PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

天井吊り下げパイプを設置

  以前全く同様のパイプを設置していましたがしっかり固定できず、強度が弱かったので撤去していました。理由は天井内張りを取付ける樹脂リベットの穴に6ミリスクリュ-ネジでLアングルを介し固定していましたがさらに屋根鉄板に凸を作ってしまい失敗した為です。

今回は先日紹介したターンナットを使用し、しっかり取付が出来ました。中空の深さは後ろ側は15ミリ強しかありません。TN-6では深さが足りず、PL-6でなければナットがターン出来ません。既にTN-6をたくさん買った後でしたのでTN-6を強引ですがナット先端をヤスリで削り取付が出来ました。削った長さは4ミリです。
右側内張りリベット穴の深さが浅い 
ターンナットの挿入でしっかり固定出来るようになれば、仕切りのカーテン、ロッドホルダー、網棚等々のアクセサリが簡単に取付出来ます。

Lアングルとパイプの固定はインシュロックでOK。ガッチリボルト締めしても屋根のフレームはそれほど強固なものではありません。逆にインシュロックが切断されるようなら重過ぎの物を載せた為なので安全ヒューズと考えて下さい。

| 天井天袋収納 | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/64-6cd1472b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT