFET、スイッチングダイオード、入力FET、出力定電圧遮断FETは見えません。全て基板裏側半田面に配置されています。FETは極力低Rds大出力を採用し、すべてフルモールドパッケージを採用します。放熱は基板アルミブロック圧接方式。大電流パターンは銅箔30ミクロンで耐えられません1mmから1.6φ銅線半田沿着方式としました。
****************************************************************************************
ついに実際に車載走行充電テストです。
P1260627.jpg
現在装着して2年以上になる旧10A級走行充電基板です。動作はノートラブル快調でした。
P1260631.jpg
新試作基板を装着。基板台の木台を接着中の為クランプで締めています。事前に14.5V 8.00Aの設定を済ませました。設定はSW2,とSW3を押しながらインをOUTに接続すると設定モードが起動します。
上記画像は待機状態でサブバッテリの電圧、メインバッテリの電圧が表示されています。

P1260635.jpg

エンジン起動充電SWオンオルタネーターが15秒後に発電開始する(SLエブリイホームメイドキャンパーの場合)直後のLCDの表示です。
P1260636.jpg

P1260638.jpg
オーバヘッド設置のメイン、サブの電圧電流計。なぜか14.7Vとオーバーシュートが見られたが、15分程度走行充電帰宅後は14.5V22.5A迄低下していた。

なおサブバッテリリの満充電前、3.5Aを10分位放電させ12.4V程度の状態です。

テスト結果はまず上々の結果だと思います。次は電流制御昇圧型走行充電2次試作基板PWBの到着を待つ。



 

| 電流制御昇圧型走行充電 | 11:52 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

市販品より高性能・・・

ファンは、何処を見たのか忘れましたm(_ _)m
以前のバージョンもそうですが、確実に市販品を超えるレベルですよね(^ ^)
キャンパーのメーカーさんに打診したら、売れると思います(^ ^)
例えば、キャンビーを発売しているメーカー?さんですと、結構大きな電子レンジを搭載していますので、欲しがるかも知れないですね(^ ^)

| 気まぐれ人? | 2017/05/23 19:43 | URL | ≫ EDIT

Re: 車載しての実走テスト

まだ完成版を制作テストしてからですが、完成の領域です。自分としては十分ですがZero氏としてはもっと性能アップを目指しているようです。さらなるハイパワーや、電解コンレス、精度アップなどソフトも4Kワードを越えたようです。

> 回路図に冷却ファンが記載されていたと思いますが、今回は取付されたのですか?
私の60B19lにはファンは不要で今回も50℃設定のファンが回る事は無いと思います。?回路図はまだ未発表ですがPWBパターンを見られてですね!
深圳からShippedのメールが来ましたので今週中にはDHL便で到着すると思います。

| SLエブリイmatrasan | 2017/05/22 22:45 | URL |

車載しての実走テスト

こんにちは
車載と言うことは、完成が近いですね〜
頑張って下さいね〜(^ ^)
回路図に冷却ファンが記載されていたと思いますが、今回は取付されたのですか?

| 気まぐれ人? | 2017/05/22 18:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/441-f0bc33ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT