PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リレーソケットホルダーの自作

”何時でもパワーウィンドーハーネス”作製の為ヒューズホルダーと同時にリレーソケットホルダーも自作しました。

先日のヒューズホルダーと同じくリサイクルパーツのヒューズボックスです。リレーが5個見えます。まず、全てのリレー、ヒューズを抜き取ります。万力などで固定して金切りノコで切り出します。使ったヒューズボックスはヤフーオークションで入手した中古パーツ 室外ヒューズボックスダイハツムーブUA-L900S用です。
リレーが7個30Aスローブローヒューズが3個も付いてる
リレーに使うソケットはノコギリで全て切り出しが出来、角型30Aスローブローヒューズは4個付いている。リレーの接点容量は規格が不明ですが30A程度と思われます。励磁電流は実測100mA程度です。
リレーソケット付が7個出来上がりました。
出来上がったリレーソケットホルダー組品です。リレーは全て4極リレーでした。
【サブバッテリーのリレー式走行充電】や【何時でもパワーウィンドー】に使用できる。壊れても予備在庫有りです♪
【何時でもナビ】は5極リレーが必要なので残念ながら使えません。

凹凸はカッターナイフで出来るだけ滑らかに整形します。見栄えが悪ければ組込み実装時にアセテートテープ(布テープ)で覆えばきれいになります。

画像はリード線が長いのでそのまま使用できそうですがリード線が極端に短い場合はピンを抜きピンの交換又はカシメ直し、直半田付けでリード線交換も可能です。リード線側から固定樹脂フックを外せば抜く事が出来ます。フックを外す専用工具は無くても同じサイズのオス端子をリード線側からラジオペンチで差し込めば抜けます。

リレーソケット付は市販カー用品で1000円前後。30A角型ヒューズも純正で1個600円~カー用品店では扱っていません。 全て新品購入すると軽く5000円以上の材料が出来ました。
 
これを使った
何時でもパワーウィンドー
       
サブバッテリシステムなどにも活用できます。カテゴリ-サブバッテリー

| 何時でもパワーウィンドー | 11:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maturasan.blog.fc2.com/tb.php/82-45cdb9b8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT