PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

道の駅、SA,PAでの車中泊はマナー違反?

 主題は私自身マナー違反を犯していますと公言しているようなものです。その昔私も家族4人で車中泊ドライブしたこともありました。その当時は道の駅はありませんでしたが、車中泊はトイレのある駐車場やキャンプ場が主でした。シーズンオフの無人キャンプ場や観光地の駐車場も経験しました。山奥の寂しげな登山口駐車場の場合もありました。でもそれは家族にとってつつましくも楽しかった思い出のひとこまとなっています。

 いい歳になって最近は時折、道の駅で車中泊することが増えました。大抵2泊程度ですが、昨年九州旅行6泊の内、2泊がホテル宿泊としました。車中泊する理由はほとんど経済的理由しかありません。余裕が充分あれば車中泊しなければならない理由などありません。自由さや景色の良い場所であれば車中泊の楽しさはありますが、私にとっては不自由さの方が多いです。フル装備キャンピングカーが買える程の収入があるなら優雅なクルーズ客船旅行などを楽しみたいと思います。

私は見知らぬ所、大自然や観光名所など大好きではありますが、今はそのために高価なキャンピングカーが欲しいと思う事はありません。普段使いの軽四エブリィワゴンでの車中泊は身の丈、分相応と思っています。

P泊、車旅、車中泊旅行の唯一最大の利点はその行動の自由さ、気楽さにあります。それが車中泊で旅をする方々の言葉を代表すると思います。時間に縛られた旅は苦痛です。

さて、以前にも車中泊マナーについて何度も書きましたが、眉をひそめる行動を毎回見かけます。それらの方々は他人に迷惑を掛けているわけでは無いと思っての行為だと思います。でも道の駅で車中泊を歓迎している場所でもない限り、車中泊行為そのものがマナー違反と捉える事も出来ます。車中泊の定義は俗語であって定かではないでしょう。仮眠ではない、日付を越え睡眠をとる事でしょうか?。

【旅先で宿泊施設を使用せず、車内で就寝する事】 と定義できると思います。

私の考える迷惑のかからない道の駅車中泊は占有時間を出来るだけ短くする。禁止事項はもちろん、他人が嫌がる行為は決してしない。見苦しい行為はしない。「人のふり見て我がふりなおせ」 いつも思うことです。

車中泊行為その事をマナー違反。恥ずべき行為だと極論する方もおられます。そう思う人が大多数であるとは思えませんが、私自身も褒められた行為では無いと確かに思います。胸を張れる行為ではありませんが自分で言うならまだしも他から指摘批判までされるのは少しばかり心外です。

しかしながら車中泊はそのような他人から批判される事も十分ある行為であると自覚し、出来る限り他に迷惑をかけない、リスク負担も覚悟の上、行動しなければならないと考えています。

車中泊を車旅として楽しんでおられる方は増加することはあっても決して無くなる事は無いと思います。
以前にも書きましたが、道の駅やSA、PAでの区切られた有料駐車スペースがあれば良いのにと思う。【RVパーク】が徐々に増えていますが、料金が高い割りに利便性は良くありません。これなら安価なオートキャンプ場を選択します。

道の駅、SA、PA、併設簡易オートキャンプ場。
原則有料駐車場と同じ。制限事項については論議があると思います。細かく禁止事項を設けられない黙認事項がたくさんあるような気がしますが。知恵を絞れば意外とこんなところにビジネスチャンスが到来するのかも知れません。 

市街地の屋根付きトイレ付公営有料駐車場。
大きい市街地中心部には必ず有ります。22:00くらいから1泊1000円以内の設定をしている所が多いようです。実際私は街中に行く機会がなく使用した事はありませんが機会があれば利用しようと思います。
 
ひとつだけ提案があります。2012年夏、私は北海道20日間の車中泊旅を敢行しました。道の駅、無料キャンプ場などありがたく使わせて頂きました。お礼に必ずトイレや水場の清掃をして来ました。残念ながら見るに耐えない状況で是では車中泊を批判されるのは当たり前だと思いました。特に私の世代(団塊)の人間は時間だけはたっぷりあるはずです。遊びに行き、ボランティアも出来るのは気持ち良く旅を楽しめます。

2012年10月22日、2013年8月25日文章追加修正しました。
銀マット目隠しで車中泊しているのがひと目でわかる

| 車中泊マナー | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/48-0acbf962

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT